RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01
19
Category : the others
みなさん、災害にあったときの備え、していますか?
「ぜ~んぜん!」って人はもちろん、
「防災セット買ったから、バッチリ!」って人も
ちょっと一緒に考えてみてください、
その備えで大丈夫ですか??

私が防災用品に関心を持ったのは
まさきが産まれて1ヶ月後にあって新潟中越地震がきっかけでした。
テレビに映し出された映像、道路に白い文字で
「オムツ、ミルク、SOS」・・・・・・今でも忘れられません。

あの時、もし自分が被災していたら・・・・・
この赤ちゃんを抱えて自分はどうするんだろう?
そう思うとぞっとしました。
大人だけであれば数日は我慢できる。
でも、赤ちゃんは??
寒いところにいたら、死ぬことだってある。
オムツがないからおしっこするな、なんて言えない。
子供に非常事態だから、なんて関係ないことだし。
最低限の準備をすることは親のつとめだな、と思いました。
そして、何も準備をしないままで被災したら、
私は自分を責めることでしょうし。

ま、私も「防災セット、かわなくちゃ」くらいに思っていたのですが
その後、あんどうりすさんの
「ママのためのほんとうに役立つ防災講座」を受けて
あんどうりすさんのブログはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/risurisurisu/
さらに防災への備え熱が上昇!
その上、偶然買った「すくすく子育て」の本に子供がいる場合の
備え特集をしていたので
真剣になって研究しました。

今思えば、このときはそういう時期だったんだなあ、って。
次から次へとそんな情報が飛び込んできて、
コレがなければ私は未だに防災の備えなんてしてなかったはず。

でも、あんどうりすさんの講座をうけて、
「非常持ち出し袋を用意するだけじゃダメなんだ!」と知り、
それから防災グッズを1年かけて揃えました。

揃え始めたときはまだ、まさきが離乳食の真っ最中だったので
その時期に合った段階のBFを購入し、
期限が切れたり、離乳の段階を進める頃に
新しく買い直して、出したものは旅行や外出時に食べていました。

うどんやおじやなど炭水化物を中心に用意しました。
また、被災のショックで母乳が出なくなってしまうことも考えて
粉ミルクや粉末のジュースも用意しました。

1歳を過ぎて粉ミルクは使わないまま不要になってしまいましたが
それでもその備えは無駄にならなかった、と思います。

さて、離乳食も終わった今は、1年に2回ほど
中身の入れ替えをするだけになりましたが、
どんなものを用意しているのか紹介します。
もしこれから揃えようと思うのであれば
参考にしてくださいね。


まずは「非常持ち出し袋」

通常の銀色のバックではありません。
私のはこんな感じ
deut.jpg

登山用のリュックです。
写真のものとはちょっと違うのですが、大好きなオレンジにしました。
家族でハイキングに行ったりするときにはコレを使います。
普段から使って、体になじませたほうがよりよいのです。
あんどうりすさんはママバックとしてリュックを持ち歩いているのですが
わたしはそういうスタイルではないので・・・・・

そこそこの値段なのですが、
重い荷物を子供連れで移動することを考えると
少しでも体の負担が少ない方がいいですね。
これは登山用なのでクッションもしっかりしているし、
体にフィットする構造になっています。

銀色のバックは火には強いのですが
とても破れやすいそうです。
火に強い、という機能を発揮する前に
人間は煙で倒れちゃったりしますし、破れたらどうしようもないもんで。
年に数回くらいは使いそうな私は買って損はないかな、という感じです。

ちなみにコレ、2気室になっています。
2気室とはバックの中が上下2つに分けることができるヤツ。
その仕切りはチャックなので、それをはずせば1気室として使えます。

そして次は中身ですが・・・・・

「エマージェンシーコール」
call.jpg

http://kojitusanso.com/sh_03.asp?middle_idx=142&small_idx=&item_idx=1725

名称は「ハイマウントイーコール」
登山時に遭難したときに使うものです
かなり軽い力で吹くことが出来ます。
使わない方がいいに決まってる、でもコレで命が助かるなら
安いものですね。

「食料」
*アルファ化米 白米12食、おかゆ・おこわ等5食

白米の方は「らでぃっしゅぼーや」で12食セットで購入。
中越地震の時に被災したお米の生産者の人が
痛切に非常食用のごはんの必要性を感じで作ったものだそう。
パックのまま水・お湯につけると食べられるようになります。

おかゆ・おこわの方はアウトドア用のもので
アルミパックにお湯を注げば食べられるもの。
おとなもこどもも非常事態は食が進まないので
おかゆのようなのどの通りがいいものが欲しいですね。

*レトルトパウチ
カレー・ハヤシライスなどのレトルトはごはんがすすむし、
温めるだけ、と非常事態向き。
洗い物が少なくて済むのもいいですね。
このほか、中華丼や親子丼などのレトルトも○。
箱はかさばるので中身だけにして鞄にしまいます。
非常食用ではないので賞味期限が早いですが
平日のお昼ごはんなんかでも手軽に食べてしまいましょう。

*カロリーメイトなどブロック状の食品
非常食用に賞味期限が長い(5年くらい)のものもありますが
普通のものでもこまめに入れ替えれば十分です。
ウチは両方準備してあります。
のどが渇くのが難点ですが、
炊き出しに甘いものやおやつはあり得ないし、
簡単に口に入れられて栄養面も合格!
チョコ味やフルーツ味なら子供のおやつにもなります。

*カンパン
・・・・・といっても「乾パン」じゃありません。
「缶パン」です。
http://item.rakuten.co.jp/bousaikan/423002/
非常用缶入り焼きたてパン!
大人でも食べづらい乾パン、子供がたべるワケがありません。
ましてや幼児食の子供なんて!
黒豆入り、レーズン入り、バナナ味、イチゴミルク味、
いろんな味のものが出ています。
賞味期限が切れそうなものはおやつや、
公園に行ったときに食べてしまいましょう。

ネットでも買えますし、
防災の日が近づくとスーパーやホームセンターなどでも売っています。

*おかし
私もまだこれは入れていません。
もうちょっと大きくなったら飴やガムなど悪くならないものを入れたいのですが
今、大好きなおやつは「せんべい」
それは入れられないっすよ・・・・・
でも、大人も子供も疲れたときには甘いもの、欲しくなります。
小さくてもいいから飴、入れておきたいですね。

それからおやつじゃないけど
お茶のティーパックと、インスタントカフェオレ。
温かい飲み物で体を温めたい、と用意。

*水
2リットルペットボトルを6本用意しました。
さすがに鞄に入れられないので
納戸においてありますが。
ウチは戸建てなのでとりあえず家においてあれば
なんとかなります。
マンション等の場合は調査が終わるまで家に戻れない可能性があるので
コロコロ付きのキャリーに積んでおくといいそうです。

それから水運搬用のポリタンク。
水道が止まったときは給水所まで水をもらいに行くのでそのために。
ああ、やっぱりコロコロ付きキャリーが必要かも。
その他、ペットボトル型の浄水器なんかも売っています。
コレも欲しいなあ、なんて思っているところ。

私は入れていないけど、インスタントラーメン、ってのもアリかも。
でもかさばるし、普段食べないので・・・・・好きな人はいいかも。

「食器等」
*鍋
キャンプ用のコッヘルです。
loadImageP.jpg

http://kojitusanso.com/sh_03.asp?middle_idx=55&small_idx=&item_idx=6406
やっぱりお湯が欲しい、何をするにも。
ミルクを作るにも、ごはんを温めるにも。
入れ子になってかさばらないし、何より軽い。
やっぱりこの辺はアウトドア用品にはかなわない!

お皿やコップは100円ショップで紙のものを購入。
フォークとスプーンも使い捨てを100円ショップで。
貴重な水なので洗い物を少なくすることも大切。
お皿を汚さないために、ラップを敷いて使う、ってのもあるらしい。

*コンロ
ものすごく簡易的なものしか用意していません。
とりあえずお湯が沸けばいいか、くらいの。
ガソリンの方がいいんですけどね・・・・・
自宅にカセットボンベを使用するカセットコンロを
用意しておくのもいいらしいです。
ただし、戸建ての人のみ、ですが。
カセットコンロ、買おうかな~って思っていたりします。
カセットコンロはお鍋など日常生活でも使うしね。

ここまで見てくると、ものすごくアウトドア用品がでてくるのに
気がつきましたか?
結局、災害時は、電気もガスも水道もない、
アウトドアライフ、そのものなんです。
電気もガスも水道もないところで数日生活する、
そして、すべてを持ち運ぶ・・・・・この辺はまさにアウトドアと一緒。
軽くて機能的なら使わないと損ですね!

家庭で防災訓練はしないけど、
アウトドアライフをしながら災害時の準備をするのもいいですね~
ウチは男の子だし、キャンプなんかもいいかな、
っておもいます。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。