RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10
23
Category : Masaki&Allo
先日、まさきの学校の休日公開日がありました。

今まで「授業参観」は平日に行われていたので
見に来るのはママだけ。
まさきにはそれが不満でした。

今回は休日だったので、パパも見に来るんだ~とうれしそう。

ただし、アロくんを一日中参観に付き合わせるわけにはいかないので
午前中は私一人で参観、
午後の5時間目の授業をパパも一緒に参観、ということにしました。

私は2時間目の国語から参観。
奇しくも私の大好きだった「くじらぐも」
これって、1年生の国語の教科書の一番最初だったと思っていたけど
そんなことなかったのかな?

考えてみると、ひらがなもカタカナもやっていないのに
突然こんな長い文章なんて読めないかもしれないね。

今の国語の教科書は上下に分かれていて、
上はひらがなや短い文章、最後のほうに漢字とカタカナが少し出てくるくらい。
後期から教科書が下になり、
下の最初が「くじらぐも」です。

実は、まさきは参観日の前2日間、学校をお休みしていたので
お休みしている間の授業を受けていなくて、ちょっとついていくのが大変そう。
比較的苦手としている国語、さらにみんなは何回か読んだあと、
まさきははじめて触れる文章、ということでちょっと大変そうでした。

でも、帰ってきてから一緒に読んでみたら、
先生の言っていた指示も正しくできていたし、
読むのもできていたから、大丈夫みたい。

ま、それは後の話、ですが。

国語の次は図工。
これは彼にとって楽しい時間。
今回は自宅から持ってきた包装紙をびりびりに破って、
のりで画用紙に貼り付ける、というもの。

彼は率先して作業をして、最後に「クレヨンで付け足ししたい人はしていいよ~」
の声に、クレヨンで何かを描き描き・・・・
本当に楽しそうに作業していました。

前日、「明日、学校行けそう?」と聞いたら
「ん~、明日は図工があるんだよね~、図工っていつもよりずっと元気がないとできないんだよ~」
と言ってて、
なんだよそれ、好きなくせに~
なんて心の中で思っていたのですが
あれだけ真剣に、たくさん作業をするって、
本当にパワーがいると思う。
なんだか昨日のせりふに納得してしまったのでした。

図工は2時限を続けて作業に当てたので、
その後は給食。

「ママ、給食の時もいる?給食食べるのも見ててね!」と
言われたので、見ていたんですが・・・・
見ているだけだとお腹がすきます!

ちなみに献立は
フォカッチャ(パン)と
照り焼きチキンと
コーンスープと
プルーン発酵乳(ヨーグルトドリンク)。

配膳、いただきますのあと、子供達は急に配膳台のところに並ぶ!

このクラスでは
「量が多かったら、手をつける前に減らしてもらうこと。」となっているようです
まさきはパンとチキンを半分にしてもらっていました。
あと、プルーン発酵乳は返却。嫌いなんだって。

チキンなんて人気じゃないの?と思ったけど、
意外と減らしてもらう子が多かったな。
お肉が人気になるのは中学年以降かもね

減らしてもらったまさきは結局チキンをおかわり。
おいしかったらしい。

先生はいただきますをしてから、
子供達の量の調整に追われ、
自分の分を一瞬でかきこみ、
それから食べ終わった子供達の片付けのサポート。
いつ食べたの?っていうくらい、休む暇はない。

しかもまさきの担任は若い男の先生で一人暮らしなんだって。
だから給食で栄養とってます、って。
でも、あんなに休む暇もなく食べていたら
体壊しそうで大変・・・

給食を片付けて、昼休み、掃除、と時間は進み、
5時間目の授業が始まる。

パパとアロくんも5時間目の算数を参観。

今はくりあがりのある足し算の授業。
先月、100ます計算をがんばったので、
ここは問題なくクリアできるはず。

でも、今回は
「計算」をするのではなくて、計算カードを用いた授業。
計算カードを順番に並べて、その答えの規則性に気づいてもらう、というのがねらい。
だと思われますが・・・・

計算カードを順番に並べる、っていう時点で
もうみんな、苦戦しちゃった。

もちろん、ささっと並べられる子もいるし、
並べなくてもその規則性に気づいちゃっている子もいるんだよね

でも、やっぱりそういうことがささっとできない子もいるわけで。

「先生と同じように並べてみよう」とやらせてみたけど
「できない~」って机に突っ伏しちゃう子、
「せんせい~、せんせい~」と呼ぶ子、
理解しているのに落ち着きがないから計算カードを机から落としちゃって気づかない子。

もう、本当にいろいろ。

先生も「分からない人は言ってね~、お助けにいきます」って言うけど
その子が終わるまでそばについててあげられるわけじゃないから。

見るに見かねて、子供の席まで行くお母さんもいてさ。

気持ちは分かるけど、そこは我慢じゃない?って思う。

だって、いつも学校に一緒にいてあげられるわけじゃないんだよ?
だったら、自分の子供が自分で「分からない!」って言ったり、
自分でどうにかできるように考えるしかないじゃん
そこを見通して、自分(親)がすべきことを考えられるか?
が大切なんだと思うんだよね。

ちなみにまさきは・・・・というと。

ささっとできるタイプではありません。残念ながら。

まず7の桁を順番に並べ、そのほかの計算カードを一枚ずつリングに戻し。
次に全部のカードを並べるときには
9の桁のカードを一枚ずつ探し・・・・

見ていて、こちらがイライラするくらい・・・・

でもね、彼は困っても誰にも頼らず、
一枚一枚並べました。
最後、1枚、机の大きさが足りなくて(ちょっと端に寄っていた)
「あ、机が足りない。」とつぶやき。

9の桁から一枚ずつ、ずらして、ようやくすべてを並べ終えました。

そして、授業は終わりを迎えました。

先生としては並べて、その先まで行きたかったみたいだけど
予想以上に「順番に並べる」という行為に苦戦してしまい。

今度は並べてその先までやるからね~!と宣言しておりました。

クラスの中には、そういうことがパパっとできちゃう子もいて
そういう子が一番頭が良かったり、器用だとは思うけど、
私はまさきの姿、すごく良かったと思います。

自分で課題に取り組んで、
自分でできるところまでがんばってみる。
困った時も、まずは自分でどうしたらいいのか、考えて、
解決策を見出す。

早くなくても、着実に、自分で課題に取り組む姿が
素晴らしいと思いました。

そして、今まで自分が「こうあってほしい」と思って
やってきたことは、無駄じゃなかった、
と改めて思いました。

他の人から見たら、厳しい、とか、冷たい、とか、スパルタだとか、
ちょっと変わってる、とか。
そんな風に思っている人もいるだろうな。
だけど、これでよかったんだ、と思う。

自分の課題に、自ら取り組み、困難に立ち向かい、
解決策を見出せる、そしてきっと、彼なら周りの人と一緒に
協力して、やり遂げることができる、
そう思えました。

いろいろ思うことも、悩むこともあったけど、
これでよかったんだ、と思える、授業参観でした。
スポンサーサイト
2011.10
19
Category : Masaki&Allo
まさきの学校は2期制です。

10月7日に前期が終了し、通知表をもらってきました。

といっても、終了式の日も授業があって、給食も食べて、
そのあと通知表をもらって帰ってくるだけ、なんだけどね。

さらに後期はカレンダーどおりの3連休のあと、普通に始まる、という。

ゆとり教育が撤廃されて、
本当に「ゆとりなし教育」だな、って感じ。

でも、普通の授業の中にも縦割り遊び(1~6年生が班になって遊ぶ)があったり
国際理解の授業があったり、と
通常の授業以外にもいろんなカリキュラムが導入されています。

さて、初めての通知表、ドキドキしながら拝見しました。

内容は・・・・内緒ですが(笑)
先生はよく見ているな、というのが感想です。

親からだと意外な部分も評価していただいたので
きっと学校では親には見せない顔があるのかな、なんて思ったりして。

傾向としては、やっぱり国語より算数の方が得意みたいですね。

先生からのコメントは
「どの教科にもしっかりとして態度で臨んでいました」とのこと。
こちらも読んで、一安心。

そして何より、欠席が0!
初めての学校、初めてのお友達、
片道20分以上の通学路・・・・
いろんなことがあって本当に大変だったと思うけど
一日も休まずに頑張りました!

やっぱり夏休みが終わってから、すごく成長したな、と思います。

夏休み前までは、行きも帰りも時間がかかって大変そうだったけど
夏休み明けは帰宅時間も早くなって、走って帰ってくるもの。

朝の時間もぐっと落ち着いてきました。
以前なら、寝坊したり準備が間に合わなかったりすると
「間に合わない~」ってパニックになって泣いていたけど
最近は寝坊しても
「大丈夫、もう着替えたから。後は朝ごはんを食べるだけ」と
落ち着いたもの。

先を見通す力もできてきたようで
「もうちょっと朝ごはんを食べたいけど、もうこんな時間だからやめておく」
なんていうようにもなりました。

やっぱり学校に行って、
社会と関わるようになって、
本当に自分、というものが育ってきたな、と思います。
最初の頃は、自分が思う「社会の一員としての自分」の大きさと
「自分で判断、自分でできること」のバランスが取れなくて
イライラしたり、
親(私)とうまくいかなかった事もあるけれど
その辺のバランスがすこしよくなってきた気がします。

やっぱり半年間の成長は著しかったですね

帰ってきた主人が通知表を見て
「基本的には、本人が楽しんで学校に通えていれば、多少成績が悪くてもいいと思う。
今回は欠席もないし、成績も悪くないから、
何も問題ないよね」とのこと。

パパからも「頑張ったね」といわれてうれしそうな顔をしていました。

親から見ても分かる成長も、
第3者からみて判断される成長も
そのどちらも教えてくれる、という意味では
通知表も必要なのかな、って思ったりします。

後期も毎日、楽しく学校に通えますように!
2011.10
19
Category : おでかけ
最近、我が家のお出かけといえば
海で磯遊びか、山でフルーツ狩りか?
という感じになってきています。

今回は・・・・
2011101901.jpg
りんごです

我が家の場合、苦手な果物がないのでどんなものでもOKです。

今年は一年中、フルーツ狩りをしていた気がする。

2011101902.jpg
おいしそうでしょ~!

今回収穫したりんごは「陽光」

食べ放題ではなく、購入する分だけ収穫しておかねを払います
8個採ってきました

食べ放題だったとしても、りんごなんてそんなに食べられないよね

その代わり、お店にある試食用(食べ比べ用)りんごはたくさん食べていいよ、
といわれました。
その言葉通り、ひたすら試食用りんごを食べまくる。
お気に入りは王林。

2011101903.jpg
王林はスーパーでも売っている青~黄色のりんごだけど
王林はふけるのが早くて、スーパーで売っているものは
とてもじゃないけど私には食べられない。

収穫してすぐの王林は甘くて香りもよくて本当においしいのです
せっかくなので王林もいっぱい買って帰りました。

いっぱい買ったからあまったらジャムにしよう、とおもっていたけど
結局、食べたりあげたりして、残らなかったよ
2011.10
04
Category : おでかけ
9月の3連休。
お友達の会社の保養所、コテージがとれたから
みんなで泊まろうよ、とのお誘いが。

しかも1人750円で。
1桁間違ってない?とか話しながら
3家族で旅行計画。
食事の事や持ち物など決めて、いざ出発!

「初めてだから、ボロボロだったらどうしよ~」とか言いながら
着いた保養所はきれいな建物!

しか~し!
寒いっ!

長袖一枚じゃ寒いんだもん。
あわてて建物の中のガスヒーターを全部つけました。
それでも建物が冷えててさむ~い

みんなでバーベキューをして、
まさきの誕生日を祝ってもらい、ケーキも食べて、
観光も、ビンゴゲームも、
温泉も、本当に盛りだくさんに楽しみました。

時間があっという間に過ぎてしまうくらい楽しくて
写真も撮らなかったよ(笑)

貴重な写真をいくつか。
2011100305.jpg
このあたりのご当地料理「吉田のうどん」
すっごくコシが強くて食べ応えがあります。
お肉、馬の肉が入っているのが特徴らしい。

最終日は保養所を出た後、「まかいの牧場へ」
魔界じゃないのよ、馬飼いで「まかい」ね。

2011100306.jpg
トラクターがすき。

牧場には牛、馬、ヤギ、羊、豚などいますが、
餌をやったり、触れ合ったり、羊のレースなど見ることができます。

そのほかにもこんな体験もできます。
2011100307.jpg
チーズ作り体験。

先日、まさきとはなしている時に
「チーズは牛乳に何かをいれてできている」という話になって
その「何か」が分からないままになっていました。

で、作ってみたら、その何かがわかるだろう、ということで。

2011100308.jpg
出来上がったのがこちらのカッテージチーズ。
市販品のものはホモジナイズド牛乳で作られている事がおおいので
ぽろぽろしていますが、
ここではホモジナイズドされていない牛乳をつかうので
モッツラレラのような見た目になります。

この牛乳はノンホモジナイズド、LTLT殺菌をされています。
やっぱり牛乳はLTLTがおいしいよね

LTLTは long time low tempratureの略で低温かつ長時間殺菌されたもの。
よく低温殺菌牛乳と表示されています。

あまり牛乳をそのまま飲むことはないのですが
飲んでみると、LTLTのものが私の中での牛乳の味、だったので
可能なら低温殺菌の牛乳を買っています。

なければ、別に他のでもいいんだけどね。

あ、そうそう、チーズは牛乳に何を加えて作っているか?

その答えは・・・・・牧場で作ってみてね。

ヒントは、子牛の胃の中、です。
2011.10
04
Category : the others
主人の母が買ってきてくれました
2011100304.jpg
おいしそう、と栗ご飯にするためにせっせと皮をむいていたら・・・・
ザクッと流血

残りのいくつかを母に剥いてもらい、
無事に栗いっぱいの栗ご飯が完成しました。

が、ザックリ切った親指の痛みはハンパなく。
子供と手をつなぐのもおっかなびっくり。
だって、何かが当たるだけで超痛いんだもん!

やっと痛みが和らいできたからばんそうこうを取り替えてみましたが
まだパックリ割れてるし。

栗を見るだけで親指が痛みます(涙)
2011.10
04
Category : おでかけ
先月の事ですが。

ぶどう狩りに行ってきました。
2011100301.jpg

場所は山梨県のしまむら農園。

思えば、春のさくらんぼ狩りから始まって、
桃狩り、ぶどう狩りとすべてしまむら農園さんにお世話になっちゃいました。

決して目立つところにはないこちらの農園ですが、
ひっきりなしにお客さんがやってくるのは
果物のおいしさももちろんですが、
おじさんの人柄、かな。

もちろん、できるだけ農薬の使用を控えて、
かつおいしい果物を作ってくれてる、というのは
ほとんど洗わずに食べる果物においては大切かもね。

今年はお世話になった方たちにブドウを送りました。
シャインマスカットという品種とピオーネをセットで。

2品種おくったにも関わらず、送った方、みなさんが
「あの、ミドリのブドウ(シャインマスカット)、めちゃくちゃおいしいね!」と。

そう、シャインマスカットは昨年から主人の一押しブドウで
昨年は百貨店で1房1万円の値がついていたとか。

種無し、皮も薄くて食べられる、かつ、甘みも十分、
マスカットの香りも高い、という品種。
まさきはシャインマスカット以外、食べないし。

ブドウがあまり好きじゃないという子供もおいしいと食べたと聞きました。

たまにスーパーでも売っているので見つけたら買ってみてね~
2011.10
04
Category : Masaki&Allo
長男が7歳のお誕生日を迎えました。
2011100303.jpg
思えばこの7年間、本当にいろいろな事があったもんだ。

まさきは「子供は思い通りにならないもんだ」ということを
常に私に実感させてくれる存在で。

おかげさまで本当に勉強になります。

ぐっと大人になったまさきくん、
毎日がたくさんの笑顔であふれていますように!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。