RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01
22
Category : Masaki&Allo
ご心配をおかけしました(?)怪獣の様子ですが、
先々週の土曜にイチゴ狩りに出かけてから
急に落ち着きました。
それからはたま~に「ぎゃ~!」ってなるものの
以前のようなことはほとんどなくて。
なんだったんでしょ、あれは?って感じです。

先週は保育園も普通に登園。
水曜日から咳が出始めたのですが、
木曜日に二子玉川のバーゲンにいって、
金曜日に咳+鼻水・・・・・
お風呂はやめて様子を見ていたのですが
寝るときも咳が出ていましたが、9時前に就寝。

土・日にはだいぶ良くなり、
昨日からお風呂も入りました。
今回は鼻と咳の風邪でしたが、
熱を出すこともなく、薬も飲まずに治っていきました!
これも鍼灸のお陰?だといいんだけどねぇ・・・・・

一応、咳がひどいときにはヴェポラップをぬったり、
ヨーグルトにエルダーフラワーシロップを混ぜたり、
といろいろ試みているんですけど、
病院に行こうかどうしようか迷っているウチに
改善してきたので、ま、いいか、ってことに。

そうそう、風邪をひいて病院に行くと、
だいたい、どこの小児科でも処方されるのが
「鼻水をさらさらにする薬」と「抗生物質」。

この抗生物質、「風邪には効かない」ってご存じでした?
風邪は体内にウィルスが入って起こるのですが、
抗生物質は菌に対して効果がある薬で、
ウィルスには効果がないんですよ。

じゃあなんで処方されるのか?
肺炎になったときのため、です。
肺炎は肺に菌が繁殖しておこるので抗生物質が効くんですね。
それから中耳炎の場合にも抗生物質が有効です。

でも、普通の風邪の場合、抗生物質はただの「予防線」なだけで
実際、抗生物質が効いて、風邪が良くなっているワケじゃないんですよ。
でも、ほとんどの病院で処方されますね。

私は薬屋さんで薬をもらうときに必ず聞くことは
「この中に抗生物質は入っていますか?」
薬の効果の説明はしてくれるけど、
抗生物質なのかどうかは教えてくれないので。

で、普通の風邪の場合、抗生物質は処方されても服用しません。
風邪をひいて、その度に「予防」として抗生物質を
服用していると、
菌が「抗生物質耐性」を獲得してしまい、
いざ、抗生物質の出番!ってときに効かなくなってしまうのです。

まあ、抗生物質の出番って、肺炎とか、中耳炎とかなので
出番がない方がいいのですが、
でも、その時に効果がないようでは困ります。

もちろん、耐性獲得を阻止するためには
同じ抗生物質を飲み続けないこと、
すなわち、風邪をひくたびに抗生物質の種類を変えればいいのですが、
普通の小児科はそんなこと気にして処方してくれません。

それらのことを考えて、
私は「普通の風邪では抗生物質を飲ませない」ことを選択しています。
抗生物質が悪い、と言っているのではなくて、
「必要なときにちゃんと効果があるように」
そういう選択をしています。
もちろん、抗生物質以外の対処薬は飲ませますし。

なんでこんな事を考えたかというと、
まさきが1歳前の時に、中耳炎を患ったのです。
急性中耳炎だったのですが、それが全然治らなくて。

そのころすでに保育園に行っていたのですが、
突然耳だれがでて、病院に行きました。
で、「中耳炎ですね」っていわれて。
急性中耳炎って高熱も出るし、とても痛いので
夜、たくさん泣いてかわいそうで。
もちろん、保育園も仕事もお休みせざるを得なくて。

数日すると良くなって
病院でも「良くなってきたから、また3日後に来てください」
といわれて、よかった~と思って
月曜あたりから登園すると、
だいたい水曜あたりに再び発熱。
で、再び耳鼻科に行くと
「また悪くなっちゃったねえ・・・・・」

これを何回も繰り返したんです。
仕事はいけないし、子供もかわいそうだし。
この時はホントに仕事辞めようかと真剣に思いました。

その時の私は
発熱+中耳炎になる
  ↓
仕事を休んで病院に行く
  ↓
少し良くなる
  ↓
仕事が溜まっているので完治する前に登園させる
  ↓
悪化して発熱
・・・・・・私が仕事しているから治らないんだ、
完治するまでずっと家にいれば治るのかもしれないのに!
と真剣に思っていました。

今考えれば、中耳炎ってそんなモンで、
どんなにしたって、少し良くなったり、悪化したり、
を繰り返して、1ヶ月くらいかけて完治するものだから
まあ、そんなに真剣に悩まなくても良かったんだけど。
(もちろん保育園に行かない方がより早くは治るんだろうけど)

仕事を辞めることも考えつつ、
「どうしたら治るのか?」を日々研究していたわけです。

まずは定期的に薬を飲ませることが必須だと知って
保育園でも薬を飲ませてもらえるようお願いしました。
原則的に0才児の薬は服用させないと決まっていたのですが
耳鼻科の先生に連絡してもらって「どうしても!」と
特例的に服用させてもらえるようにしました。

その他に、1日2回の薬に変えてもらう、っていう方法もあります。

そして、状態にかかわらず、2日に一度は通院。
仕事を早退、散歩もそっちのけで病院通いをしました・・・・・

それでもダメだったので
「コレを繰り返してもいつまでも治らない!」とおもい、
上司に「完治するまで仕事を休みます!」と宣言。
それでもなかなか良くならない・・・・・・

耳鼻科の先生にも
「なかなか治らないねえ。最近は耐性がついているのもあるしなあ」
と言われて。
薬局にあった「なかなか治らない中耳炎の実情」って記事を読んだりして
「抗生物質耐性菌」の存在を知ったわけです。

結局まさきの中耳炎はほぼ1ヶ月で治ったので
まあ、平均的?なものだったし、
それ以降、一度も中耳炎は再発していませんが、
抗生物質というものについて考えるようになったのです。

今は鍼灸と普通の小児科の両方を使って
本人が苦しくない程度に薬を使いつつ、
自己免疫力を上げる!ということを目標にしています。

ただ、処方されたものを鵜呑みにするのではなくて
知識を基に自分で判断、取捨選択することも大切ではないのでしょうか?
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。