RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04
19
Category : the others
5月から挑戦しようと思っていること・・・・
それは・・・

はしることです。

ジョギング、というのか?

もともと運動は好きだけど、
球技は苦手・・・(なのに中高球技をやっていた)
歩いたり走ったりすると、悩みがどんどん消えていって
スッキリする、という事が多かったので
いつかはジョギングやマラソンに挑戦してみたかったのです。

昨年の11月に幼稚園のお友達に
「4人で駅伝に出よう!」と誘われて
1年間かけて準備して、でよう!ということになったのですが
ま、その話はそのまま立ち消えて。

でも、意外にみんな走ってみたいという気持ちがあるんだ、
と知ったのです。

で、アロくんが5月から週3日幼稚園のプレクラスに行くので
その間に走ってみよう、と思いました。

一人じゃ続かないだろうな~と思い、
幼稚園からすぐ近くに住んでいるお友達に
「走らない?」と誘ったら
「走る走る~!」との返事。

5月の連休明けから走り始める事にしました。

まずは基礎知識を、と思い
ネットで調べてみたのですが
やっぱりジョギング程度でもシューズは大切、ということで
シューズを購入する事にしました。

子供たちが主人と一緒に映画を見ている間、
スポーツショップに行って、シューズを見ていたら
「サイズ、探しましょうか?」と店員さんに声をかけられ、
「これから、走ろうと思っているのですが、何も分からなくて」と
言ったら、いろいろと教えてくれました。

店員さんだから、当たり前なんだけど
シューズの選び方から、
ウェアや必要なものなど詳しく教えてくれました。

特にシューズはたくさんある中から
おすすめを選んでもらったのですが
全部で5足履きました。

まずはアシックス。
ピンク系で初心者用のものを選んでもらいました。

履き心地はよかったのですが
指の周りとかかとのあたりがゆるい感じ。。。
足首はしっかり固定されているから脱げそうではないんだけど
と伝えたら
では、ということで同じアシックスの2足目を出してくれました。

そちらはかかとや足首に低反発のクッションなどを入れてあって
しっかりサポートされる感じ。
これなら安心して走れそう!って安心感が。

店員さんは「足も小さいけど、足自体が薄い」とのこと。
だから余計にかかとの空間などが気になったみたい。

次は、ナイキ。
ナイキは高校生の時によく履いていたけど
割合と小さめ、きつめ、な印象。
やっぱりそれは間違っていなかったようで
アシックスに比べて指の周りもきゅっと締められてました

しっかりサポートもされるけど、
ちょっと苦しい感じ。

その後、ニューバランスを履きました。
ニューバランスは元々医療用の靴として開発されたこともあって
ものすごく軽い!

軽いほうがいいの?と聞くと
ん~、軽さだけではないです、とのこと
あんまり軽いと初心者では滑ってしまう、
みたいなことを言っていました。

もちろん、本格的に走るようになると
軽さも大切になってくると思いますが。

「履いてみると全然違うんですね~」といったら
「そうでしょう。シューズから選ぶのはよかったと思いますよ
でも、あまりたくさん履きすぎても分からなくなってしまうので
ほどほどがいいですよ」とのこと。

4足履いた時点で、もう私の気持ちは決まってました。
断然2足目!

でも、残念なのは色。
ウェアを少し見たらピンク色が可愛かったので
それに合わせてピンク色がいいかな、
やっぱり気持ちが上がるのがいいな、と思っていました。

でも、いいと思った靴は白ベースに赤。
「他の色、ないですか?」と聞いたら
「もう一つは水色なんですよ」と。

水色か・・・・一応はいてみよう、と履いてみたのですが
水色を履いてみても、気持ちは上がらず。

やっぱり、この赤にします!
と宣言。
なにより履き心地がよかった。
これならただの靴、ではなくて
頼れるいいパートナーになれそうな気持ちになったので。

シューズが決まり、
ウェアを少し見て、Tシャツを一枚、
帽子、下着、靴下、ポーチを購入しました。

シューズ選び、一番最初にやってよかった。

いいスタートがきれそうな気がします!
スポンサーサイト
2011.04
11
Category : Masaki&Allo
我が家で急遽持ち上がった懸案事項。

それは・・・・・

おこづかいについて。

小学生くらいになると、おこづかいをもらい始める人もいますね。
兄弟がいると幼稚園くらいからもらっている子もいるし、
上の子だと小学校中学年~高学年になるまであげなかった
なんてこともあるようです。

お手伝いしてくれたらお駄賃、なんていう家庭もあるようです。

我が家は・・・・曾祖母・祖父母からもらうお小遣いは
基本的には親管理。
欲しいものがあった場合、その中から出す事もありますが
基本的にはその一部を本人の欲しいものに当て、
残った分は貯蓄しておいています。

お年玉に関しても同様で、
「お年玉もらった~」となると、
そのすべてを使うのではなくて、
お年玉から欲しいものを一つ買い、
後は貯蓄する、というのが私の方針。
1つのイベント(?)で、買うものは一つ、のつもり。
もちろん金額にもよりますが。

主人は「お年玉残ってるから、それで買えば?」とか言っちゃう。

私としては幼稚園児がもらう額(使う額)としては多すぎるので
残っているから、という理由で使わせたくないのですが
主人にはそれがなく、
「貯めておくって言ったって、貯めていつ使うんだよ?」という。

高校生とか大学生になって、旅行行きたい、とか
合宿に行く、とかでおかねがひつようになるでしょ?というと
何年先の話をしてんだよ?と馬鹿にされる。

まあ、それはそうかもしれないけど、
やはり自由になるお金があるから、という理由で
ほしい時に欲しいものを好きなだけ買っていい、という事ではないと思う。

と、いうわけで我が家では金銭感覚が違う夫婦なので
なかなか意見の一致はないのだけど、
やはり、小さい時から金銭感覚を養う事は絶対に必要だし、
お小遣いというシステムを導入しよう、
という事に関しては意見が一致している。

本人もきっと、それに関しては大賛成であると思うし。

さて、お小遣いをあげる、となると、いくつか検討しなくてはならない事が出てくる。

1、金額
2、頻度
3、管理

以上、3つである。

まず、1の金額について。

私が小さい時は「学年×100円」であったと思うのだけど
貨幣価値が違うので、同じ、というわけにはいかないだろう。

100円でなければ、300~500円が候補に上がってくるけど
そうなると学年が上がるごとに金額をどのくらいあげていけばいいのか・・・・・?

そして次に「頻度」が問題になる。
100円を週に1回なのか?(総額400円)
300円を月に一回なのか?(総額300円)
もしくは500円を月に一回なのか?

小さいうちは短い期間に小額をもらったほうが管理しやすいだろう。

でも、もらった時のうれしさは、300~500円のほうがおおきいにちがいない。

我が家の中ではトミカが一個300円足らずなので、
300円くらいはあると、うれしいかな、と想像する。

まさきの性格からして、もらってすぐに全部使ってしまい、
あと1ヶ月、何も買えない、という状況になることが
目に見えているけど
それも必要な経験だと思うので・・・・・
やっぱり頻度は月に一回だけにしようかな。

100円では、もらってすぐにお菓子を買って、終わりになりそうな気がするし。


そして、「管理」
これはお小遣帳を用意しようと思っています。
PCで作って、紙一枚に1月分を書く、というスタイルにしようかと。
お小遣い帳もネットで探してみたけど、
まだ、罫の中にちょうどいい大きさで書くことができないとおもうし。

今回、お小遣いの相場や管理をネットで見たんだけど
一年生でも1000円もらっている子がいることにビックリ!

しかも、金融庁の調べでも、低学年に800円近くお小遣いとしている、と。

ええ~、そうなの?
とおもったのですが、1000円程度あげている場合は
学用品も自分のお小遣いから捻出していたり、
お菓子などもそこに含まれている場合が多くありました。

学用品の場合は、全部使い切った場合(ノート、鉛筆、消しゴムなど)は
親から支給(お金をもらって買いに行って、レシートとおつりを返却)するけど
紛失や、キャラのもの(学用品であっても)は自分のお小遣いから
捻出する、という家庭もありました。

そうする事で、文具を大切にしたり、
最後まで使い切る、という習慣になるようです。

確かに、学用品全部をお小遣いから出していたら
ノートを使い切っちゃった!
でも、もう今月のお小遣いがない!
ってなことになりそうね。

ま、それはそれでいい経験になりそうだけど。
(使い切らないで貯蓄しておこう、という)

まあ、それはもう少し、お小遣いのルールに慣れてから、
にしたほうがいいかもしれませんね。

1000円だと4桁の計算になっちゃうので・・・・
ちょっと不安だし。

年長最後の「もって帰ってきたお仕事」を見ていたら
4桁の計算はかなり間違っていたので
4桁の計算は怪しそう。

お小遣い帳もしばらくは一緒に計算してあげる必要がありそうです・・・・

4桁の計算が出来るようになって
自分で管理が出来るようになってきたら、
お小遣いを4種に分けて管理させる、という方法もでていました。

一つは「欲しいものを買う」お金。
二つめは「目的のために貯蓄する」お金。
三つ目は「予定外の支出のために使う」お金。
4つ目は「人のために使う」お金。

1つめは、もちろん、今、欲しいものを買うのです。

2つめは「お小遣いでは買えない高額な欲しいもの」を買うための貯蓄。

3つめはお友達へのプレゼント、とか、何かを紛失した時のために。

4つ目は、寄付など。少額でもいいから人のために寄付をする習慣を。


4桁の金額をもらっていないと、4つに分けるのは難しいと思うけど
こうやって管理できれば、
社会人になって給料をもらってもちゃんと管理できるようになるよね。

さて、うちの子がこうやって管理できるようになるのはいつの日か・・・・
大人だって出来てないっていうのにね・・・・(苦笑)
2011.04
07
Category : Masaki&Allo
旅行から帰ってきた2日後、まさきの入学式がありました。

入学準備も大体終っていたつもりだったのに
旅行から帰ってきてからチェックしてみたら
意外に足りなかったり、終っていない事があって・・・

結構、ギリギリまで準備する事になっちゃいました。

そんなこともあったのですが、入学式の前の夜は
なぜだか緊張して眠れず。。。

それでも朝はやってくる。

お天気には恵まれて暖かな日でした。
2010040701.jpg

うちの幼稚園から同じ小学校に行く子はいないのですが
保育園時代のお友達などが少しいるだけ。

まあ、子供は自分でお友達を選んで、お友達になるので
そこは心配していないのですが。。。

まさきのクラスには保育園の時のお友達、女の子がひとりいました。
正直、ちょっとうれしかったぞ。

入学式は2年生が歌ったり、お祝いの言葉を言ってくれて
2年生でもこんなにしっかりしているのか、と
ちょっと安心したり。

担任は若い男の先生で、ちょっとイメージが違ったな。
1年生の担任ってベテランの先生が多いと思っていたから。

まさき自身は男の先生が新鮮でうれしかったみたい。
個人的にはベテランの女の先生がよかったな、と思っていたけど
本人にしてみれば、それじゃあ幼稚園と同じだからね。

私は、まさきの幼稚園しかしらないので
他の幼稚園の雰囲気とか、
同じ年齢の子達の言動とか、全然知らなかったのですが
あまりの違いにカルチャーショックを受けてしまいました。

あまりにビックリして、
小学校に電話をかけて相談しようかと思ったほど(笑)

入学式の後に、幼稚園のお友達と約束して、
幼稚園の担任の先生にランドセル姿を見せに行こう、と
決めていたので、入学式後に幼稚園に行きました。

幼稚園で担任の先生に会った途端に
「せんせい~!」と話し込んでしまいました。

先生は「そうなの、でもね、」といろいろ話してくれて
私も先生に話す事で少し落ち着きました。

やっぱりまだまだ幼稚園の先生とか、友達とかを
すごく心の中で頼っているんだな、と実感。

でも、子供は、緊張しながらも楽しんでいるようです。
こうして手元を離れていくんですね・・・・

あ、そして、一番ビックリしたのが
家の前で「いってらっしゃい」とすること。

うちの小学校は全学年が毎日登校班で登校するのですが
登校班の集合場所が我が家の前なので
家の前で「いってらっしゃい」となるわけです。

幼稚園でもバス登園の場合はこれに近いものがあるのでしょうが
うちの幼稚園は、幼稚園まで送迎していたので
家の前で「いってらっしゃい」ができることが
こんなに楽なのか!とビックリしました。

幼稚園まで送迎するのは、我が家は車だったので
楽なほうだったと思うのですが
自分も身支度と荷物を準備しなくてはいけないし、
家事も大体は終らせて出発していました。
そしてうちには下の子もいるので
それも連れてでかける、というのは
思ったより時間がかかるものでした。

家の前で送れる、ということは
とりあえず洋服と身だしなみだけちゃんとしておけばいいのだし、
家の中がめちゃくちゃでも
すぐに戻って片付けられるし、
洗濯だって、掃除だってできちゃう!

なんだ!こんなに楽なのか~とびっくりしました

今まで、そういう生活をしたことがなかったけど
送迎が大変だから、とうちの幼稚園をあきらめる人がいる人も
納得できたのでした。

この楽さを知らなかったから、
今まで何の疑問も不満も無く、送迎できたともいえますが。

いろいろ勉強になるなあ、小学校というところは。
いろんな発見があるんだね。
2011.04
07
Category : おでかけ
社会状況が落ち着かない中で、迷ったのですが
行ってきました!

ここへ!↓
2011040604.jpg
水族館・・・・・・・・・ではありません。

では、次の写真はこちら!↓
2011040605.jpg
らーめん、ではありません。

ソーキそばです!

そうです、沖縄に行ってきました。

1月くらいから計画を立て、予約したのですが
行く前に震災があり、
直後は交通機関の問題もあり、あきらめていました

その後、交通機関は本数を減らしながらも動き始めましたが
精神的に落ち込んでしまい、
状況も楽観できない日々に行く気持ちもなえてしまい・・・・

しかし、落ち込んでしまったことで、
情報を得る以上に映像を見ないこと、
意識的に日常生活をおくることの大切さを思い知ることにもなりました

主人は「自粛するよりも、
しっかり生活を維持し、経済活動を停滞させない事だって
大切な事だ!」という考えなので
沖縄も行くことに賛成!

子供たちも初めての飛行機と沖縄をとても楽しみにしていたので
みんなで行ってきました。

私自身は大学卒業時に母と姉といったので10年ぶりくらいでしたが
主人は観光で行くのは初めて!

目的はちゅら海水族館。
でも、それ以外も十分楽しんできました。

2011040602.jpg
車の中で島バナナを堪能。

2011040601.jpg
ホテルのブッフェのデザートでも完熟マンゴーを堪能。

一日目は道の駅で沖縄の食材とグラスボートで魚たちを楽しみました。

旅行全体を通して、やっぱりフルーツは絶品でしたよ~
フルーツ好きな我が家には楽しみの一つでした。

そして2日目は朝からちゅら海水族館へ。

ジンベイザメの巨大水槽、オキコンゴウたちのショー、
そして・・・・
2011040603.jpg
ちゅら海水族館脇の海岸で磯遊び。
お昼ごはんも食べずに
磯遊びに2時間も費やしてしまい、
ほぼ丸一日こちらで楽しみました。

3日目はフルーツパーク観光と
マングローブ林のカヤックツアーを楽しみました。

マングローブ林は汽水域で電子機器に影響があるので
カメラを携帯できずに画像データが手元に無いのですが
ガイドさんが撮ってプリントアウトしてくれました。

個人的には今回の旅行で一番印象深いかも。
いままでカヌーとかカヤックとか怖かったけど
のんびり、すごく楽しめた!
人生の中でも大きな経験になった!

またカヤックとか乗る機会があればぜひやってみたいな~

2011040606.jpg
4日目の午前中はホテルのプールで遊びました。
それまでは観光が忙しすぎて、ホテルのプールにすら行かれなかった。
けっきょく、まさきはホテルの大浴場にすら入らなかったもん。

毎日朝から遊び倒して、
夜帰ってくる頃には車の中で寝ちゃってたもんね

ホテルをチェックアウトして、飛行機の時間まで
首里城を観光。
2011040607.jpg
ここで、旅行中、ずっと狙ってた(私が)ブルーシールアイスを食べる。

10年前に食べた時は沖縄でしか食べられなかったブルーシールも
今では東京でも食べられるようになったけど
なかなか食べる機会が無くて、これも10年ぶり。

ずっと食べたい~と思っていたけど
実際食べてみると、味が濃厚で・・・・でもおいしかった。

そして、飛行機に乗って羽田へ。

沖縄へ出発した日も暖かかったので
上着を持たずに行ったけど、
帰ってきたら関東は冬の寒さ!
寒かったよ~

でもホント、この時期に沖縄に行けてよかった、
行ってよかった!

すごくいい気分転換になったよ。

犬たちを預かってくれた両親にも感謝!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。