RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03
07
Category : おでかけ
週末、ちょっと足を伸ばして湘南に行ってきました。

平塚でイチゴ狩り→江ノ島で浜焼きサザエをたべる→漁師料理屋さんで夕食
というコースで。

スタートが午後だったので、江ノ島ではとっぷりと暗くなっていました。
すると、4~5人のおじさんがライトをつけて海に入って行く。

「なにしてるんですか?」

2012030604.jpg

これ、分からないかもしれませんが、
海沿いの道路から江ノ島をつなぐ橋があるでしょ?
あの橋のふもとなんです、江ノ島がわの。

普通に観光客が橋を通るふもとで、おじさんたちはライトを照らして
たぶん自作であろう網をもってひたすら何かを探している。

「なにしてるんですか~?」の答えは・・・・

ウナギの稚魚採ってるんだよ!

ウナギの稚魚?

おじさんによると、爪楊枝くらいのウナギの稚魚を捕まえて、
浜松あたりで養殖されて、皆さんのお口にはいるんだと!

昨年、新聞などで話題になったので知っている方もいらっしゃるかもしれませんが
ウナギは産卵場所が昨年初めて見つかったんです

それまではウナギの産卵~孵化までの条件が分かっていなかったので
完全なる養殖ができていません。
養殖所の中で累代飼育できてないってことです。

なので、川で捕まえる天然もの以外の養殖ウナギというものは
こうやっておじさんたちが孵化して川の入口までやってきた
ウナギの稚魚を1匹ずつ捕まえて
養殖所に売っているわけです

いやあ、大変だけど、すばらしい仕事だね~
波がくるたびにおじさんたちは網を動かして
稚魚が入ってないか確認するのですが、
私たちが見ている10分ほどの間で捕まえた稚魚の数・・・・

2匹!

ホント、気の遠くなるよな仕事ですね・・・・

このすべてが成長してウナギとして出荷できるわけでもないだろうから
ウナギが高いのも仕方ないかな。

・・・・・ちなみに。

私はおじさんたちの恩恵を受ける事ができません。

だって、ウナギアレルギーなんだもん!

ウナギ食べるとジンマシン出ちゃうからね~

夜の社会化見学、勉強になりました!
おじさん、ありがとうっ!
スポンサーサイト
2012.03
07
Category : Masaki&Allo
「誰か拾ってください~」

2012030603.jpg
ダンボールを見つけると、入りたくなるらしい。

捨てられた動物の割にはうれしそうだね?

自称「ホワイトタイガーのお父さんね!」

・・・・・ダンボールには入らないと思うよ?
2012.03
07
Category : 食事公開
みなさ~ん、ごはんですよ~!

2012030601.jpg

五穀米
(季節はずれの)お雑煮(餅ナシ)
鶏肉・根菜・高野豆腐の煮物
ほうれん草サラダ
セロリとキュウリの浅漬け
納豆の野菜和え
かまぼこ

わぁ~!

と歓声が上がった献立は・・・
2012030602.jpg

↑こちらのかまぼこ。
切っただけですけど?

主人が買ってきた鈴廣のパンダとカエルのかまぼこ。
パッケージを見ただけでは分からないのだけど、
この、周りの色が斬新だとおもわない?

かなりカワイイです

そういえば、我が家のお雑煮は富山風です。

鶏肉、ゴボウ、にんじん、焼き豆腐の入った澄まし汁に
焼いた甘エビとお餅を入れるものです

私の母は12月にはいるとこのお雑煮が食べたくなって
よく「フライング雑煮」を12月中に何回もやってました。
我が家はフライングしないのですが
焼いた甘エビが冷凍になっているので
季節はずれの雑煮が食べられます

おかずもお煮しめみたいだからちょっとお正月っぽい献立になりました。
2012.03
05
Category : 食事公開
今日の夕食↓
2012030503.jpg
炊き込みご飯
はんぺんと海苔のスープ
ぷちぷち明太豆腐

明太豆腐を見た瞬間に
「わぁっ、おいしそう~、好きなものばっかり~」と歓声をあげる小学生とは
いかがなものだろうか・・・・?

煮物とか、ちくわとか、高野豆腐とか、
ジジくさいものばかりを好んで食べるうちの子たち。
そんなにヘルシー志向だから太れないんだよ、きみたちは!

あ、我が家で愛用している炊飯用土鍋、かまどさん。
先月、内蓋が割れてしまいまして。

ごはんをおかわりしようとした長男が手が滑って落としてしまい、
真っ二つに!


上蓋ならまだしも、内蓋が割れては炊飯できませんっ!

以前、使っていた炊飯用土鍋は上蓋が割れたので、
接着剤でくっつけながら、だましだまし使っていたけど
今回はそういうわけにはいかないな~

でも大丈夫!
かまどさんは上蓋や内蓋などが割れてしまった時のために
パーツ販売してくれるんです!

さすがに本体が鍋部分が割れてしまうと、
全部買うのとほとんど価格が変わらなくなっちゃうので、
ということでしたが、
蓋だけ売ってくれるって、本当にありがたい!

木曜日に割れて、金曜に部品の注文をして
到着は火曜日の午後。

我が家には炊飯器も一応あるので(戸棚にしまってある)
炊飯器で御飯を炊けばいいだけの話なんだけど
土鍋で御飯を炊くことになれてしまうと
どうも炊飯器で炊く気があまりしない。

金曜から月曜の夕食までパスタや焼きそばでしのぎ、
火曜日に到着した内蓋をみてうっとり・・・・
これでまた、炊き立て御飯がたべられるわ~!

我が家では御飯だけではなく、
この土鍋でトマト鍋をしたり、蒸し野菜をつくったりします。
特にトマト鍋は野菜がトロンとやわらかくなって絶品です~

かまどさんはすっかり我が家の必需品になりました!
2012.03
05
Category : 食事公開
あさ、起きたら、無性にバナナ味のマフィンが食べたくなった。

あ~、食べたい。
こういう場合は市販のバナナじゃだめだ。
市販のバナナ味のものは「バナナフレーバー」が入っていて
それはやっぱりちょっと違うな、って思う。

ホットケーキミックスもあるし、
バナナもあるから
朝食後にバナナマフィンをつくることにしました。

レシピはこちらのを使いました↓
ホットケーキミックスdeバナナマフィン

ちょっと工夫して・・・・できあがりはこちら。
2012030501.jpg

顔のパーツはチョコを溶かしたものを爪楊枝で型に入れて、
その上から生地を流し込みました。

ちょっとゆがんじゃったりするんだけど、
子供は「なにこれー!くま~?」と喜んでくれました
2012.03
02
Category : the others
今更ながら、友人のHPをリンクしました。

もう10年以上友人ですが、いつでもかわいらしい友人です

今は2歳の女の子の母として生活を楽しんでいるようすが
見ていて伝わります。

母として、というよりも、
同居人として、という感じの目線が彼女らしくて。

彼女の撮る画像も雰囲気たっぷりで素敵です
どうぞ、温かい飲み物片手にご覧になってくださいませ。
 ↓
nohohon
2012.03
02
Category : the others
先日、私たち(夫婦)の恩師が亡くなった。
お通夜に二人で参列したのですが、
そのとき、主人の友人からお香典をことづかって
代理で出してきました。

お通夜の時って、お塩と一緒に海苔とか、お茶とかいただくでしょ?
後日、あれをことづかった方に郵送しました。

そしたら・・・そのお礼に、と送られたのが

なんとイノシシの肉!

びっくり~!塊で2つも。
郊外とはいえ、首都圏に住んでいる方なので
自分で仕留めたのではあるまい、きっと・・・・

東京区内生まれ、首都圏育ちのわたしにとって
初!イノシシ肉。
しかも、初なのに自分で調理するんだし。

ネットで調理法を調べたら結構たくさん出てくる。
豚汁の豚肉の代わりに入れたり、甘露煮にしたり。
結局は豚肉みたいに使えばいいってことね?

でも、臭みがあるって書いてあるので、
臭みが気にならない調理法がいいな、と思い
作ったのがこちら↓
2012030201.jpg

絶品イノシシカレー鍋

レシピには入ってなかったけど、
家にあったセリも投入。ついでに御飯もセリ御飯にしちゃった

食べる時にはカレーのおかげでまったく臭みは感じなかったけど
調理する時には結構においが・・・・
匂いにうるさい次男が
「ん!くさい!」と。
何の匂い?ってきくと
「肉の匂い!」と。

おお~、さすが、分かってるね~

長男はぺろりと食べて、更にお代わり。
次男は肉が硬くて食べられない、と断念。

確かに部位によっては固めのところもあったかな。
でも、おいしかった。
翌日は、義父お手製の唐辛子パウダーをかけて食べたら
ピリリとしておいしかった!

とりあえず、今回は塊1つ分で作ったので
後もう一つをどのように調理するか思案中・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。