RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10
12
Category : Plants
先日、私の両親の結婚記念日だったので
寄せ鉢を送りました。

毎年そんなことをしているわけじゃなくて(するべきだろうが。)
ちょうどダリアの鉢物を見に行ったときに
「ああ、そういえば結婚記念日だなあ」って思い出して
注文したんです

でもそのときは植物がまだなくて鉢だけ決めて
予算を伝えて、
「じゃあ、あとはお任せでお願いします」ってことにしました。
私が安心して「お任せで」っていえるほど大好きな花屋さん。

届いたものはこちら↓
http://yaplog.jp/migidai5426/archive/113

どうです・・・・・・?
いや、わたし、びっくりしました・・・・
これを作って送るのって勇気がいったんじゃないだろうか?
っていうかその前に、私の母は気に入ってくれたのか??

ブログ上で確認したところ、
とても気に入ってくれたようで
「このお店、行ってみたい!」というほど。
はあ、良かった。

あ、勘違いしないでくださいね
私は大好きです、もうこのセンス、抜群だと思うけど
他の人が受け入れてくれるのか?は疑問です。

今日、仕事帰りにこの花屋によって、お金を払ったのですが
そのときの会話・・・・・

花屋「あ、黒いヒューケラと黒竜・・・・」
私「あ、見ました。母のブログにアップしてもらったんで。」
花屋「そうでしたか~どうでした?」
私「いやあ、びっくりしました。
  よくあんなの、贈れるな、と思って・・・・・」
花屋「ええっ、どういう意味ですか?

そりゃあびっくりするよね、こんなこといわれたら・・・・

その後、ちゃんと説明したら分かってくれましたが
知らない人に、この寄せ鉢を贈る勇気にびっくりしたんです、私。
まあ、そこそこマニアックな花でも大丈夫だろうと思ったけど
この寄せ鉢はすごいですよ、飛びぬけてる。
見る人がみたら「なにこれ?」ってなりかねない。

花屋さんも
「ああ、黒い花をいれて送ったら、腐ってる!っていわれたり」
なんて言っていました。

私はこの花屋のセンスが大好きだし、
人に花を送るならここの花!って決めているけど
やっぱりセンスがよすぎて不安になることも多い。
「大丈夫?分かってくれる?喜んでくれる?」って。

もちろん花束をもらうって行為自体がスペシャルなことだし
みんな喜んでくれるけど
まさか本人目の前にして「なにこれ?」とは
いわないしねぇ。

花屋さんが言っていました。
「私も不安はありますし、
イヤだなあ、って思いながら普通の花束作っています。
そのほうが確実に喜ばれるし。」
そうですよね、自分の好きな花が相手の好きな花と
同じではないし、
相手が喜ばなかったら、何の意味もないもの。

でも、ちょっと安心しました。
あんなに自分の趣味を貫いた花屋をしている彼女も
不安になったり、イヤだと思いながら
趣味に合わない花束を作っているなんて。
同じ人間なんだなあ、って。

でも、私、自分のおばさんに聞いたことがあるんです。
ここの花束を持っていったときに
「こんな花束でよかった?」って。

そしたら
「とっても素敵だわ!
自分では買えないし、どこに行ってどんな風に注文したら
こんな花束になるかわからないから
自分では頼めないけど、でもとても素敵だと思う」と言ってくれました。
私の周りは花の知識がある人や
趣味が近い人が多いから
比較的安心していられるけど
普通の人はどうなんだろう?って不安だったの。

でも比較的多くの人が素敵だと思ってくれるんだ、と
安心したことをそのお花屋さんに話しました。

なんとなく心の奥底が通じ合った日でした。

そうそう、わすれてた。
そのお店で売っていた、思わず欲しくなる一品
101301.jpg

カエルのホースリール

どう?欲しいでしょ?
私も欲しい~!
でもウチの庭にはもう既にホースリールがあるのだ!
いらない~!だけど欲しい~!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

あぁ~ 読んでて「うんうん、分かる」とうなずいてしまいました。
確かに・・・すごいわ、この寄せ植えをお祝いとして送った花屋さん!!(驚)お祝い⇒明るい色の花に下草はアイビー斑入りって感じよね。りくママの注文だから安心して作ったんだろう。
きっと彼女にとってはりくママみたいなお客さんが来てくれて注文してくれるとすごく嬉しいし楽しいお仕事ができるんでろうな~・・・でもそういう花屋さんにはそれに合ったお客さんが集まると思うよ~。自分のお店なんだよね??でもま~現実的には自分が作りたいものと客に満足してもらえるものとのギャップを感じながら仕事するってのは、お店を経営する上ではしかたないのかな・・・お客が存在するサービス業はみなそうだよね。。。
あぁ~なんかまた花屋やりたくなってきた~!(笑)

>ツインズママ
たしかにね、思いきりマニアックに作ってくださいますもの。
いちおう、自分の母だし、そこそこ分かってくれるとは思って
「大丈夫だと思います」とは言ったけど
今回のは飛びぬけてマニアックじゃありません??
いやはや、勇気あるな、と。

今回のことがあって、私も彼女に
「でも、ここのお店なら分かってくれる人がくるでしょう?」といったら
「でも贈る先のことはわかりませんし」と言ってた。
ま、そりゃそうだ。
でも、日本にはこういう店が少なすぎるとおもうの。
特に郊外には。やっていけないんだろうな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。