RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04
25
Category : Masaki&Allo
ずいぶん前の出来事なのですが。

あるお休みの日に表参道に行き、
青山にあるこどもの城に行きました。

インフルエンザが猛威を振るっていた頃だったせいか
結構空いてて、自由に遊べました。

最初は遊具で遊んだり、ブロックをしたりしていましたが
まさきがカプラーのある広場で遊び始めました
2012042501.jpg
カプラーというのは長方形の木の薄い板なのですが
いろんな遊び方ができるようですよ
ホントに実物もシンプルです。

六角形にして組み始めました

2012042502.jpg
だいぶ高くなりました。

2012042503.jpg
もう本人の身長を超えています

ここまで来ると、結構見ごたえがあります。
横を「うわっ、すごい!」といいながら通り過ぎる親子とか。

2012042504.jpg
自分の手の届く範囲を超えてしまいました。
それでも乗せようと頑張る!
う~ん、届かないよう!

2012042505.jpg
やり遂げた~
って感じですかね。

さすがにここまで作ると、「自分が育てた」感がいっぱいです。

当然他の子も近くで遊ぶので壊されないかドキドキ・・・・
主人が「他の子に壊されるところを見るのはつらいから、
他のところで遊んで、帰っちゃおう」と。

頑張って作ったものを壊されてしまうのは、
本人も、親もつらいけれど、
いつかは(早々に)壊されてしまうだろう
でも、それを見たら本人も残念だろうから、って。

幸せな事に、私たちはそれを壊されるところを見ないで
帰ることができました。

無意識なのか、潜在的に分かっているのか
六角形で組み始めた、そこに感動しました。
スポンサーサイト
2012.04
25
Category : 食事公開
我が家で欠かせないインスタント食品といえば
2012042405.jpg
主人の母から教えてもらったうどんの汁の粉。

この1袋を250ccのお湯で溶くだけで
おいしい関西風のおつゆができあがります。
冷凍うどんでもこのおつゆで食べるとおいしいの
粉だからいつも常備してあります

これで作る春の味覚は
2012042406.jpg
たけのこ御飯。

我が家で一番人気のある炊き込みご飯はタケノコ御飯です。

2合なら先ほどのうどんスープの粉を炊飯に必要なお水と、
刻んだたけのこと一緒に入れるだけでおいしいタケノコ御飯になります
タケノコはもちろん、生タケノコを灰汁抜きしたものを使うと
香りが違います。

今回は3合炊きましたが、あっという間になくなりました。

2012042407.jpg
セリ御飯
根菜汁
牛肉とこんにゃくの煮物
鶏肉のトマト煮

個人的にはセリ御飯がすき。

セリは別にサッとゆでて、水にとってから刻んでおきます
御飯は少しの塩とお酒を入れて炊きます
炊き上がったら刻んだセリを御飯と混ぜます

食べるとセリの香りが広がっておいしい。

そろそろ豆ごはんの季節ですね
たべたいな~
2012.04
25
Category : Masaki&Allo
静かにイスに座っているな~と思っていたら
2012042403.jpg
カタログをみていました。
ん?なに??

何のカタログかというと、サン宝石というティーンの女の子に人気の
激安アクセサリーほか雑貨のカタログ。

お友達の子供の誕生日用にネットで注文したら
カタログが送られてくるようになって。

ふと見るとそれを眺めていました。

そして、また別の日の午後。

キッチンで夕食を作っていると・・・・

「ねえねえ、この中で結婚するとしたら、どの子?」
「え~、いない」
「いないの~?ど~しても結婚して、って言われたら、どの子なら結婚する?」
「ん~、この子」
「どうして?」
「うさぎ、飼ってるから。」

リビングのテーブル越しに聞こえてくるこの会話、
小学2年生と幼稚園年少さんの会話。

何をしているのかな~と何気ない振りしてカメラで激写!
2012042404.jpg
ピントずれちゃった。

二人で見ていたのはレゴブロックのカタログでした。

こんな会話を十数年後にも雑誌とか見ながらしてくれるかな?
そんな仲良し兄弟であり続けるといいな、とおもいながら
再び夕食の準備をするのでした。
2012.04
25
Category : 食事公開
春はおいしい食材が山盛りですよね~

先日の夕食
2012042401.jpg
ごはん
豚汁
スタミナ納豆
キャベツと春雨の炒め物
そして・・・茶色いおかずは?

2012042402.jpg
つくしのキンピラ風・・・です

近所の方が「いっぱいつくしが生えているところを見つけちゃった!」と
教えてくれたところに行ってみると
ほんとう~にいっぱい!何百本と生えているつくしを発見!
子供たちとビニール袋いっぱいに取りました。

あんなにたくさんのつくしを見たのは初めてだったから
興奮していっぱい取ったのはいいけど・・・・

さて、これ、どうしよう。
子供たちのほとぼりが冷めたら捨てちゃおう
なんておもっていたのですが。

主人が「これ、甘辛く煮てよ」

え~、だってつくしって苦いんだもん、
リクエストするならぜんぶたべてよね!と言いながら作りました。

灰汁抜きをしっかりしたのと、
疲れ果てて、調理するまでに1日水につけておいたのも
功を奏して、苦味はまったく無いしゃきしゃきした春の香りのキンピラが
できました。

こんなにおいしいなら、またいっぱい取りたいな。

子供たちももりもり食べました~
2012.04
17
Category : 食事公開
潮干狩りでもらったアサリを冷凍してあるので
またあさり料理が楽しめます。

今回は
2012041703.jpg
アサリと青菜のあんかけ焼きそば

にんにく・しょうがのみじんぎりを香りが出るまで炒めて、
豚肉をいれて、色が変わったらアサリを入れる

いつもはアサリの水煮缶を使いますが、今回は冷凍アサリを使いました

水を入れてからオイスターソース・塩・しょうゆ・酒で調味し、
青菜を入れます

青菜は小松菜がおすすめ。火が入ってもしゃきっとした歯ごたえが楽しめます
今回は小松菜がなかったのでほうれん草を使用。
もちろん、ターサイとかチンゲンサイなどでも大丈夫です

青菜に火が入ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけます
これであんは完成!

我が家はあんたっぷりが好きなので
水たっぷりでとろみが少なめな感じですが、
これは好みがあると思います。

焼きそばは、多めの油でバリッとやくとおいしい、
と料理本には書いてありましたが、
我が家はレンジで麺をチンして、やわらかくほぐしてから
アンの中に直接投入して、絡めてから
お皿に盛っています。

我が家は焼きそばといえば、あんかけやきそば、
ソース焼きそばはめったに作りません。
ソース焼きそばもおいしいのにね。

2012.04
17
Category : おでかけ
ちょっと時期はずれてしまったのですが、
お花見に行きました。

が、レジャーシート持って、お弁当持って、というのではなくて
2012041701.jpg
鎌倉
鶴岡八幡宮の参道です

とわちゃんのリハビリも兼ねて、桜の道をお散歩です

急に勢いよく歩き出したとわちゃん、
その先には・・・・
2012041702.jpg
いいにおいがするの~
あたし、これがたべたいの~

鳥皮ホルモンの屋台の前で座り込む。

もちろん、おねだりされても買いません。

全員で鶴岡八幡宮にお参り、といきたいところでしたが
「わんちゃんは本殿には入れません」と。

交代で犬を担当しておまいりしました。
本当はとわちゃんが一番お参り必要な人だったんだけど。

帰りは小町通りを食べ歩きをしながら散策。
花もダンゴも十分楽しんだ鎌倉の一日でした。
2012.04
13
Category : Riku&Towa
やっと、ひと段落しました。
で、やっと、書く気になりました。

2012041201.jpg
あたしのこと。

とわちゃん、2月の中旬にヘルニアを発症しまして。

すぐに病院に駆け込んだのですが、
そのときはヘルニアの程度も1~2の手前、と軽度で
効果的な処置がない、
基本的には安静に、という状態。

が、2~3日で悪化する事もありますよ、
安静にしてよくなっていくか、
症状が進むかは誰にもわからない、という状態でした。

駆け込んだのは救急病院だったので、
翌日、かかりつけの病院に。
前日よりも状態が悪くなっていたので、そのまま入院となりました。

2日後に病院から電話があり、とりあえず状態が安定しているので退院、
数日分の薬をもらって、家で絶対安静になりました。
これが、忘れもしない、2月19日。

絶対安静、ということで、クレートにいれてね、と先生に言われましたが、
クレートに入れる必要なんてまったく無いほどうごかないとわちゃん。

一定時間ごとに、水のところまで連れて行き、
トイレに連れて行き・・・・・
寝るときだけ、クレートで寝る日々が続きました。
トイレはなかなか連れて行っても出なくて、
お外に連れて行ったり、
お庭にしばらく出してみたりしたのですが、
頻度も低いし、かと思えば、
じゅうたんのところで出てしまったり、と
この頃は寒くて天気も悪かったのに
じゅうたんなど大物を洗う羽目になって、
精神的にも一番きつかったかも・・・・・

5日後、病院で再診。
とわを見た先生が
「ずいぶん、ヘルニアの状態が進んでるね・・・・」
滑りながらもなんとか動いていた後足も
まったく動かなくなり、完全に引きずった状態、
後足の筋肉も急激に衰えていました。

先生からその場で手術を勧められ、
翌日、専門医のところを受診&手術の予約をする手配をしてもらいました。

先生が「明日、ちょうど整形の日だから、予約取りますよ、いいですね?」と
聞かれて、
明日はアロ君の幼稚園もあるし、
主人と子供たちは午後から美容院の予約もあるし、
なんだか予定が詰まっているのだけど、
そんなことは言ってられないから、
「ど、どうにかします・・・・」みたいなあいまいな返事をしてしまい、
だいぶ、先生をやきもきさせてしまったようです。
(あとで確認の電話がかかってきたくらい)

車に戻り、主人に電話をしました。
1週間前にヘルニアで入院した時もだいぶ泣いてしまったけど
やっぱり手術となると、動揺してしまい。

もっと、悪くならないように、何かできたんじゃないか、
もっと、早く病院に連れてきたら、何か違ったんじゃないか、
私の努力や、私の配慮が足りなかったんじゃないか、
そんな事ばかり考えてしまいました。

車から病院に戻って、先生にそんな質問をぶつけたい衝動を
とにかく泣く事で抑えていたような気がします。

翌日は、アロくんの幼稚園に行き、
帰ってから、主人に車をバトンタッチして、
午後一番に主人がとわちゃんを病院に連れて行きました。
午後からは来客があったので、
私と子供たちは自宅待機。

午後3時すぎに主人が帰ってきて、
これからCTを撮って、手術をしてよくなりそうなら手術をする事になった、
という話をしました。

結局、手術が始まったのが夜の8時ごろ、
2時間の手術の予定が、予定より早く終わり、1時間30分で終わったそうです。
意識も戻り、大丈夫そうです、という電話が入りました。

翌日、みんなで面会に行きました。
動物病院なのに「事前に連絡いただければ、いつでも面会できますよ」
なんてすごいと思いませんか?

私はちょっと、面会に抵抗があったのですが。
と、いうのも、せっかくおとなしくしているのに
興奮させたらいけないかな、って思って。

結果的には会えて良かったし、とわにとってもよかったみたい。
実は、入院中の出来事や患畜の様子が時間ごとに書いてある紙を
退院時にもらって、それを読んで分かったのですが、
一定時間ごとにきゃんきゃん鳴いて、「構ってコール」を出していたみたい。
私たちが面会に行った時間には
「飼い主様が面会にいらっしゃいました
とてもうれしそうです」と書いてありました。

この翌日から、とわはリハビリを始め、
「特に入口が開くと、おうちに帰りたいのか、一生懸命歩こうとするんですよ!」と
リハビリの先生に言われた時には
おもわず涙が・・・・。

「でも、お散歩には惹かれないらしくて、
『お散歩行く?』って聞いてもしら~っとしてます」というコメントには
笑いましたけど。

手術2日後には退院し、自宅で投薬&リハビリの日々が始まりました。

退院して1週間後くらいまでは、いろいろと動くのに大変そうで
私たちもサポートしていましたが、
1週間を過ぎたあたりから急激によくなり、
自分で、自分の行きたいところまでいけるようになりました。

2週間後の抜糸の時には、お水、ごはん、トイレなど
自宅で必要な移動はストレス無く移動できるようになっていました。

抜糸1週間後から、シャワーとお散歩が解禁になりました。
1ヶ月以上、お散歩に行っていなかったとわちゃん、
最初はゆっくりゆっくり、
近所の一回りを1時間かけて歩くようでした。
それも、途中で疲れて後半は抱っこ。

それでも、またとわとお散歩に行かれる幸せは格別でした。

今までは「お散歩行こう」と言っても
「え~、お留守番してる~」と動かなかったとわですが、
外出できない時間が長かったせいか、
以前よりはお散歩が好きになりました。

が、やっぱりお散歩の準備をしても
まったく動こうとしないんですけど・・・・。
そして、手術から7週間後の今週、診察とリハビリに行きました。

診察したところ、神経の回復は問題なし、
後遺症はないようです!
が、痛めた腰をかばって、背中が曲がった状態が続いています。
これは、筋肉が頑張って頑張って、ぎゅっと内側に引っ張ってしまっているんですって。

姿勢を直して歩き始めるリハビリ、
内側の筋肉をマッサージして、
前足の内側、股関節を緩めるように
ホットパックも効果的、とのこと。

でも、それは筋肉のこわばりからくるもので、
神経や骨格の問題じゃないんだって。
手術から8週間未満でここまで回復するのは上出来、とのことでした。

2012041202.jpg
背中に手術の後、毛も少し生えてきました。
お散歩に行くときはお洋服を着ています。

今でも筋肉のこわばりから、のそのそ歩いて、
お散歩もゆっくり。
それでも、走る事だってできるようになりました。

おうちの中では、ストレス無く、過ごせるようになりました。
私たちの中では、よく頑張ったね、もう十分だね、って。
お散歩は以前よりゆっくりになったけど、
抱っこしたり、ゆっくりあるけばいいだけで、
とわが気持ちよく暮らせるなら、もうじゅうぶんだよね、
って話しています。

そう思えたから、やっと書けました。

とわがヘルニアになって、主人は
「最悪、車椅子になったって、
とわがうちの家族である事には何も変わらないよ」と。

そうだよね、大切なのは、一緒に暮らしている事。
いろんなことがあるけど、
やっぱりみんな、大切な家族です。

ご心配をおかけした方もいますが、
とわ、本人的には幸せそうに暮らしています。
これからも彼女が幸せをたくさん感じていられるように
毎日を過ごしていこうと思っています。


2012.04
11
Category : the others
入園式の2日後の月曜日からアロくんは登園しています。

本人の様子は、というと・・・・
毎日ニコニコ登園しています。

「ぼくは~、**くみなんだよ!」
「ぼくの先生は**先生だよ~」とうれしそうに話してくれます

とりあえず一安心。

笑顔で登園している、となると
次なるハードルは「お弁当」。

年少さんってどんなお弁当だったかな~と
ブログを見返してみることにしました

まず、はじめてのお弁当はこんな感じ
初めてのお弁当

寝違えてしまって、イマイチお弁当にスポットが当たっていないのが残念。

食べる量(入れる量)やら、おにぎりの形やら
食べたいもののリクエストと食べやすさを両立させるための
試行錯誤などに興味のある方は
左端のプロフィールのずっと下のほうに
「2008年5月」のところをクリックすると5月の後半から時間をさかのぼる事ができます

幼稚園時代のお弁当の変化を見たい方は
更に下の「カテゴリー」の「年少のお弁当」をクリックすると
年長~年少(年長からさかのぼる)のお弁当をすべて見ることができます

「年少のお弁当」とカテゴライズしたまま年長になってしまったので
こんな状態ですが、
改めて見直してみると、
意外にお弁当のおかずがバラエティに富んでいることに気づいた

ああ、こんなおかず作っていたな~
ああ、このおかずはベビロテだったな~とか
フルーツを同じお弁当箱に入れるための工夫とか
いろんなことが詰まっていました。

3年間、頑張ったんだな、と改めて感心。

なんちゃって。

1ヶ月もすれば、お弁当作りにも慣れてくるかな。

お弁当の写真を撮って載せていた時は
こんなの、だれが喜んで読むんだろうと心の中で思っていたけど、
今、改めて見ると、残してよかった、と思ったので
今回も、お弁当の写真撮るぞ~!

みなさん、また、3年間、お付き合いください。
2012.04
10
Category : 食事公開
日中は暖かくなりましたね~
今日なんて20℃を超えていたんですって。

日中の気温が上がると元気になる人が・・・・
2012040902.jpg
半休眠状態だった冬を越え、
今年も活動開始です。

夏は庭で生活するのですが、
今はまだ、夜温が下がるので
日中のみベランダで活動し、
朝晩は室内のケージに入ります。

普段はまったく手がかからないペットですが、
春先は一番手がかかる時期かもしれません。
気温が高いのに室内に入れておくと
「出してくれ~」とガリガリうるさいし。

そして、こちらも春ならでは。
2012040901.jpg
ボンゴレビアンコ。

主人の母が、潮干狩りで採ってきたアサリで作りました。

身は小さめですが、出汁がしっかりでて、おいしかったです。
ごちそうさま~!
2012.04
09
Category : Masaki&Allo
早いものですね・・・・

次男の幼稚園入園式に参加してきました。

3月の中旬から、プレ幼稚園も週4日に増え、
日々、クラスのメンバーが変わったり、
慣らし保育で他の教室に行ったりしていたので
「いつもと違う」日々に不安定になっていたアロくん。

後半は「幼稚園、行きたくない」
「幼稚園、お休みする」
「今日は幼稚園の日?」といい、
幼稚園までは普通に行くのに、教室に入る時に
「うるっ」と泣いたり、涙をこらえる姿がみられたり、
最後数日は泣いてしまって、お教室に入るまでに時間がかかったり。

まさきは小さい時から保育園に行っていて、
もちろん、泣いたりした事もあったけれど
仕事だったから、そんな事に構っていられる余裕も無かったし、
本人も「保育園より幼稚園がいい。だってママが早く帰ってくるから。」
と言っていたので、幼稚園に行きたくない、と泣いた事は
ほとんどなかった気がする。

一方、アロくんは1歳児クラスの最初に、
母子分離ができずに泣いたけれど、
抱っこをしない、と決めてからは
幼稚園に行く時に泣いたり、
「行きたくない」といった事は一回も無かった。

いや、むしろ、
「今日は幼稚園の日?今日は幼稚園、行っていいの?」と質問され
「今日は幼稚園、お休みだよ」というと
「ええ~、行きたかった~」というほどの幼稚園好き。

2年間で、初めて「幼稚園、行きたくない」と泣いたのだ。

ん~、こりゃあ、どうしたらいいかなあ、と
思っていたのですが、結局そのまま幼稚園は終わってしまい、
春休みに入ってしまいました。

春休みに入っても
「幼稚園、行きたくない」
「年少さんになりたくない」と言っていたので
このままだと入園式は泣いちゃうかな、と心配していました。

プレ幼稚園の終了日に3学期のお仕事を持ち帰ってきたので
春休み中にそれをすべて整理してスクラップブックに貼る作業をしました。

そしたら、アロ君は本当にお仕事を一生懸命やっていて、
こんなに細かい作業を、毎日一生懸命やっていたんだなあ、と
思い、お教室でお仕事に向かうアロ君の姿が目に浮かびました。

お仕事をすべて整理できた後、アロ君に言いました。

「アロ君、ママ、プレでのお仕事、全部見せてもらったよ
すごく、すごく、頑張ったんだね。
すごく頑張ったから、アロ君も疲れちゃったのかもしれないね、
だから、年少さんは、もし行きたくなかったら、行かなくてもいいよ、
ママは、プレの頑張ったお仕事だけで、十分だと思うよ。」

お仕事を整理して、本当に頑張っていたことを知っていたから
本当に、もう十分、行きたくないのに行かなくてもいいや、と
思えました。

そのときの返事は「うん」だけでしたが、
入園式が近づいてきて、
「もうすぐ入園式だね、アロ君、どうする?行く?行かない?
行きたくなければ行かなくてもいいんだよ」というと
「行く!」と答えるようになっていました。

まあ、「いかなくてもいい」と言われれば
行きたくなるのが人の常、
行く、といったからと言って、本当に行きたいのか、
言って泣かないのか、というのは分からない。

クラス分けのことやら、ヘンな緊張やら、
アロくんの心配やら、で2週間ほど肩こりと頭痛が取れませんでした。

そして迎えた当日・・・・・
2012040801.jpg
この笑顔です!

クラスに行った時も、先生に挨拶し、すっと教室に入っていくことができて、
入場の時はこの笑顔。
ほっと一安心です。

環境の変化もあるし、
私の気持ちの揺れもきっと伝わっていたのだと思いますが、
私が「行きたくなければ行かなくていい」と気持ちが決まった時点で、
彼も落ち着いてきたのかもしれません。
ま、それでも入園式前日まで
「これで大丈夫か、これで幼稚園でやっていけるのか」と不安になり
ピリピリ怒っちゃったんですけどね。。。。

それでも入園式は特別な日。

これから始まる毎日が同じように笑顔で登園できるというものでもないでしょう。

それでも、彼の気持ちに寄り添って、
毎日を過ごしていきたいと思います。

世間体や、固定概念や、子供の評価=親の評価という考え方に
振り回されずに、
自分と、子供の気持ちを大切にできたらいいな、
と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。