RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09
29
Category : Masaki&Allo
みなさんは髪型へのこだわりってありますか?
絶対長い方がいい、とか
短いほうがすき、とか。
前髪を作らない、なんて人もいるね、ひろちゃん?

私は基本的にこだわりなし。
短いのも平気、長けりゃ長いでいいし。
前髪は短すぎると幼くなるので
それはイヤだけど・・・・

昨日、お風呂に入りながら
「明日、髪、ちょきちょきしに行こうか」と聞くと
「・・・・・まっきーも?」
「そうだよ、いや??」と聞くと

「・・・・・・ちょっとだけね。」と。

ご本人曰く、「あんまり短くしたくない」のだとか。
前回主人といったとき、
「夏なんでさっぱり」と主人が言って
結構短くなって帰ってきたの。

それが気に入らなかったらしい。

「長いのがすきなの?じゃああんまり短くしないで
って言ってあげるよ」というと
「・・・・・ゴーもしないで。」
「ゴー」とはドライヤーのこと。
ドライヤーが嫌いで、使いたくないんだって。

「じゃあ、あんまり短くしないで、と
ゴー使わないで、って言えばいい?」というと
「うん」

ということで美容院でその二点を伝えると
「もう髪型のこだわりがあるんですね?」
とビックリされました。

で、できあがりは
092901.jpg

こんな感じ。

・・・・あんまり前回とかわらないのでは?
もともと短いからなあ。
でも本人はご満悦でした。

ちなみにお風呂で
「ママは短いのと長いの、どっちがいい?」
と聞いたら
「短いの」と答えました。
へえ、結構意外。

で、短くしました
092902.jpg

いわれたからではないのですが。

092302-2.jpg

この写真と比べると結構きったことがわかります。

そうそう、美容院はいつもと同じCARVE Zですが
今日は珍しく店長さんにきってもらいました。
1年ぶり?
普段は女性の方に切ってもらっているのですが
まさきも同じ方にきってもらっていて。

・・・・まさきはいつもと同じ人のほうが
落ち着いてきってもらえるだろう、と思って
譲ってみました(笑)

個人的にはどちらに頼んでも
安心していられるので気分転換になっていいかな、くらい。
今日も雨なのに混んでました・・・
店長さん、今日はお昼ご飯が食べられないくらいだそうです。
カワイそうに・・・・
スポンサーサイト
2007.09
28
Category : Masaki&Allo
保育園でたくさんの手遊びを覚えてきます。
でも、歌詞も覚えているのは一部だし、
手の動きもちょっぴり。
それでもその仕草がかわいくて!

お誕生会があった日の帰り道
「♪・・・・メロンパン~ふんわりまるくておいしそう~」
「おじさん!メロンパンいっこちょうだい!」と
もじょもじょ手を動かしながらやっていました。

「なにそれ?もっとやって!」
ときいたのですが、やっぱり全部は歌えなくて。
翌日になって「メロンパンの、やってよ!」と言ったのですが
「・・・・・・・わかんない。」と。
そうだよね、わすれちゃうよね・・・・・

先生にそのことを言うと
「そうそう、あれ、すごい好きなんですよ!
一生懸命、手も動かしてくれてね、
でもなかなかついて行けなくて、
それがまた可愛くて!」と。
しかも終わってからも自主連してるんだとか。
ひぃっ、かわいすぎる!

あまりにかわいいので
ネットで調べてみました。
メロンパンの手遊び←歌詞&手の動き&音声付き!
コレを覚えて家でもやってみよう~!

それから同じ日にコレもやっていました
山小屋一軒
なんか、メロディ同じじゃん、ってちょっと思うんですけど。

保育士さんってたくさん手遊びを知ってて
子供もうちに帰ってから
「○○のうた、やってよ!」とか言うんだけど
いやいや、知らないし。
「今度、先生に習っておくね!」と言うのですが
私も一回聞いただけじゃ歌も手の動きも覚えられなくて。
こういうサイトがあるのか!
いいもの見つけました。

でも「りょうしのてっぽうがこわいんです~、バ~ン!」
とかって、ちょっとイヤなんですけど。
「迷子の子猫ちゃん」でも手遊びで
「い~ぬ~の~おまわりさん バン!」とかあって
正直、イヤ。
鉄砲って・・・・命を奪う道具だと思うので
それを遊びに使うのってどう??
私はソコに嫌悪感をもってしまうんだけど
ま、そんなこといってられないのかなあ?

そのせいなのかわからないけど
結構、まさきって人に向かって指を向けて
「バン!」とかするんだよね
もう、それがイヤ。気分悪い。
「やめて。それは命を奪う好意だから
遊びでしていいことじゃないよ」って言って
やめさせるんだけど、やっぱりやるんだよね・・・

タイで日本人のカメラマンが銃殺されて
その映像が朝から流れていました。
それを見たまさきが
「おじさん、どうして寝てるの?」と聞くので
「鉄砲で撃たれて死んじゃったんだよ」というと
「そうなんだ・・・・・」といったあと
「おかあさん、あいたいよ、って泣いちゃうよね!」と。

それを聞いたとき、泣きそうになりました。
そうだよ、そうだよ!
この場合、「お母さんに会いたかったって本人が泣く」のか
「お母さんが本人に会いたいとなく」のか
どちらのことを言いたいのかわからないんだけど。
でも、すごく大切なことを感じてくれた、
そう思えた子供がとてもうれしかったです。

子供に「どうして人を殺してはいけないの?」と聞かれたとき
私は
「命は一度なくなったら、もう取り戻せないから」と
「どんな人であってもいなくなったら悲しむ人がいるから」と
答えようと思っていました。
もし技術的に同じ遺伝子を持った人を何人も作り出せるようになっても
その人が育ってきた環境や人との関わりは
もう再現できるわけではないから
同じ人間を作ることは出来ないし、
そう、なにより、悲しむ人がいる。
私だってあなたがいなくなったら
本当に本当にほんと~に悲しい、
もう生きていく意味を失うくらい悲しい、
だから人は殺してはいけないんだ、と答えるつもりでした。

でも、彼はちゃんと感じてくれていました。
それを感じることが出来る間は
自分から命を絶つ可能性は低いでしょう。
とてもうれしかったです。

そしてこれも聞かれました。
「どうして、鉄砲を使うの?」

・・・・・・答えられませんでした。
そう、使わなくていい社会のほうがいいよね。
普段意識しなくても私たちは殺生をして生きています。
豚や鳥、牛、魚。
命を奪って生きています。
でも、食べるものであれば、
命はアミノ酸レベルまで分解されて、
私たちの身体の一部になり、
剥がれ落ち、排出されて、
またそれを分解者が分解して、
再び小さな分子レベルになって土に還り
野菜や草になって、動物がそれを食べて、
その動物を人間が食べて・・・・
と循環しています。
そういう意味であれば、殺すことは
命を循環させるひとつのプロセスです。

が、食べもせず、自分の感情や
理念(?)や政治のために殺すことは
許されない、
でも日常的に起きているのが現実ですね・・・・

人の命を奪うこと、
そして自ら命を絶つことは
できるだけ少なくなってくれるといいなあ・・・・

手遊び歌の話しだったのに
最後は暗い話に。残念。
みなさんも手遊び、やってみてくださいね~!

2007.09
27
Category : the others
23日の午後、お散歩がてらとある公園へ。

092302.jpg

稲穂が頭を垂れていました。
ああ田園風景。

お散歩しながらたくさんのドングリをひろいました。
092302-2.jpg

ほら、ここにもあそこにも。

092302-3.jpg

集めていったらたくさんの種類のどんぐりがありました。

092302-4.jpg

早速分類してみます。

092302-5.jpg

「これはどれと一緒?」
「これかなあ?」
「こっちかなあ?」
といろいろ話しながらなんとなく分類してみました。

092302-6.jpg

図鑑を見て、わかるものだけは同定。

クヌギは比較的簡単に同定できるけど
もうそれ以外はかなりお手上げ。
いわゆるどんぐりは19種類あるらしく、
葉っぱや樹皮などを見ないと、
どれがどれだか全然わからない!
葉っぱと一緒にとって来たシラカシとコナラは
なんとか同定できたけど・・・・
それ以外のちいさいのとか細いのとかはお手上げ。

うう~ん、「どんぐり」・・・・奥が深いわ・・・・・
2007.09
26
Category : Riku&Towa
数日前から食欲不振で。
え?そう見えない?
バリバリ食べてるじゃんって??
だって
092303-2.jpg

あたちのこと。

食欲不振なんです、とわりん☆

でも
092303.jpg

こんなに元気。

092303-3.jpg

走り回る。

散歩も元気に行く。
家でも元気に遊んでる。

でも、食事を前にすると・・・・
「・・・・・・・いらない・・・・」って食べない。
2~3口食べて、おしまいとか。

最初はトッピング(枝豆とかとうもろこしとか)を
期待しているのかと思って
「そんなアピールには負けないもん!」と
「食べないなら下げちゃうよ!」と
食べなくてもいいっ!と強気だったのですが
とわりん☆に甘い主人が
枝豆をトッピングしても食べず、
食べないからと気にしているのがいけないのか
としばらく放っておいたりしたんだけど
ほとんど食べず。

仕方がないので留守番中のコングに
ドライフードをつめておいたら
こちらは完食。

食欲不振時は肉類などを加えると
一時的に食べるようになるものの
食事が強くなりすぎてまた食べなくなる
とのことだったし、
いろんなことを考えても
やはりフードだけで食べるように
なってもらわないと困る。

さて、どうしよう?
コングのドライフードは食べるんだし、
と思って、今夜はフードをドライのまま
あげてみると・・・・・

カリカリカリ・・・・カリカリカリ・・・・・
・・・・・・食べました。完食でした。
彼女の求めていたのは
お湯でふやかしたフードではなく、
カリカリのフードでした・・・・・・。

りくは成犬になってからも
ドライフードのままだと途中で食べるのを
やめてしまうので、
ずっとお湯でふやかしてあげていました。
でもフードをえり好みする事もないし
とりあえずなんでもふやけているなら
何でも食べる犬だったので・・・・

先住犬がそうだったので
とわの食事もずっとふやかしていて。
でも彼女にはそれが気に入らなかったらしい。
普通、逆じゃないですか??
食感重視??
食べないときはお湯でふやかして、とか
書いてあるけど・・・・
彼女には通用しなかったようです。

・・・・ヴィヴィママさん、
この性格は誰に似たんですか???
やっぱりとわりん☆ってちょっと変わってる・・・・?
2007.09
26
Category : 未分類
今回は「自然分娩」のお話しです。

ちょっとナーバスな話しなので
追記に書きます。
::more
2007.09
26
Category : Masaki&Allo
9/23は一日遅れの誕生日の食事会。
主人の父は海の向こうにいるので欠席、
主人の母、主人の妹夫婦、それから従兄弟のだいちゃん。
みんなにお祝いしてもらえるんだって!

場所は「サンマルク」
・・・・・・いいのか、サンマルクで・・・・?
まあまだまだ小さなだいちゃんも一緒だし、
気を遣わなくていいからいっか。
なにより本人の希望だし。

先日、幼稚園の見学に行った帰り、
「お昼、何食べたい??」と聞いたら
「いつもパパと行ってるとこ!」との返事。
「え、それってどこ?何食べるとこ?」と聞くと
「あのね、あのね。あのね・・・・・・(必死に言葉を探す)
お誕生日のとこ!」

ああ、サンマルクね。
いや、いつも行っているワケじゃないし。
今まで2回くらいかな?
まさきはあまりパンを食べなかったし、
ハンバーグ類が好きじゃなかったから行かなかったけど
最近やっとパンもハンバーグも食べるようになったから
行くようになったんだよね

で、行くとお誕生日の予約をしている人が多くて
ピアノでお誕生日の歌が流れたり、
店員さんが「おめでとうございます~」っていってくれたり
キャンドルがあったりするので
それがうらやましかったらしい。

じゃあ、もうすぐお誕生日だから、
お誕生日の時に、みんなで食べに行こうね、
って約束したの。
だからすっごい楽しみにしていたみたい。

予約の電話をするときも「誕生日なので」と伝えて。

092301.jpg

ちゃんとキャンドルを用意してくれます。

普段はコースではなくて単品の料理を頼んでいるけど
今日はコースを頼む人もいるので
食事のペースを合わせるためにもコースを
頼みました。
・・・・でもね、やっぱりコースは食べきれないや。
まさきも一応、お誕生日のコース。
メインのメンチカツレツは残していたけど
スープもパンも、いっぱい食べました。

092301-2.jpg

こちらは翌朝。
みんなからもらったプレゼントの数々。
ひらがなカルタやニモのDVD、
それからこの大きな包みは・・・・・
092301-3.jpg

20070926124123.jpeg

トミカのつながる立体マップ。
工事現場と山道のセット。

092301-3.jpg

朝から・・・・・・

092301-4.jpg

真剣です。
「こうやって、こうなって、ダンプカーが・・・・」
などとブツブツ言いながら遊んでいます。

プレゼントももちろんうれしかったけど、
私にとってはみんながああやってお祝いしてくれたり、
3歳になったことを本当に喜んでくれるのがうれしい。

というか、私は今年初めて、
「ココまで無事に大きくなってよかった」と思えました。
そして「ココまで大きくなったのも、みんなのお陰だ」とも。
今まではそんな風に思えなかったなあ。

0~1歳は本当に辛くて、誕生日も
「ああ、やっと1年経った、辛かったなあ」としか思えなかったし
1~2歳も「ああ、去年よりは少し楽になったけど・・・・」くらい。
やっぱり出産のことを受け入れられなくて
とにかく自分のことで精一杯だったなあ。

まあ、今だってそうだけど、
帝王切開になったことと向き合い始めて、
いろんな人の話を聞いて、
そして、姉のお産に居合わせたことで
やっと「まさきを産んで良かった」
「まさきが元気で良かった」って
思えるようになりました。
それから周りの人たちにも感謝。
そういう意味でも今年は本当に充実した誕生日でした。
2007.09
25
Category : Masaki&Allo
今日は久しぶりの仕事。
しかも朝起きたら8時だし。
いつもは主人が準備をする7時前くらいには
起きるのに、
主人が風邪っぽくて2度寝したため、
私もそのままおきずに・・・・・

ああ、8時かぁ~なんて思いつつ
まさきに「今日、保育園だから起きなくちゃ」
といったら
「いやだ~、今日は保育園いかない~」と。
お休みが続いて、その上誕生日というイベントもあったため、
なんだか家にいるのが楽しくなって
保育園にスイッチできないらしい。

それでもなんとか起きてきて
朝ごはんを食べて、着替えて、歯磨きをして
本人の準備は完了。
「ちょっとだけおもちゃで遊びたい」というので
「おしまいって言ったらおしまいにできるならいいよ」
ということで
私の準備が終わるまでおもちゃで遊んでいました。

私の準備も終わり、「もう保育園行くからおしまいだよ~」
というと
「いやだ~、まだ遊んでるのぉ!!」と号泣。

ただただ保育園に行きたくなくて
グズグズしているだけなんだけど
片付けも遅々として進まないし、
もうとにかく何もかもが気に入らないらしい。

風邪で寝ていた主人も起きてきて
「だったら捨てるぞ!」と怒るし。

なだめつつ、なんとか機嫌をとりもどして
保育園に向かったものの、
やっぱり離れられなくて号泣しながら
先生に連れて行かれました。
はは、こういうのも久しぶりね。

今日はまさきのグズグズにつられずに
落ち着いて対応ができたし、
なんとなく自分の気持ちも
まさきの気持ちもうまくかみ合って
納得できた気がするので
嫌な気持ちにならずに済んでよかった。

やっぱりこれはこの間読んだ本↓のおかげかな?
ちょっとお薦めの本。
そう、親は怒っちゃいけないんじゃないんだ、
親だってむっとしたり、嫌な気持ちになるんだ!
それを言葉で伝えていけばいいんだ、
って思ったら、我慢しなくていいから
ちょっと楽になったな。

仕事が終わって、火曜日の5:20からは鍼灸の時間。

いつものように「ピンポーン」とチャイムを押すと
「はーい」と先生。
玄関が開いて
「ちょっと下で待っててくださいね~
もう(前の人が)終わりましたから」

玄関を見ると、女性の靴と、小さな女の子の靴。
女性と子供専用の鍼灸院なのですが
最近はホントに子供が多いなあ~
それだけ需要があるってことなんでしょう。
ウチも含めて。

階段の上から小さな女の子の声がして
「こんにちわ」というと「こんにちわ」
と恥ずかしそうに返事をしてくれました。

その子はまさきと遊べるのだと思って
とっても喜んでくれて、
自分もお部屋に入る!と主張。
まさきの了解を得て、
まさきが施術を受けている間、
お部屋で待っていることになりました。

聞くとそのお嬢さんはまさきより2か月月齢が若いんだって!
とってもお話が上手なので
「女の子はおしゃべりが上手ですね~」
というと、「彼女は特別お話が上手なのよ」と先生。
そうなんだ~。

もちろんそのお嬢さんのお母さんも来ていて
なんと私のブログを見てくださっているとか!
先生のHPとブログにリンクを貼ってもらっているので
そこからいらしたんだと。
コメントを書き込んでくれたそうなのですが
ちょっとした不具合で書き込めず。

いつもは水曜に予約をしているんだけど
今日は偶然、火曜に予約をしたから
お会いできたんですって!
でもそういった出会いがあるのもうれしいな!

帰り道、その方とお話をしていたのですが、
私のブログの記事で前述のちょっとお薦めの本の
ところを偶然読んだのだとか。
その時、やはり自分の怒りを溜めて、
それが体の不調となって出ていたときで
タイムリーだったようです。
その本が手元に戻ってきたらお貸ししますね!
と約束をして別れました。

私からみた、その方の印象は
きれいで、やさしくて、明るくて・・・・
とてもお子さんを怒ったりするように見えないのですが
でもやっぱりそうじゃないんだなあ。
みんな、怒ったり、反省したり、
自分の感情のコントロールに苦しんでいるんだなあ、
なんてちょっと安心しました。
みんながそうだからそのままでいいとは思わないけど
怒って、後で反省するときって
自分の未熟さを痛感するので・・・・
でも、みんな、試行錯誤、手探りで
苦しみながら、子供を育ててるんだ、
そう思うだけでちょっと気持ちが軽くなります。

鍼灸に通っていることで
たくさんのいいことをもらっているけど
こんなうれしい出会いもあって、
ああ、本当に鍼灸に行ってよかった、
と改めて思いました。

2007.09
25
Category : おでかけ
まさきは魚が好きです。

コロッケよりもホッケを望む男です。

でも今回は食べる方じゃありません。
19日は八景島シーパラダイスへ。

092004.jpg

海のトンネルです。

これより前にふれあいラグーンでシロイルカを触ったり、
ヒトデを握ったり、バンドウイルカに水をかけられたりしたのですが、
写真は一切撮ってません。
なぜなら、「ふれあいラグーン」は
すぐ近くにイルカ達がいる=すぐ近くに海水がある
→イルカ達が遊び回る→水がかなり飛ぶ→機器にかかると壊れる
→カメラや携帯はカバンの中、
ってことで。

ペンギンさんを触る機会にも恵まれたのですが、
まさきは怖くて手を出せず断念。
そのかわり、シロイルカと仲良くなりました。

092004-2.jpg

やっぱりコワイので遠巻きに見る。

092004-3.jpg

あっ、シロイルカ!

092004-4.jpg

「いたよ!」ってご報告。

この日は珍しくお昼寝もせずに6時まで頑張り、
6時に車に乗った途端、コトリと寝ました。

このまま起きないだろうとおもったら
家の近くのコンビニで起きてしまい、
さあ、困った。

結局8~9時まではゴロゴロと起きていたようですが
9時にはまた寝ていました。

乳幼児の必要睡眠時間は12時間(お昼寝を含む。)
普段は9~7時の睡眠と2時間のお昼寝でちょうど12時間。

お昼寝なしで6時から寝たって
翌朝6時までで12時間なので
もう寝てもらわないと。
結局翌朝は7時に起きたので、8~9時の1時間を差し引いて
ちょうど12時間。
人間の身体って不思議ですね~
2007.09
25
Category : おでかけ
主人が残っている夏休みを消化するために
9/18,19とお休みをとりました。

でも遠出はせずに、近場で楽しむことに。
18日は横浜アンパンマンミュージアムへ。
平日だし、だいぶほとぼりも冷めただろうと。

駐車場は8割ほど埋まっていて、やっぱり空いてるね、
なんて話しながら下に降りていくと・・・(駐車場は2F)

結構人がいるのね??
みなさん、電車で来ているのかしら??
もうお昼近かったので、
スープや肉まんなど食べてから入場!
092003-1.jpg

入ってすぐは、ジオラマ。

092003-2.jpg

チーズ、迷惑そうだよ?

092003-3.jpg

ジャムおじさんのパン工房でパン作りのまねっこ

092003-4.jpg

S・Lマンもいます。

その他、アンパンマン号に乗るのにちょっと並んだり。

ど、どうなんでしょう、
ここ、ものすごい楽しくて一日過ごせちゃう!
って人はたぶんものすごいアンパンパン好きな人だけでしょう。
まあまあ、楽しいのかもしれないけど
全体的にコレってものもなく。

あ、半野外みたいなところで
ボール遊びをしていたら、
突然ドアが開いて、あんぱんまんが出てきて、
まさきはドン引き。
かなり近いところにいたので
あきらかに後ずさってました。

アンパンマンミュージアムをでてから
アイスにひかれて購入
092003-5.jpg

後ろの16茶もアンパンマンミュージアム用!
これで180円。ま、多少高いか。

おみやげ屋さんとか
ジャムおじさんのパン工房などはミュージアムの外なので
それだけでも楽しめます。
でもパン工房はいつも長蛇の列で・・・・・
だいたいメロンパンナちゃん、しょくぱんまん、カレーパンマンは
品切れになる頻度高いね。
主人公のアンパンマンは品切れにならなかったぞ。
アンパンはやっぱり人気ないのかな?

092003-6.jpg

ドキンちゃんに変身!

092003-7.jpg

アンパンマンにもなってみた。

本人はドキンちゃんが一番好きなんだって。

092003-8.jpg

パパとアンパンマン号にも乗った。

・・・・・・しばらくは行かなくてもいいかな、アンパンマンミュージアム。
っていうかしばらく行かない間に
アンパンマンは好きじゃなくなっているだろう、きっと。
2007.09
25
Category : 未分類
え~っと、随分画像が溜まっちゃっているので
お誕生日の様子をアップする前にこちらを掲載。

9月の第2週にまたもや主人が北海道に出張。
んで、北海道からこんなものが届きました。
092001.jpg

白いトウモロコシ。

白いの、わかる??

092001-1.jpg

手のひらサイズの坊ちゃんカボチャ。
1コ200円だったんだって!
この辺で買うと350円くらいするんだから、
かなり安価だわ!

この白いトウモロコシ、「ピュアホワイト」っていう品種なのですが
どんなものかはこちらへ→朝もぎ!ピュアホワイト
ゆでたり焼いたりしないで、生食できるんだって!

ということでさっそく・・・・
092001-2.jpg

ガブッ

092001-3.jpg

おいしいよ!

とうもろこしを生食したのは初めてではなくて
あるオーガニックレストランで食べたときは
普通の黄色いトウモロコシでした。
その時は、まあおいしいんだけど、
なんとな~く粉っぽさがちょっと気になる感じ。
おいしいんだけどさ。

でもこのピュアホワイトはその粉っぽさが全然なくて
パリパリ食べられちゃう!
もちろん加熱してもおいしいらしいんだけど
ゆでずに食べられるトウモロコシなんてすごいよね

17日にあった助産師さんとの集まりの時に
みんなに食べてもらったら好評で
そのウチの一人はさっそくネットで調べて
注文しようとしたんだって!
そしたらもう品切れで返事待ち状態だそうで。
もともとたくさんは作ることが出来ないから
品切れも仕方ないかもね。

白いトウモロコシ、見た目だけじゃなくて
中身も衝撃的でした!
2007.09
23
Category : おでかけ
9月22日、今日はまさきの誕生日!!
誕生日当日は朝から大忙し!

朝6時から起きて、犬の散歩、
朝ごはんを食べて、8時過ぎに出発!
行き先は・・・・・・・・・・

092201.jpg

勝沼でぶどう狩り!

以前からみゆうちゃん一家とぶどう狩りにいこうねって
約束していたんだけど、
決行の日はまさきの誕生日!
楽しい一日になるといいな!

3連休の初日とあって、中央高速は結構混んでいたんだけど
そのおかげでまさきもみゆうちゃんも車の中で眠れたみたい!
(実は私も・・・・・)
今日はお昼寝するタイミングが難しいから
午前中に眠れると後がずっと楽になるね!

起きた頃に勝沼のぶどう園に到着!
092202.jpg

大きなぶどうを選んで・・・・・

092202-2.jpg

うわ、重っ!

092202-3.jpg

みゆうちゃんも大きいのをとったよ!

お昼は笛吹川フルーツ公園でBBQでもしようと思っていたけど
結構ぶどうでおなかがいっぱいみたいなので
じゃあ、どこかでそばでも食べようか、てな話に。

車で公園に向かっている途中、
いつもすごく並んでいるほうとう屋さんがあったのを思いだし、
そこに行ってみることに。

そのお店は→ほうとう つかさ
092202-4.jpg

これでほうとう4人前。
大人4人、子供二人だから、このくらいでいいか、と
注文したけど、出てくると結構な量があるぞ・・・・・

でもでも、全部ぺロっと食べてしまいました!
暑い時期、暑い店内で(クーラー効いてなかったのだ!)
熱いほうとうを食べる・・・・・うう~ん、熱い。
でもとってもおいしかった。
芸能人のサインや取材の写真も結構あったから
有名なお店なんだね。
確かにおいしかったぞ。

しっかり食べた後は・・・・・
笛吹川フルーツ公園で
092202-5.jpg

水遊び。

アクアアスレチックなるものがあり、
子供達がたくさん水着姿で遊んでる。
流れが急なところもなくて、
深いところでも大人の膝下程度。
子供達は楽しそうに遊びます。

092202-6.jpg

たのしい~、でもさむーい!

ここは完全に水なので(温水じゃないので)
かなり体が冷えます。要注意!

子供達もしっかり遊んで、
んで、体もしっかり冷えたので、水から上がってお着替え。

092202-7.jpg

その後は広い芝生で遊びました。

・・・・ふと時計をみるともう5時。
子供達は昼寝もせずに遊んでいるし、
もうお風呂入って帰りの車の中で寝ちゃうだろう、
ってことでお風呂に入りに行きました。

笛吹川フルーツ公園の先にあるほったらかしの湯へ。

ほったらかしの湯、ってどのくらいほったらかしなんだろうね?
なんていいつつ向かっていたら
駐車場はすごい車&人!
こんなにたくさんの人が入れるほど大きなお風呂なの??

ご案内も木の板に説明が書いてあるだけ。
それによると
「あっちの湯」と「こっちの湯」があって
あっちの湯の方が大きいらしいけど
こっちの湯の方がぬるめらしい。
子供がいるので、せまくても「こっちの湯」に入ることに。

入浴料は大人600円、子供(0歳から有料)400円。
(入れるおふろはどちらか一つ。)

チケットを買ってお風呂に入ると・・・・
甲府盆地の町の明かりが山の間から見えて、
景色もいいし、お湯の感じもいい!

ゆっくりお風呂に入って、のんびり・・・・・
入っているうちにどんどん空が暗くなり、
お月様もはっきり、町の明かりもキラキラして、
ススキやコスモスが揺れている・・・・・
とってもいい温泉でした。

お風呂から上がった後は
外の休憩所で夕涼みをしながら夕飯。
食事も悪くなかったし、
これで600円はなかなかいいね!

ま、でもほんとにほったらかしだから
もうちょっと安くてもいいかな、
人件費ほとんどかかってなさそうだし。
大人400円とか。無理??
いや、でも、600円でもまた行きたい!

ぶどう狩り、公園で水遊び、温泉、とフルコースを
満喫できたのは私達も初めて!
大満足の誕生日を過ごすことができました!
まさきは帰りの車の中ですぐにコトリ。

お疲れ様、楽しい誕生日だったね!
こうやってお友達の家族と一緒に出かけたり
遊んだりできるのってとっても楽しい。
同行者によっては気を使ったりしなくちゃいけなくて
疲れちゃったりするんだろうけど、
ご縁があって一緒に遊びに行ける家族は
みんな気が置けなくてホントに心から楽しめるんだ!
そういう友達がいるって幸せだね、
と話しながら帰りました。

みゆうちゃんのご家族の皆さん~!
楽しい一日をありがとうございました!
また遊びに行きたいな!
2007.09
20
Category : Masaki&Allo
毎週火曜日の5:20からはまさきのコロコロ(鍼灸)の時間です。

日曜の夜からなんとなくゼイゼイして、咳も出ていたのですが
「火曜日はコロコロだから」と思って病院には行かず。
でも月曜(祝日でしたよね)に保健師さんに
「これってぜんそくでは?」と言われて
ちょっと気になっていました。

火曜日は主人のおそ~いおそ~い夏休みだったので
9:00~10:30まで保育園のリトミックに参加、
10:30にお迎えに行って、
それから横浜あんぱんまんミュージアムへ。
(その様子はまたあとで。)

夕方に帰ってきて、5:20に鍼灸、というハードスケジュール。

先生に
「調子はどうですか~?」と言われて
「あんまり良くないんですよ」と報告。
息をするとゼイゼイと音がすること、
咳が出て苦しそうなこと、
でも寝ているときはほとんど咳がでないこと、
食欲もお腹(お通じ)も問題ないこと、
機嫌もそんなに悪くないし・・・・と報告。

「あ、そうそう、爪は??」と聞かれて。
以前からまさきは足の爪(特に親指)がすごく弱くて、
すぐに2枚になっちゃったり、剥がれちゃったりして
私は赤ちゃんだからだと思っていたんだけど
そうではなくて、爪が弱い、というのは
「肝が虚」なんだそう。
特に親指は肝、なんだそうで。

ずっと肝を補ってもらっていたのですが
最近やっと、爪の状態が良くなって、
爪を切るときもきれいな状態で
「おお、良くなってきたなあ」と実感していたところなので
うれしくなって
「最近、いいんですよ~、剥がれなくなってきました!」
と報告しました。
そういえば指の爪も2枚にならなくなったなあ~!
こういった体質改善は目に見える効果があると
うれしいものです。

最近感じるのが
「体調が悪いときはおとなしく施術を受けたがる」気がします。
1歳から鍼灸に通っているとはいえ、
まさきも2歳の男の子ですから、
まあ、そうそうじっと施術を受けるわけはなくて。

かといって、押さえつけてすることもないので
(多分そんなことをしていたらイヤになっちゃうだろう)
「じっとしてて」と言ったり
私が抱っこして受けたり、としています。
でも元気なときは足をばたばたしてみたり、
なかなか言うとおりにしてくれなくて・・・・

でも先生はそんなときも決して怒らず、
じゃあ、おててかしてくれる?とか
出来る範囲でしてくれるので
とてもありがたいんですよね

そうでなければこんな小さな子を通わせ続けることは
できないかな。

でも調子が悪いときは
基本的に暴れる元気はあるのに、
おとなしくじっと施術を受ける傾向が強い気がします。
今回もじっとうつ伏せになって背中の施術を受けてたし。
やっぱり調子が悪いときは身体が求めるんだろうし
受けても気持ちがいいみたい。

おとなしくしていたのであっと言う間に終わり、
楽しいシールの時間!
回数券にシールを貼っていくんだけど
いろんなシールがあって、それを選ぶのが
楽しいみたい。
今年の夏は「かき氷」のシールにはまっていたし、
今回はイチゴとブドウのきらきらシールを
選んでいました。

そうそう、保健師さんに「ぜんそく?」と言われたので
ぜんそくの治療について聞いてみました。
鍼灸師さんのブログから→気管支喘息について

今は赤ちゃん用の吸入ステロイドが開発されたことや
経口のステロイド剤などもあることなどを
いろいろ教えてもらいました。
(先生は現役の薬剤師さんでもあります!)
ぜんそくに関する最新の研究や薬のこと、
本当に良くご存じでした。

でも、先生は「う~ん、ぜんそくとは思えないけど・・・・?」
確かにゼロゼロいうこともあるけど
そうじゃない咳の時だってあるし、
いつでもゼロゼロしているわけじゃないし・・・・・
喉に水が溜まったときに(ゼロゼロいっているときに)
吸入ステロイドなどで一気に治すことには
メリットがあるかもしれない、と言っていましたが、
ぜんそくの治療をするほどではないのでは?と。

確かに、走ったりすると咳が出るものの、
食事や日常生活には全く支障がないし、
一時的なもの。
ぜんそくの治療が必要な子は呼吸困難になるほど
だから・・・・
たしかに気管支関係が弱いことは知っているので
ゼイゼイとなりやすいかもしれないけど
薬を使って治すほどではないかな、と。
経口のステロイドには背が伸びにくくなるなどの
副作用があるそうです。
呼吸困難になるのを防ぐというメリットは
その副作用(デメリット)を越えるわけです。

でもまさきの場合は、デメリットが勝ってしまうので
やはり薬の使用はやめることに。
コレが続くようならまた検討することにしました。
生活に支障がない程度なら
体質改善を目標に鍼灸を続けていく方が
ずっと彼にとってはメリットがあるし。

で、まさきのゼロゼロですが、
鍼灸を受けた翌日からほとんどなくなり、
咳をする時は多少ゼロゼロいいますが、
それ以外の時は普通の呼吸に戻りました。
先生、ありがとう~!
2007.09
16
Category : おでかけ
昨日、遅く北海道から帰ってきた主人。
今日は朝早くからテニスに出かけていきました。
タフっていうか、なんというか・・・・・。

幸いにも出かける寸前のパパと会えたまさき。
会いたがっていたからよかったなあ。

んで、今日は朝から掃除、洗濯、布団干し・・・・
としていたら義母から電話。
「うちのスーツケース、そっちにある?」
ウンウン、あるよ、といったら
じゃあ、取りに行くわ、と。
あ、じゃあ、今日はららぽーとに行きたいから
ついでにららぽーとに送って行って!とお願いしたら
じゃあ、一緒におひるをららぽーとで食べましょう、
ということに。

お昼を食べて、買い物をして、
夕飯の買い物をしている間、
まさきは義父と赤ちゃん本舗のとなりにある
遊び場で遊んでもらいました

091301.jpg

インプレッサの乗用玩具がお気に入り。

091601.jpg

パジェロにも乗ってみる

091602.jpg

そしてまた、並べてる。
集合・整列。

091603.jpg

でも今日はお友達にも貸せたよ。
でもインプレッサは死守。

091604.jpg

200円で3周するトーマス。
たった3周で200円??

091605.jpg

でもこの3周、親にとっては長い。
つまらないばかりでなく、椅子が小さいから
足もひざも当たって痛いし。

買ったものは・・・・
091606.jpg

ZARA KIDSのパーカー。小さい☆柄。

と、
091607.jpg

このジーンズ。
初めての前ボタン&チャックのズボン。

以前からジーンズ(おなか周りはゴム)のズボンをはくことを
好み、それを選ぶ理由が
「まっきー、お兄ちゃんだから!」

本人の中では
ジーンズ=おにいちゃん、らしい。
だからきっと、こういうのが欲しいんだろうな、
って思っていたの。
試着するときからウキウキ。
履いたら脱がないし。
結局、そのままタグを取ってもらって
着て帰りました。

みんなにも「お兄ちゃんみたいでかっこいいわ~」
と誉められ、超お気に入り!
これ以外、はかなくなりそうでイヤだぞ。
2007.09
16
Category : Masaki&Allo
今日は、来年度から入りたいと希望している幼稚園の
体験保育の日。

といってもちょっと変わった幼稚園なので
いわゆる幼稚園の見学会とは全く違うんだろうけど
私は普通の幼稚園の見学会に行ったことがないので
比較できないし。

ま、そんなことはいいのですが、今日は
実際に幼稚園の教室で、色んな「お仕事」ができるらしい。

たとえばこんな。
091501.jpg

カメの形の厚紙に洗濯バサミをつける。
これって画像公開してもいいのかな?
撮影禁止って言われなかったからいいんだろうけど
企業(?)秘密だったりする??
いやいや、どんな教材つかってますか?って
ミク上で話ができるんだから大丈夫なんだろう。

まさきがやったのは、これとキュウリ切り。
最近の夕飯作りで料理がブームだし。

でもあまりの人の多さにやりたいお仕事にも
気が向かず、ホールへ移動。
ホールでは手遊びや体を使った遊び。
しばらく楽しそうにやっていたけど
なぜだか突然やめたくなったらしく、
園庭へ移動。
これが11時前くらいだったかな?
091501-2.jpg

この一輪車(いわゆるネコね)がいたくお気に入りで
1時間以上、これで遊びました。
ハマったんでしょうね。

「これ、ママのね!」ともう一台持ってきてくれて
一緒にやっていたのですが、
休憩している間に
女の子がまさきが「ママ用に」と持ってきたほうを
取っていってしまいそうになって
すっごい怒っていました。

しかも「パパ~ぁ!」って。
え、なんで「ママ~」じゃないの?と思ったら
その女の子、パパと一緒に来てて、
パパがその女の子をなだめていたの。
それを見たら、パパ恋しくなったのかな。
しばらくパパに会ってないものね。
きっといろんな意味で悔しかったのでしょう。

そのあと
「まっきーが、ママのためにもってきたから
取っちゃダメなの。」って言ってました。
ありがとね。

そのうち、気分が変わって、
全部で7個あった一輪車を
全部集めて並べたくなったらしく、
5台までそろえたんだけど、
お友達が取って行ってしまうので、またしても大泣き!

う~ん、気持ちはよく分かるんだけどね、
保護者としては「集合・整列」をしている
=お仕事の最中だから
お友達が貸して欲しいといっても、
このまま続けさせてあげたい。
でも、お友達は使いたいし、ね。

結局、あっちのおき場所にみんなで移動させよう!
ということにしてなんとなくその場をやり過ごしました。
先生もいるだけに、対応に困る・・・・。

それだけ執着するってことは、
彼に道具(仕事)が合っていた
ってことなんだけど、
結構、「だめぇ!」を連発する羽目になっただけに
ちょっと心苦しい。
周りのお母さんにどう思われてるか・・・・・
まあ、いいや、忘れてしまおう!

体験保育は午前中だけだったので
自宅近くまで戻ってきて
近所のバーミヤンでお昼を食べました。

食べ終わってから、体験保育のお土産を開封すると
091501-3.jpg

シール貼りのお仕事と紙風船

091501-4.jpg

早速やってみる。

091501-5.jpg

かなり上手にできるんだね!
これだと簡単みたいだから、ステップアップしなくちゃね。

慣れない環境で遊んだので疲れたようで
昼寝をことりとしていきました。

夕飯はまた一緒に作ろうと
シューマイにしたけど、
今日は私も疲れてて、いろんな場面でイラっ
待てなくなっちゃったりしたので今日はダメダメでした。

ああ、手も口も出さずに待てるようになりたい・・・・
2007.09
15
Category : the others
先日行ったクレヨンハウスでこんな本を買いました
子供の話にどんな返事をしてますか?
基本的にはあまり育児書を買わないのですが
モンテッソーリ関係の本を選んでいるついでに
買ってしまったもの。

最初、子供の
「なんで?」にイライラして買ったんだけど
(だって「なんで?」とかいう問題じゃないことにも
「なんで?」って聞くんだもん!)
そういうときの答え方が書いてあるのかと思いきや。
全然違った。

ある意味、わたしには必要な本だったわ、
予想をはるか超えて。

子供って・・・もちろん大切な存在だけど
やっぱり、どうしたってイライラしますよ、
本気で殴ってやりたいと思う事も、
本意でないけど冷たくしちゃったり
しますよ、自分がキレない為にも。
大切だとわかっているけど
ひどいこと言っちゃったり
必要以上に怒っちゃったりね。
いけない、やめなきゃ、と思って
明日からは絶対にこんないい方しないぞ
なんて思っても、また怒ってしまうし。
だれかこんな私をとめてくれ、と思ったり
ホントに母親失格だわ、とか
未熟な人間で子供に申し訳ないと思ったり。

私は個人的に、子供も苦手だし、
まあ、育児もいろいろあって向き合えなかったり
したから、人より子供をかわいがれないのかな
とか、いろいろ思うのですが
きっと程度の差はあれ、
キレたくなることってあると思うんですよ。

友達とか見てると、ホントにみんな優しくて
怒ったりする事なんてあるんだろうか?
きっと怒ったって
「ダメよ!」とかくらいなんだろうか
そうなると、自分の子供はかわいそうだな
とか思ったりする。
まあ、他人がいればキレないから
そういう場面に遭遇しない事は
当たり前なのかもしれないけど。

でもこの本に書いてある事は
「どんな善良な人だって、子供を理不尽に
しかりつけたり、ひどく怒ったりして
自己嫌悪に陥ったりする」みたいなことが
書いてあった。
そうなんだ~、よかった、私だけじゃないのか。

だって、友達を見ても、
お母さんたちが集まる場所を見てても
全然、みんな、やさしいんだもん。
絶対怒りそうにないじゃない??
「だめよ、○○ちゃん」とか言ってて。
あれって人前だけなんだろうか?
それとも一年の95%くらいああいった感じで
たま~に(5%)キレたりするんだろうか?

まあ、そうだとしても
95%優しくて、5%キレるお母さんのほうがいいよな、
毎日キレてるお母さんより。
キレる程度はあるにせよ、怒られるのには変わらないのだから。

まあ、そんなことはさておき。

子供もいろいろなことで怒る。
それに自分も怒る。
その「怒り」の感情について、
抑えるのではなくて、どのように表現したらいいのか、
それを教えてくれる本でした。

今まで「親」というものは
理想的なのは、怒らず、叱るだけ。
冷静に、静かに注意を与えるのがいいんだと思ってた。
そうあるべきなんだと。
でもさあ、親だって人間。
怒らないでいるなんて無理だよね、
疲れていたり、体調悪かったら特に。
自分の中に「怒り」が生じたときに
それをどう表現して、どう発散していくのか
それを教えてくれました。

まあ、それこそ疲れているときは無理かもしれないけど、
でも知っているのと知らないのでは
やっぱり違う気がするな。
パートナーに対しても、仕事に関しても
このスキルって大切な気がする。

どうです?読んでみたくなりました??

兄弟・姉妹間の嫉妬についても書いてあるので
こちらも必見。
キレイごとじゃなく書いてあるのがいい。
そりゃそうだ、兄弟がいたほうがいいなんて
親のキレイごとだ。
いいことだってたま~にはあるけど、
いやな事だってかなりたくさんあるもんだ。
それを見ないで
「兄弟がいるのはいい」なんて。
新しく家族が増えた人は読んでおくといいかも、です。
2007.09
15
Category : おでかけ
木曜日から主人は北海道へ出張。
今週は高知にも行っていたから
ほんとに日本横断だな。
おつかれさん。

でもって私はお休みだったので
さて、どこかへ行こうかと。
とりあえず部屋の掃除を終えて、身支度をして
犬の散歩を終えて、出発したのが12時前。

電車に乗って到着したのは
表参道(青山というべき?)のクレヨンハウス

091402.jpg

入り口はこんな。
子どもが生まれてから来るのは初めてだ!

091402-2.jpg

いざ!入場!

まずは2階のおもちゃ売り場でいろいろ遊び。
Neaf社のマグネフを購入。
私は全然、その気はなかったんだけど
2才年上のお友達がそれを持っていて、遊んでいたのを
覚えていたまさきが
「これ、○○ちゃんと一緒!買う!」って。

ビーズ通しと迷ったんだけど、かたくなにコレを主張するので
購入。ひん、高いっ!
でも大人もついつい遊んじゃうくらい
単純だけど飽きないんだな。
すぐ使えるように包装から出して、テープをつけて
持ち歩けるようにしてくれました。

3階に上がって、オーガニックコットン系の商品を見つつ
日々、育児に悩む私のために育児書を4冊購入。

会計を済ませるとまさきが
「おなかすいた!」と。
じゃあ、下のレストランで食べましょう、と
地下に移動。

時間的にランチバイキングしかないので
仕方なくランチバイキングを食べました。
私はかるーく食べるだけでいいと思ったのに。

091402-3.jpg

↑といいつつ、しっかり食べてしまった。

土地柄と平日ということもあって
小さいお子さん連れのママ友も多かったけど
外国人の方がフラリと一人できて
ぱぱっとご飯を食べていく姿も多く見受けられました。

091402-4.jpg

ぼくはイワシと味噌汁とご飯で。

それから最近、夕飯作りを手伝ってくれるまさきに
台所育児のおたまとピーラー。

ピーラーは普通のものと違うのか?という感じですが
使いやすさは「切れやすさ」ですから。
切れ味の悪い道具は逆に怪我をするし、
楽しくないしね。

次は包丁を買おうかな。

4時前にクレヨンハウスをでて、
お店を出た途端、スリングでことり、と寝てしまいました。

各駅停車に乗っている間、40分、
しっかり寝て、下車駅でしっかり起きて・・・・

「あれ、○○ちゃんと同じヤツ(マグネフ)は?」

え、知らないよ?
バッグや買い物袋を探してもない!
「うえぇぇぇ~ん」

「お店に電話してみよう!」というと
「うん」といって落ち着く。

電話して、とりあえず全館探してみてから
折りかえし電話します、とのこと。

10分後くらいに電話がかかってきて
「今のところ・・・・見つかりませんでした。
閉館後に清掃が入るので、そのときにまた探してみます。」
とのこと。
お店で買ってから建物は出ていないので
絶対にあの中にあるはず。
でも、ないとなると、持って行かれちゃったかもね。

と半分あきらめていたら
1時間後くらいに電話があって
「ありました!レストランに残っていたそうです!」

うっわ~、よかった、ありがとうございます!
着払いで送ってもらうことにして電話を切りました。
ああ、見つかってよかった!
まさきにも「見つかったよ!」と伝えたら
「(届くのが)明日じゃダメ!」って。

早く届くといいね!
2007.09
15
Category : Masaki&Allo
いや、私は今日、出勤していないし。
お仕事してるのは
091401.jpg

↑彼。

091401-2.jpg

腰、はいってんね~!
この日のお仕事はチーズすり。
リゾット用のパルミジャーノレッジャーノをスリスリ。
結構硬いんで、基本的には二人でやるんですけど。

次は
091401-3.jpg

フルーツヨーグルトサラダ用のバナナむき。

091401-4.jpg

バナナを切るのもやります。

まあ、バナナなんてどんな形になってもいいやと切らせてみた。

091401-5.jpg

ヨーグルト、もうないかな??

そして完成!
091401-6.jpg

ポルチーニ茸のクリームリゾット。

これ、まさきの大好物なんです。
盛り付けも本人にやらせたら
091401-7.jpg

    ↑この量。
結局全部は食べ切れなかったけど3分の2は食べたかな。
お手伝い効果っていうより、好きなものだから食べたんでしょう。
っていうかもともと結構食べる方なので
それは目的としていないんだけど
嬉々として手伝ってくれるので。
2007.09
13
Category : Masaki&Allo
今日の夕飯は餃子でした。
私がせっせと餃子を包んでいると・・・・
「今日のご飯、なに~?」
「今日は餃子だよ!」
「まっきーもぎょうざ、した~い!」

・・・・やらせてあげたいけど、餃子を包むのは結構難しいぞ。
どの工程をやらせたらいいんだ??
ちょっと悩んだけど、え~い、やらせてしまえ!
グッチ裕三さんも言っていた、
「どんな形でも包まれていれば餃子だ!」と。

まさき専用踏み台を洗面所からせっせと運んできて
お手伝い開始!

いやあ、作りかたを見せたけど
まあ、無理ですよ、これは。
でも、具がはみ出てなきゃいいか、ってことで。

ついでなので焼くのもお手伝い。
091202.jpg

いっぱいできたよ!

091202-2.jpg

ちゃんと並べてね。

餃子のフライパンに熱湯を入れたら
たくさん湯気が上がって逃げてた。
確かにちょっと怖いよね

餃子が焼けるまで、
土鍋からご飯をうつしたり
味噌汁をおわんに入れたり、
大根を小鉢に入れたり、とお手伝い。

食事の配膳は毎日のお仕事なのですが、
盛り付けは初めて!
091202-3.jpg

ごはん
わかめと豆腐の味噌汁
餃子
大根とさつま揚げの煮物

餃子、なんともいえない形です。
でもうれしかったみたいで大好きな味噌汁よりも先に
箸がのびました。

「ママの普通の餃子、いっこちょうだい!」というので
一つあげてから、
「じゃあ、代わりにまっきーの、いっこちょうだいよ」
といったら
「・・・・・・・・・・・・・・・ちょっと無理!」と断られました。

あげたくないほどおいしいらしいよ。
結局餃子も含め、すべて完食。
ごちそうさまでした。
2007.09
11
Category : 食事公開
えっと、随分以前の話になります。
私が姉の病院にお見舞いに行った日だから・・・・・
8/31のことです。
私の家から姉のいる病院までは電車で約2時間。
新宿で乗り換えて、池袋経由で行くのですが、
その間、主人とまさきは池袋のサンシャインでやっていた
トミカ博に行くから!と池袋まで同行。

でも、まさきは新宿に着く前に寝ちゃったので
二人だけで先にお昼を食べることにしました。
行った先は・・・・・
ゲウチャイ 新宿ルミネ店
タイ料理やさんです。

0831.jpg

主人は汁そば(センレック)とグリーンカレーのセット。
私は鶏肉のバジル炒めごはん。

いやあ、うまかった!
ひたすら無言で食べ続ける二人。
本当においしいものを食べるときは無言になるね、人間。
タイ料理ってこうでなくっちゃ!
辛いけどうまい、ひたすらに食べ続ける・・・・・

先日、二子玉川の高島屋の中にあるタイ料理やさんにいったけど
・・・・・・なお味。
なんでしょう、これ。辛いだけ??
デザートはパイナップルやマンゴー、タピオカココナッツミルクなど
豊富で取り放題なのはいいけど、
いかんせん、メインのお味が・・・・・。
こういうお店がこういうところに入っているのってどうよ?
多分これが人生初のタイ料理だったら
「タイ料理って辛いだけでおいしくない」と思っちゃうだろうな。

そう思うと、私のタイ料理との出会いは最高でした。
もともと辛いのが苦手だったから
最初は「辛い」とか言ってあまり食べられなかったけど
みんなが「コレは辛くないよ」とか
「こうやって食べると辛くないよ」とか教えてくれて、
最後に出会ったグリーンカレーにヤラレタ。
辛い、確かに辛い、でも・・・・・おいしいっっっっっ~!

そのお店はタイで仕事をしていた人も認める味。
だってタイ人のお母さんが作ってるんだもん。
あ、ゲウチャイもタイの方が作っているんだね、
注文取る人も料理を運ぶ人もタイ人。
タイ料理との最初の出会いが、とってもおいしいお店だったので
それ以来大好きになったのでした。

あ、メインもおいしいけど、
スイーツもおいしいのよね、タイ料理。
チェーン店ではタロイモのプリン、
個人のお店ではお汁粉(ココナッツミルクとタロイモ・カボチャの餅入り)、
もち米アイスなどなど、おいしいものがいっぱい!

ああ、また食べに行きたくなったわ~!
一緒にタイ料理を食べに行ってくれる人、募集中!

090601.jpg

さて、こちらはわが家の夕飯。
一転して質素。

ごはん
春雨と鳥つくねのスープ
メカブオクラ納豆
カジキマグロの昆布じめ
ウニかまぼこ

昆布しめは富山に行っていた両親からのおみやげ。
富山と言えばコレ、と言うほど好きなおみやげ。
あっという間に食べちゃったよん

090602.jpg


これは主人がいなかった日の夕食、なので手抜き。

ごはん
卵スープ
お好み焼き
ゴボウと牛肉、こんにゃくの煮物

私、みそ汁がそんなに好きじゃなくって
あまり作る気にならないんだけど
というより、汁物がなくても全然困らないんだけど・・・・
まさきと主人は汁物が欲しいらしく。

面倒なときはレトルトを使ってます。
うう、いけないんだけどさ、
でも好きじゃないから作る気にならない。
ってことでスープとみそ汁のインスタントは常備。
だめ?だめ??
2007.09
10
Category : Riku&Towa
昨日、家の近くの原っぱに行って、
りく&とわを遊ばせていました。

昨日は日中とても暑かったので涼しくなった夕方には
その原っぱがドックランかと見まごうような状況に。
右を見ても左を見ても犬・犬・犬。

なんとなくダックス同士って集まるもので
りくもとわもダックスに近づいてご挨拶・・・・

「ちっちゃいですね~」←とわを見て他の飼い主さんがコメント。
「あ、この子は半分カニンヘン(ミニチュアのさらに小さいやつ)なので
ちょっと小さめなんです」
なんて話していました。

するとどこからか樽のような(失礼!)ジャックラッセルテリアがやってきて
女の子のようでりくがその子の匂いをクンクン。
りくはまだれっきとした男の子だけど
(今秋去勢予定)
他の女の子に乗ったり、ひどくしつこくしたりすることはないので
目は離さないけど、基本的には自由にさせています。

すると・・・・ジャックラッセルテリアの男の子がやってきて
りくの顔を
ガブリッ!

思わず出た言葉は「あ、痛い!」でした。
いやいや、私は痛くないんだけど、痛いなと思って・・・・

りくと私は3mくらい離れていたけど
(体高が低いから近くにいても3mくらいは距離がある)
そこから見ても噛まれた右側の目が赤い!

すぐにりくを確保して、目を見るとやっぱり・・・・・!
目に血の涙が・・・・・・!

実は、りく、目をケガしたのは2回目。
以前も近所のシェルティーにガウとされて
目から血が噴き出したことがあります。
その時は焦ったけど、血が止まってみると切れたのはまぶたで
眼球には傷もなく、軟膏と抗生物質を処方しただけで治りました。
といってもまだその傷は残っているんだけどね・・・・

今回はそれよりも血が少なくて、
目の中に溜まるくらい。
まぶたもココが切れているだろうと思うところを発見し、
これならきっとまぶたが切れただけだろうと予想。

りくの傷を確認している間も、そのジャックラッセルテリアが寄ってきて
私の膝に手をかけるので
「やめて。おりて。」と指示をしたのですが・・・・・
  (↑私は努めて穏やかに言ったつもりですが、聞いていた主人は強い口調だったと証言。ハハっ、大人げない)

さて、どうしようかと思っていたら
ジャックラッセルテリアの飼い主さんが寄ってきて
事態に気づいたよう。
ただこの飼い主さん、全く犬のこと見ていなかったので
2頭のジャックのうちどちらが噛んだのか全く分かっていない!

飼い主「え、どうしたんですか?」
私  「目から流血しちゃいました」
飼い主「え、どうなったんですか?」
私  「噛まれたんです、右顔を」
飼い主「え、もうやだ、○○!(メスの名前)」
飼い主(男)「こっちじゃなくて男の方じゃないの?」
私  「あ、そうです、こっちの子」
飼い主「え、そうなの?もうやだ、○○(オスの名前)!」
とバシバシ犬を叩く・・・・・。

とりあえず状況を話して、病院に行くことに。
連絡先を交換して、「後で状況をお伝えします」と伝えて
原っぱを後にしました・・・・・。

子供の場合も同じだけど・・・・・・
目を離しちゃいけませんよ!
子供も犬もケンカやケガをするのがコワイからと、
交流を持つのを避けていては社会性は育ちません。
いろんな犬種やいろんなお友達と交流を持つこと、
すごく大切だし、メリットもたくさんありますよね。
原っぱで思い切り愛犬を遊ばせたい気持ち、私も分かります。
みんなそう思って来ているのですから。

でもね、目は離さないで欲しいです。
自分の犬がケガをさせる場合も、ケガをしちゃう場合もあるんですから。
ホント、子供も犬も同じですねえ・・・・

さて、動物病院って日曜の午後はお休みのところが多いんですよね
普段行っている病院は日曜午後休診なので
向かったのは港北にあるペット医療センター

車の中ではまさきが「りくくん、お友達にガブッってされちゃったの?」と。
「そうだよ」というと
「りっくん、だいじょうぶ~?もうお友達こないからね~、だいじょうぶだよ~」
と甘いささやき。
まさきなりにいたわってあげているよう。
とわりん☆も傷をしきりに気にしてペロペロしようとするし。
ありがとう、とわりん☆
でも舐めるのはやめてね。
みんなの気持ちを一心に受けているりくは車の中で寝ていました。(笑)

到着すると先客はハムスター。
ちいさなハムスターについて先生と飼い主さんは随分長く話しをしている・・・
随分丁寧なのね~

次は予約のお客さん、高齢のチワワさん。
で、やっとりくの番。

けがをした時間、相手の犬種、流血の状況等を聞かれて
体重測定、検温、触診、その後、目を診て・・・・・
「角膜には傷がなさそうなので、
たぶんまぶたが切れたと言う状況でしょう。
角膜を染色して傷があるかどうか見ることも出来ますが、
角膜にも神経があるので、もし角膜まで傷があったら
目をしょぼしょぼさせたり、気にする様子が見られるはずです。
そういう仕草もないので、大丈夫だと思いますが、
染色して調べてみますか?」と。

たしかに気にする様子もなく、車の中では寝ていたので
大丈夫だろうと判断して
「染色は結構です」というと
「それでは抗生物質入りの目薬を出しますので
一日4回点眼してください。目薬はさしたこと、ありますか?」
「はい、この子は目薬でも軟膏でもなんでもさせてくれます
以前もまぶたを切ったことがあるのですが、その時は軟膏でしたし。」
と答えたら
「あ、眼軟膏も大丈夫ですか。だったら軟膏にしましょう、
それだと一日3回に出来るし!
眼軟膏だと気にしてこすっちゃったりするんで目薬の方がいいかな
と思ったんですけど。」
とのこと。

りくってそういうところに全く手がかからない犬で
薬もそのまま飲ませることもできるし、
目薬だって、軟膏だって、多分必要なら座薬もできるだろう。
フィラリアの薬もフードの上にぽんと乗せておけば
勝手に食べてくれるし。
手間のかからない犬です。

一番最初にフィラリアの薬を処方してもらうとき、
「おやつタイプのお薬もありますけど、どうしますか?」
と聞かれて、うーん、でもお薬を飲ませなくちゃいけない状況があるかもしれないし!
と思って
「とりあえず、錠剤をください!」と言って
錠剤をもらってきました。
本で薬の飲ませかたを調べて、その通りにやってみたら・・・・
何の苦労もなく飲んでました、りくは。

その後もチーズや果物に埋め込んで食べさせたりしたけど
あるときフードと一緒に食べるだろうか?とやってみたら
こちらも全然問題なく。
なんでもいいみたいです、彼は。

小さいときに目やにがひどいときがあって
目薬を処方された時も
多少嫌な顔をして後ずさりしますが、全然問題なくできるし。

外用薬はある意味飼い主の「なにがなんでもやってやるぞ」的な
強い意志が関係しているかもしれないけど
薬の服用に関しては犬によって、
フードやおやつに混ぜ込んでもきれいに薬だけ出しちゃう
なんて子もいるので、本人の性格、ですね。
基本的にりくはフードもえり好みしないし、
(本当は良くないけど)ある日突然、フードを変えても
何の抵抗もなく食べられる・・・・・食にこだわりのない子です。

一方、とわは・・・・・
もともとがっつかないタイプのようで、
フードものんびり、もぐもぐしながら食べる、犬には珍しいタイプ。
犬ってがつがつ丸飲みするから犬食いって言葉があるくらいなのに
なぜかとわりん☆はちゃんと噛んで食べてるんだよね

ちょっとフードをきらしてしまい、
2食だけ他のフードに変えたら(一応とわには配慮して徐々に変更)
とまどい気味にちょっとずつ、のそのそと食べてました。
ウチではドライフードをふやかしてあげていることもあり、
食事をずっと置いておくということはなくて
(多分置いておいたらりくが食べちゃうだろう)
とわが「もういらない」と残しちゃったときは
そのまま片づけちゃうので、
だらだら食べることは普段からないんだけど
フードを変えた日はいつもより時間がかかりました。
でもちゃんと完食!
パパから「えらいね~!」と褒められていました。

で、無事に昨日、いつものフードが到着して、
いつものフードに戻したら、いつものペースで完食。
りくと違って意外に食にこだわる女、とわりん☆。

ああ、話が逸れてしまった。
診察を終えて、会計をして、
向こうの飼い主さんに状況報告をして
治療費をお支払いします、と言われてので
遠慮なく好意に甘えることにしました。

動物病院で結構時間をくってしまい、
終わったときはとっぷりと夜。
「夕ご飯、食べに行こうか」という話になり、
まさきに「何食べたい?」と聞くと
「あのね~、あのね~、スープと鶏肉!」

・・・・・・さてどうしましょう?
まさきの言うスープとは汁物全般をいい、
みそ汁もスープ。・・・・・味噌スープですか?外国の方??
じゃあ、安易ですが
骨付鳥 一鶴に行こう!
ということに。
ココならテラスでりく&とわも一緒にいられるし。
りくは軟膏を塗ったから、一応触らないように見ていたいし。

一鶴に着くと・・・・結構混んでる。
「犬連れなんですけど、テラス、使えますか?」と聞いてみると
「あ~・・・・・空いているんですけど・・・・・
さっき、犬同士でケンカがあって・・・・・それでも良ければいいんですけど・・・・」
話を聞いてみると
先客のゴールデンレトリバー連れのところに
ジャックラッセルテリアの二頭連れ家族が来て、
隣のテーブルにすわろうとしたとき・・・・
ゴールデンレトリバーがすごい勢いで襲ってきた、とのこと。
小型犬でも急に引っ張られればコントロールできないのに
大型犬に急に引っ張られたら、制御できないよね・・・・・

「では、犬は抱っこして、近づけないようにします」
と言ってテラスに席を取ってもらいました。

ま、実際、席に案内されたときには
既にそのゴールデンレトリバー連れは帰っていて、
何事もなかったんですけど、
なんだか今日は犬のケンカの話しばっかりだったなあ、と
苦笑しました。

あとで近所の人に聞いたら
りくを噛んだジャックラッセルテリアは元気が良すぎて有名なんだそうな。
はあ、普段からそうなんだったら、
ちゃんと見ててくれよ~!
・・・・っていうかそういう人に限って、反省することも
改善することもなく、また同じように目を離して、
また同じようにトラブルを起こすんだろうな・・・・
これも人間の子供とおんなじ。

公園とかで話しに夢中になって全然子どもを見ていないお母さん。
前も書いたけど
「子供が悪いことしている時って、どうしてか気づくのよね~」
って言ってましたけど
いやいや、あなた、あなたのお子さん、あなたの知っている五倍は
悪いことしてますよ???
あなたが見ているのはもうどうしようもなくなって相手が泣いちゃったり
とっくみあいになってからでしょう?
その前に気づけよ~!
ってことで、こういう人って反省もなければ改善もしないのが
当然かも。自分はちゃんと見てるって思っているんだもんね。

いやいや、ちょっと辛口な終わりになってしまいました。

0825.jpg

・・・・・っていうか、りくは男の子にしては弱すぎなんだと思う。
結構他のワンコにも襲われるし、
この写真を見れば分かるように、とわに服従しているし。
二人の間ではりくが下。とわりん☆まだ1歳なのに。
でもそれはトレーナーさんにも言われていたこと。
「たぶん、とわちゃんは強いので、飼い主さんが意識的に
りくくんを上に(優先)してあげないと、とわちゃんはどんどん上に
登りつめちゃいますよ!」と。
二人の関係は二人の関係として、飼い主が順序を決めなさい、と。
がんばれ、りくくん!
2007.09
09
Category : the others
昨日、主人が「髪を切りたい!」と言って
日曜の朝一番に美容院CARVE Zに予約を入れました。

普段、まさきと主人は同じタイミングで切っているのですが
前回かなり短くしたまさきはまだ切らなくてもいいかな、
という長さ。
「まっきーもちょきちょきする?」ときくと
「ううん」と。
「じゃあ、おうちでママと待ってる?」と聞くと
「ううん、あのね、おばちゃんのいるところでね、遊んでる!」
 ↑ココの美容院には保母さんつきのキッズルームがあって
そこで遊ぶことができる

じゃあ、一緒に行ってらっしゃい!ということに。

主人が
「夫と子供がいない時間、何をするの?」と。
「え・・・・・なにも思いつかないんだけど・・・・
クリーニングでも出しに行こうかなあ?」というと
「そんなの後でもできるじゃないか!」と言われてしまった。

かといって、2時間弱じゃ、お出かけするにも足りないし・・・
「じゃあ注文したドッグフードが届くのを待つわ」
ってことで自宅待機。

その間に・・・・・こんなもの作ってみました

090901.jpg

保育園のお友達が今、下の子を出産して、
里帰り中なので1ヶ月弱登園してないの。
で、先日、プールのときの写真の購入申し込みがあって
登園していないと申し込みもできない→買えない
ってことで、代わりに一枚だけ購入したの
登園してきたら渡そうと思って。

とってもかわいい写真だったので
スクラップブッキングで加工してみました。
出産祝いに。

皆さんもお気に入りの一枚、
ちょっと加工して飾るのもいいですよ~!
2007.09
08
Category : Masaki&Allo
木曜から金曜の午前中まで、すごい台風でしたね~
金曜日は仕事がお休みだったので
台風が通り過ぎた11時ごろから
従兄弟のだいちゃんと一緒に子育て支援拠点「いっぽ」
行ってきました。

というのもちょっとした目的があって。
私は地域で母乳マッサージを定期的にするサークルを
しているのですが、
それの広告(宣伝?)のチラシを貼ってもらうために、
それと最近悩んでいる場所の確保について相談したくて。

で、運のいいことに、行ったら偶然
運営団体のNPO法人の代表の方がいらして!
「お話したいことがあるんですけど・・・・」と
速攻でお願いしちゃいました。

チラシを貼ることに関しては快諾していただけたのですが
場所の確保についてはやはり頭をかかえていらっしゃいました。
でも本当に親身になって相談に乗ってくださって
お忙しいのに本当にうれしかったです。

さて、子供達は、というと・・・・・
090802.jpg

ボールにまみれる。

090802-2.jpg

12~13時まではテーブルが出て、持参した食事を食べることができます。

090802-3.jpg

これ、私のお気に入りの一枚。
帰り際、ダンボールの電車で遊んだのですが
乗っているのはだいちゃん(10ヶ月)。
いとこ同士で遊んでます。
赤ちゃんだっただいちゃんも(まあ、今でも赤ちゃんだけど)
こうやって一緒に遊べるようになったなんて
感慨深いです。

これからもっともっと一緒に遊べるようになるね!
2007.09
08
Category : the others
姉の子供、琴音(ことね)ちゃんという名前になりました。
で、その琴音ちゃんのためにやっぱり作りました、スリング。

090801.jpg

今回はこんな布地で。
リングもゴールドにしてみました。


090801-2.jpg

布地のアップ。
細かな模様が入ってます。
女の子らしいでしょ?

090801-3.jpg

今回も袋付き。
小さいときは使い続けるからあまり必要ないけど
まさきくらいの年齢になると
いつもは使わないけど、寝ちゃうかもしれない
なんてときに持って行きたい、
でもそのままだとかさばる、
と思うことが多いので袋って必要だな
と思ったりする。

090801-4.jpg

んで、やっぱりまた縁にレースをつけました。
こちらもやっぱりゴールドで。
こんなに目立たないのに、コレが結構高い。
このレースは装飾の意味だけじゃなくて
使うときにこんな役割もするんです。↓
知りたい人はZiZiさんのスリング

090801-5.jpg

全体の様子。

どうでしょう、気に入ってもらえるといいんだけど。
2007.09
06
Category : the others
私がしばらくPCを触っていない間に
こんなブログが出来ていました!
経絡鍼灸のブログ「古今東西気まぐれブログ」

こちらはまさきがお世話になっている鍼灸師さんのブログです。
とっても穏やかな雰囲気の先生で
まさきも「コロコロ先生~」と言って慕っています。

小児鍼はあまり知られていないようで
「小児鍼に行っているんです」というと
「鍼ってあのハリ?痛くないの?」とビックリされます。

でも小児鍼の時に使うのはこんなハリなので↓
地球に優しいはり
全然痛くないんですよ
っていうか痛いわけがない、ハリは身体に触れていないんだもの!

まさきは昨年の8月から通い始めて、
おっと、もう1年になるのか~!
もちろん風邪をひいたり、熱を出したりすることもあるけど
鍼灸を受けるようになってから
高熱は出なくなったし、気管支系も落ち着いてるし
必ず出ていた鼻水も、今は朝の寝起きのくしゃみだけに。
それと、身体の小さな変化にも気がつくようになって
そういうのも大切だなあ、って思っています。

働きながら、犬の散歩の合間をぬって
週一回、通うのはラクではないけれど
それ以上にメリットがあります。
ま、施術を受けるのは5分くらいだしね!

症状が出てから薬で抑えるだけではなくて、
自己免疫力を高めて、薬を必要としない身体を作る!
これが理想ですね!
食事や身体の状態(冷え)なんかにも気をつけて
健やかな身体を作っていきたいと思っています!

興味のある人は定期的にこちらのブログも見てみてくださいね~!
2007.09
03
Category : the others

ご無沙汰してます。
8/24から夏休みでした。
だからといって更新をさぼっていたワケじゃありません

これにはふか~いワケが。

まず金曜日、家の片づけ&買い物を済ませて、夜はお友達と花火。
土曜日は車を車やさんに運んで、車なしの生活のスタート。
日曜日、私の父に車で迎えに来てもらって、みんなで夕飯を食べてから
私とまさき、りく&とわは私の実家へ・・・・。
私は夏休みだけど主人は普通に仕事なので
しばらく実家でのんびり過ごそう、という魂胆。

月曜日は職場の仲間と渋谷に出かけてちょっとだけ仕事、
でも久しぶりの都会なので新宿も見ちゃって楽しんじゃった。

で、火曜日。
実家近くのホームセンターに行って買い物をしていると・・・・
母の携帯に電話が。

すべてはこの電話からはじまりました・・・・
電話は来月末、出産予定の姉からで
「もしかしたら破水したかも・・・・?」

「ええっ、ちょっと待って!」とうろたえる母。
「『破水したかも』っていうんだけど・・・・・?」と私に向かって聞く。
「え、破水なら病院に行くべきじゃない?」と答えると
「病院に行った方がいいって。とりあえず病院に電話してみなよ!」と
姉に言って電話を切る。

再び電話が鳴る
「入院準備をして来てくださいって言われた」と姉。
「じゃあ、これから迎えに行くから!」と母。

とりあえずおにぎりとお総菜を買って(私たちのお昼)
姉の家へ向かう。
車中では
「え~、まだ1ヶ月も早いのに、産まれるのかなあ?」
「お腹も下がってきてなかったのに」とか
「いやいや、でもまだ分からないし」とか話しながら姉の家に到着。
私が迎えに行って、出迎えた姉を見て
「あ、お腹、下がってるんじゃん、これは出るかも」と密かに思った。

姉はしきりに「家のこととかまだなんにもしてないんだけど」
と心配していたけど
まあ、そんなものはどうにでもなるし、となだめて
病院へ到着。

内診を受けるとやはり破水で、子宮口も1.5cmとのこと。
でも本人は陣痛もなくて「え~ホントに?」って感じみたい。
そのまま陣痛室に通されて、入院の手続きと荷物を整理して
足りないものをチェックして、運ぶことに。

病院を2時くらいに出て、実家に戻り、
必要なものを揃えて、4時くらいに再び病院へ行き、
荷物を渡して、入院の手続きを終えて、母が説明を受けて、
とりあえず実家に戻ることにしました。

既に破水しているので、72時間以内に出産することが
求められるので(新生児感染症のおそれがあるので)
今日一日様子を見て、明日医師の判断で陣痛誘発剤等の使用を
検討する、とのことでした。
バルーンを使う場合は使用許可の書類が必要になるので
印鑑を持ってくること、と。

72時間以内の出産は覚悟していたけど
やっぱり誘発剤、促進剤、そしてバルーンは使いたくないなあ、
私だったら捺印できないかも、なんて思ったりして。
母が荷物を姉に届けたら
「なんとなくお腹が痛いんだけど、何だろう?」と言ってたらしく
「陣痛じゃん!」と答えたそうな。

おしるしもあったようで、誘発剤も使わないで
ちゃんと陣痛がはじまったことに感謝!
まあ、このまま陣痛が続くのか、
微弱になって明日になるのか、分からないけど・・・・・・

実家に戻ると5時過ぎで犬の散歩をしたら6時過ぎ。
もう夕飯を作るのも面倒、ってことで近所のブッフェスタイルの
レストランで食事をすることに。

「こんなに早く産まれるとは思わなかった」とか
「いやいや、自分で破水して、ちゃんと陣痛もあるんだから
自分で時期を判断して産まれてきてるんだよ!」とか
話しながら食事をすると・・・・
すごい雷~!
一時的にどしゃ降りになり、徒歩で来た私たちは
「このままだったら家に帰れないね・・・」なんて話していました。
食事を食べ終えて、デザートにぜんざいも食べて
あ、雨も小降りになってきたね、なんて話していたら

再び母の携帯が鳴る!

「・・うん、わかった、今から行くから!」と母が返事をして
「お姉ちゃん、陣痛が強いから来て欲しいって。
今から行ってくるね。タクシー、呼んでくれる?」と。

タクシーの手配をして、母が病院に向かい、
私とまさきは小降りの雨の中自宅に帰り、
父に電話。
状況を話し、今日、夕飯がないから自分で買って帰ってくるように
伝えると
「・・・・・冷たいなあ(笑)」と。
いやいや、私たち、それどころじゃなかったんだってば

まさきと二人でお風呂に入り、まさきを寝かしつけて、
落ち着かない気持ちで過ごしていたら
9:20、実家の電話が鳴った!

「あ、お母さん。8:40に無事に産まれたの。
お姉ちゃんは分娩室で2時間休んだ後、病室に移るらしいから
11時くらいに帰ることになると思う。
お父さんに迎えに来てって伝えておいて。」と。

あまりの早さにビックリしたけど、
とりあえず無事に産まれて良かったなあ、と思いながら
父に無事に産まれたよ、とメールをうつ。

父も帰ってきて、コンビニ弁当を食べ終わり
一息ついた頃、また電話が鳴り
「携帯の電池、切れちゃったからお父さんに3階のベンチで待ってるから
って伝えておいて」と。
父にそれを伝えると、「じゃあ、もう行くわ」と病院に向かいました。

11時半くらいに両親が帰ってきて
お姉ちゃんの様子や赤ちゃんの様子を教えてくれて
これからのスケジュールをどうするかなどを少し話していたら
「・・・・・もう寝るわ」と父が離脱。
そのままそれぞれの寝床へ行きましたが
興奮しているのか色々考えちゃってなかなか眠れませんでした。
お姉ちゃんも眠れずにいるんだろうな、なんて思いながら
とりあえず目を閉じて横になっているだけで
身体は休まるから、と思っているウチに寝てしまいました。

翌日は赤ちゃんのためのものや
昨日揃えられなかったものなどを用意してから
病院に行ったのですが、姉と姉の旦那さんが
赤ちゃんに会いに行っていたので、しばらく廊下で待つことに。

母だけなら病室でも待てるんだけど
12歳以下の子どもは感染症予防のため、病室にはいることが出来ず、
すくなくともまさきとその保護者(私か母)は廊下で待つしかできないのだよね
狭いスペース、しかも騒いじゃいけないところで
こどもが待つのはとても大変で(子どもも保護者も大変!)
外の鯉を見に行ったり、売店でお菓子や本を買って
時間をつぶしたり・・・・・

考えてみれば、破水で病院に行ってから、
何時間もの間、まさきはずっとそれに付き合ってて
本人は楽しくないところで、しかも静かにしてろと怒られて
我慢の連続でかわいそうだったな。
みんなの意識もあかちゃんとお姉ちゃんに行ってて
まさきのことは後回しになっちゃっていたしね。
彼もよく頑張ってくれていました。

小さめで産まれた赤ちゃんは出産後、すぐに
小児科に運ばれ、保育器に入りました。
でも低体重児なだけで、それ以外は何も問題がなかったんだって!
さすが!
姉は月曜に退院予定、赤ちゃんは規定体重になったら
退院、ということでした。

今回は本当に「偶然」ではなく「必然だった」と思えることばかりで
予定日よりも早かった、ということはビックリしたけど
その時期までもが必然だったと思えます。

まずは、病院。
妊娠が分かってから、姉が母に病院の相談をして、
母は姉に内緒で私に病院の相談をしました。
私が帝王切開になったから、今回もその可能性がある、
それを考えると、大きな病院(できれば総合病院)がいい、
だけど出産・分娩は母親の心や体のケア、母乳のことを考えると
助産師さんがいてケアを受けられるところがいい、と。

姉と母はいくつか病院を見て
最終的に今回産んだ総合病院に決めました。
ポイントは
「何かあっても万全の態勢を取れる」こと
「助産師が多数いること」(母乳育児を推進)
「マンパワー(人手がある)こと」

何かあっても万全の態勢が取れることは
今回、非常に良かったです。
何より部屋は違うけど母子が同じ建物内で
過ごすことが出来る、というのは
両方にとって最高のメリットでしたね。
これはやっぱり総合病院の最高の利点です。

通常、総合病院だと「医療」が最優先で
「心身のケア」がおざなりになりがちですが
この病院は幸いなことに院内助産師が数多く在籍していて
ナースステーション以外に助産師さんの部屋があるほど。
おっぱいを含む心身のケアを受けられることは
その後の育児にも大きく関わるので
重要視したい点でした。

そして「マンパワー(人手)があること」。
私が姉の病院選びの情報収集をしていたとき、
助産師さんに会うことがあったので
状況を説明し、「どこがいいと思いますか?」
と聞いたところ、
「マンパワーがあるので総合病院。」と言われました。

私が帝王切開になっていること、
姉自身が細身で体力があまり無いことなどを
考えると、マンパワーのない産婦人科では
「突然のお産になることを避けたい」
「ハイリスク出産になることを避けたい」
などの理由から帝王切開や計画分娩を薦める病院も
あるかもしれない、とのこと。
(もちろん病院によりますが。)

誰でもお産は不安なもの。
その状況で医師から帝王切開や計画分娩を
「母子の安全のため」という名目で薦められたら
yesと言ってしまうかもしれない、
状況を見て
「待ちましょう」と言えるのはマンパワーがあるところだ、と。

これらのことを考えて、私と母の希望は総合病院。
後は姉の判断に任せよう、ということになり
姉と母は一緒に病院を見学し、実際に入院している
(退院手続きをしていた)人に話まで聞いて(笑)
この病院にすることに決めました。

この判断は本当に正しかった!
考え得る中で最高の選択だったと確信してます。
しかも実家から車で15分ほどのところ。
姉が先に退院するので、母乳を届けに通うことを考えると
この距離は本当にありがたいと思います。

母も「あの病院を選んだのはそうなる意味があったんだ」
と言っていました。同感!

次に時期。
予定日よりは1ヶ月くらい早く、36週0日で産まれました。
ほぼ正産期とはいえちょっと早めですね。
その分赤ちゃんもちょっと小さめでした。

でも、小さかったからこそ、姉は陣痛開始から2時間ほどで
産むことが出来ました。
骨盤も狭く、体力のない姉にはこの大きさが最適だったのでしょう。
ま、陣痛の時間が短かったってことは
それだけ短時間に強い陣痛が来たってことなので
姉自身は大変だったのでしょうが・・・・・

破水からはじまったお産なので
陣痛前に入院してしまい、あまり動いちゃいけないといわれたので
私としてはそんな状況(リラックスできない状況)だと
陣痛が起こりにくいだろうな、と心配したのですが
そんな心配は杞憂でした。
しっかり陣痛をおこしてくれた、とってもマイペースで
賢い赤ちゃんでした!
ホント、彼女に感謝するわ!(あ、女の子でした。)

そしてなによりも・・・・・
私が居合わせたこと。

母は私の出産の時に、離れていたので
実際に付き添ってくれたのは主人と主人の両親でした。
だから入院準備とか入院中に必要なものとか
お産の時にどうしたらいい、とか全く経験しませんでした。
お産に関わるのは自分の出産以来、ということは・・・・
30年ぶりですね!

あまりに時間がたっていて、時代も変わったし
すっかり忘れちゃったし(しかもその時は産む側だしね)
はっきり言ってあたふたしてて、
全く頭は働いていない状況でした。
なので最近経験した私に「どうしたらいい?」って
聞くのですが・・・・・

あのねえ、私はその時、産む側だったの!
みんな、そんなに私に期待の目を向けないでくれ~!
だいたい私は途中で帝王切開になっちゃって
最後まで産んでないんだからさ・・・・・

なんてボヤいてはみたものの、はっきり言って
自分以外に動けそうな人はいないし・・・・・
焦る気持ちを抑えて、準備をしたり、確認をしたり・・・・
と思い出しながら頑張ってみました。

その結果、母には
「あなたがいてくれてホントによかったわ」とか
「全部、あなたに任せてやってもらっちゃったわ」とか
言ってもらったので、良かったんですけどね。
確かに同性が一人でも近くにいるってことは
何も私ができなくても、きっと心の支えになったと思います。
あとは、母が病院に長居しても家のことは私に任せてしまえる
と思えるだけでも良かったのかもね。

そして、なにより私にとっていい経験になりました。

私の出産後、友達が子供を産んだり、義妹が産んだりしましたが、
ココまで人のお産に関わることってなかったんですね。
家族という意味では義妹が産んでいますが、
その時は母がついていたので、
ま、ある意味傍観者でしたし。

今回は破水から一緒で、荷物を運んだり、
落ち着かないまま夜を過ごしたり、
この後の展開を色々想像して悩んだり、
二人とも無事だったよ、の情報に安堵したり、
産まれたとなるとまた「これは大丈夫だろうか?」と
また色々考えちゃったり・・・・・と
初めて「待つ」立場を経験しました。
(母はお産にも立ち会ったからもっとヘビーだったと思いますが。)

その時、心から思いました
「二人が無事なら何もいらない」と。

小さかろうと大きかろうと、
帝王切開だろうと、なんでもいい、
とにかく二人が無事に、
そして出来れば姉の痛みや負担が出来るだけ少ないように
お産が済んでくれればいい!と。

心から、本当に心からそれを願いました。
心配で焦って、自分が何をしていいか分からないほど
強くそれを願いました。

・・・・・・自分が、言われて一番嫌な言葉だったのにね。

まさきのお産が帝王切開になったあと、
帝王切開になったことを受け入れられずに、
落ち込んでいた時、周りから何回も言われました。

「二人が無事で、今元気にここにいるんだから、いいじゃない」と。

私は、そういわれると
「そんなことで落ち込むなんて贅沢だ」と言われているようで
自分の気持ちを認めてもらえなくて、
とても悲しかった。
それは分かるけど、でもやっぱり悔しくて悲しかった。
結局それを心の中に押し殺したまま数年間過ごして来た。

でも、今回、待つ立場になって初めて気がついた。
周りの人は本当にウソ偽りなく、心から
「二人が無事だったことを喜んでくれているんだ」ということに。

「贅沢だからそう思うな」と言われているんじゃなくて
「無事だったことを喜んでくれている」からそう言うんだ。

そして、私とまさきの時も、
今の私と同じくらい、私たちが無事だったことを
喜んでくれた人たちがたくさんいたんだ。
そう思ったら、とってもうれしくて
私がまさきを産んだこと、そして二人が無事だった、
ただそれだけで、とってもとっても価値があることだったんだ
って思えた。

帝王切開だったことを悲しんでいたことが
バカバカしいとは思わない、思いたくない。
あの時の私は本当に悲しくて悔しくて、どうしようもなかった。
人の言葉に傷ついて、
いつの日からか気持ちを押し殺していた。

あの時、悲しかったこと、悔しかったことは
消すことは出来ない。

私とまさきが「無事でいたこと」
そのこと自身にこんなにも価値があったということに
気がつかなかった・・・・・
というか待つ立場になって初めて気がつくことが出来た。

そして、私が苦しんで、傷ついて、悲しかったことは
今回に少し役立てることができたのかもしれない。
もし、私のその苦しい経験が
今回のためにあったものであれば、
「それでよかったんだ」と思える、ちょっとだけ(笑)

特に主人と主人の両親は私のお産に付き合って、
その上、
私が帝王切開になったことを悲しんでいるのを
知っているから、
きっとずっとずっとそのことを気にしていただろうな、
と思います。
私、やっとその時、みんながどんなに心配したか、
無事に産まれてどんなに安心したか、
お産の後、私とまさきをどんなに気遣っていたのか
それを今、やっと考えることが出来るようになりました。

心から心配してくれてありがとう、
心から喜んでくれてありがとう、
今、やっとそう思えるようになりました。


自分でも思ったけど、両親にも言われました。
「居合わせたのは、運命かもね」

本当にそう思います。
私はこれを経験するために、居合わせたんだわ。
すごくいい勉強・経験になりました。

ドタバタの夏休みでしたが、
ちゃんと夏休みの課題も終えることが出来た気がします。
なんてね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。