RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12
25
Category : the others
今朝の朝日新聞でこんなHPが掲載されていました

東京都こども医療ガイド↓
http://www.guide.metro.tokyo.jp/

私が子供を持つ母親と話していて多く聞かれる意見なのですが
「病院に行った方がいいのかどうか、迷う!」

もちろん診療時間内で、時間に都合がつけば「行こう!」ってことになるのですが
診療時間外の夕方から夜にかけて、とか
休日だったりすると
「ど・・・・・どうしようっ!」って悩みがち。

誰から見てもヤバイって時は、迷いもないけど
(もちろんそんな状態がない方がいいけど)
「子供は苦しそう、何とかしてあげたいけど、
救急車をよぶのも大げさだし・・・・
でも、このままどんどんひどくなっちゃったらどうしようっっ!」
って迷うとき、ありますよね?

んで、なんか教えてくれるかも、っておもって
救急医療センターみたいなところに電話すると
「心配だったら、来てください」とか言われる。

ま、向こうも「そのくらい大丈夫ですよ」といって
状態が急変しても困るから、大丈夫とは言えないんだろうけど
そうじゃないんだよね。

必要なのは
「緊急に病院に行く必要があるのか、それとも家で様子を見た方がいいのか?」
ってことが知りたいんだよね。
緊急に病院に行く必要がないのに
病気の子供を外に連れ出したくはないんだし、
そこで病気もらってきそうで嫌だし。

横浜市には医療従事者がそれらの相談に答えてくれる専用電話があります。
使ったことないけど、すっごいいいサービスだと思う!

んで、この東京都のHPの方には
気になる症状を選んで、そこからいくつかの質問に答えていくと
緊急に病院に行った方がいいのか、
診療時間になったら病院に行った方がいいのか
様子を見て、変化があったら病院に行くのか、を判断してくれるらしい。

ちょっとやってみたけど、なかなかよかったよ。

その他にも予防接種の受け方とか、
子供の発育発達のこととか、いろいろ載っていて
おもしろい。
ちなみに私は「2歳の反抗期」について調べちゃった。

いや、困っているわけじゃないんですよ。
どっちかっていうと心配してる。

彼はもともと自分の意見をしっかり持っている子で
ホント、自分の意思にそぐわないことは
絶対にイヤー!って子でした。
しかもなんでも自分でやりたがる子で。
ドロドロ離乳食の頃からスプーン持って、自分で食べてた。
いや、現実的には無理なのですべて落として口の周りになでつけて。

私がスプーンを口に運んで「あーん」なんてしたって
絶対に食べない子だった。
手づかみでも自分で食べるっ!って感じでした。
そのお陰で今では自分一人で上手に食べます。
楽チンでありがたいですけどね。

自分の意思にそぐわないことは絶対に嫌、
だけど、話して納得すれば、機嫌良く何でもする子でした。
もともと精神的に大人っぽいのです。

赤ちゃんの頃からそんな子だったので
「魔の2才児」はどうなることやら、と思って覚悟をしていたのですが。

全然、ないんですよ、そういうことが。
もちろん嫌だ~!って泣き叫んだり、
イヤってなったらなんでもかんでもイヤッ!ってなることもあるけど
基本的には話せば分かる、妥協案も受け入れてくれるので
あんまり「魔の2才児」って気がしない。

それとも昔から魔の2才児だったので
親の方が対応に慣れたのか??

でも、心配なのは
2歳はまだあと9ヶ月も残ってるってこと。
すご~いのが来たらどうしよう・・・・・
遅いだけに手がつけられなかったりしてね。
個人差があるのでまったく予想がつきませんね。

パパは
「無意識にいい子でいることを強要しちゃっているのかなあ?」
と心配していました。
う~ん、子供は親の気持ちに敏感だからねえ。
その可能性も捨てきれず。

しかし、彼はホントに穏やかで優しい。
どうしてこの激しい両親から
こんな性格の子が産まれるんでしょうね?
↑この台詞、だれに言っても「ホントだよね~」って同感されます(涙)

不思議ですわ。
やっぱり家庭に一人はこういう穏やかな子がいないと
家庭崩壊しちゃうからでしょうか?

はっ!緊急時の対応の話だったのに全然違う話になっちゃった!
とにかく?お気に入りに入れておいて損はないのでは?ってHPの紹介でした
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。