RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01
26
Category : Riku&Towa
昨日、自宅にドックトレーナーさんに来てもらいました。
ゆっくり話をしたかったので
まさきには保育園に行ってもらって(ごめんなさいっ!)
それから朝の散歩を済ませて、
家を片づけて、買い物を済ませて、
13:00からトレーニングだ、
なんて思いながら、朝の散歩から帰ってみると・・・・・

自宅前に赤いゴルフが。
ウチの数軒先に赤いゴルフを持っている方が住んでいるので
その人かな?なんて思っていたら
「ドックシグナルの小川です~」
http://www.dogsignal.com/index.htm


私、すっかり13時からだと思いこんでいたんですが、
10時から、だったんです~
しかも10時ギリギリ!
あ~、すっかり勘違い!
もうひたすら謝りました・・・・・・
でもお待たせしないで良かったわ・・・・・・

家もぐちゃぐちゃのままですが
さっそくお話しをさせてもらいました。

まずはりくのことから。
りくの両親のこと、兄弟犬のこと、この子を選んだ理由、
食事について、お散歩のこと、寝るときのこと、去勢、
いろんな事を話しました。
そして、同じようにとわのことも。
それぞれに困っていることなども。

りくについて困っていることは
*物音で吠える
*ピンポン・来客に吠える
*急に後ろから腰を触ると噛もうとする

とわについては困っていることではなくて
ほとんどはパピートレーニングですが
*お散歩中に吠える
*パピートレーニング
*とびつき
*りくととわの関係
等の話をしました。

トレーナーさんの見解だと
りく→神経質、頭がいい、本当は守られたいのに「守らなくちゃ!」って思っている
とわ→比較的怖がり(社会化不足)、天真爛漫
という感じに。

とわについてはこれからパピートレーニングと
社会化を進めていけばいいのですが、
りくに関してはもう4歳なのでやはり少し時間がかかる、とのこと
でも、飼い主さんの対応が変われば
きっと二人とも変わりますよ!
との言葉をいただいて、頑張ってみることにしました。

その他にも部屋の環境、
例えば、トイレの場所とか、フローリング対策などや
それぞれの骨格の事なども指摘してもらいました。
特にとわはまだ子犬だし、
もともと左後脚が弱いみたいで
なんとなくかばっている感じ、だそう。
これが全力疾走などして、はずれたりすると
筋肉がつかないから、ということで
できるだけ全力疾走させないほうがいいらしい。
といったところで、あのおてんば娘を抑えることなんて出来ませんが
できるだけ注意していきたいところ。

お話しが一段落して、そこからは
お座り、フセのトレーニング。

「おすわり、フセはできますか?」と聞かれて
「りくはできるけど、とわはまだ」と答えたら
「じゃあ、りくくんから行きましょう」

「りく、おすわり。ふせ。」と声をかけると
難なくクリア。
「じゃあ、フセからおすわりができますか?」

「・・・・・・・・・え?そんなことやったことないけど・・・・・」
フセをしているりくに
「りく、おすわり。」
「・・・・・・・・・・・」案の定、出来ない。

「これだと、本当にコマンドの意味を理解しているわけではないんですよ」
・・・・・・確かにね。
りくは「こうすればいいんだろう」と予測して
お座りをして、その後フセをしていただけ、ということ。
本当に「おすわり」の意味を理解していれば
フセからだって、お座りの姿勢に変更できるはずだもの。

そこでりくもおやつをつかって
「おすわり、フセ」のトレーニング。
まずはトレーナーさんがやってくれるのだけど
りくは警戒心が強くてなかなかフセができない。
なので、つぎはとわりん☆。

とわも警戒していたけど、
なんとかフセまで出来ました。
その後、私がトレーニングに挑戦。

どんな事をしたのか書いた方がいいんだろうけど
(やってみたい人、いる?)
文章じゃうまく伝えられないのでやめておきます。
ただやればいい、ってもんじゃなくて
姿勢やジェスチャー、タイミングなど細かなところに
ポイントがあって、なかなかうまくいかない。

それでもトレーナーさんは
どんな風にしたらいいのか、ということも
「そうじゃない」とか「ココがダメ」などの言い方はしないで
「例えば、あなたが言語の分からない国に行ったときに・・・・」など
たとえ話をして、
とてもわかりやすく、そして実感できるように話してくれる。
さすがプロだなあ・・・・・
決して、「そうじゃなくて~」とか言わないの。
そしてうまくできたときはすかさず褒める←飼い主を。
・・・・・・犬も人も一緒ですね、褒めて育てる。

トレーニングを続けていたらとわがおしっこしたいそぶりを見せたので
とわをトイレに入れて、そのままトイレトレーニングの話に。

話をしながらもりくが神経質に吠えるのをどう対応していくのか?
りく&とわの飛びつきの対応をどうしていくのか、
話しながらどんどん対応を教えてくれて
みるみるうちに飛びつきは改善。
トレーニングが終わった頃にはすっかり誰も飛びつかなくなっていました。

とりあえず課せられた課題は
おすわり、フセのトレーニングと
ハウス・トイレから出るときの「マテ」の3つ。

もちろんその他にもりくへの対応やとわの社会化など
いろいろやること、改善することもあるけど
まずはトレーニングを頑張っていこうと思います。

その後、とわのおしっこ&うんちは成功率100%!です。
もちろん、こちらからトイレに連れて行くこともありますが、
自分でトイレまで行って成功することも既に2回成功です!


りくの無駄(?)吠え(ちょっとこれ以外に表現できる言葉がなくて・・・・)
も今のところ、ほとんどない状況です。
あ、昨日宅急便が届いたときと
朝、トラックが通過したときには吠えていましたが。
それ以外は「ウフッ」くらいでおさまっています。

今までも犬達のことを「見ていたつもり」でしたが、
昨日からは「予測しながら見る」ということを意識的にするようになってから
犬達の行動が違って見えるようになりました。

お話しの中でトレーナーさんに言われた
「悪いところを減らしていくのではなくて、
いいところを増やしていく」という言葉、
目からウロコの発想でした。
そう、ホントに、「ダメ!」は言えるけど
「なにが○なのか」を伝えることがなかったんですね。
りくもとわもいっぱい褒めていっぱいいいところをのばしてあげたいと
思います。

特にりくはやはり分離不安だそうで、
それぞれ自立しないと、いつも神経をとがらせて
安心できない、ということになっているみたい。
本当はりくが私を守るんじゃなくて
私がりくを守ってあげる、
りくも守ってもらえると思えば、
もっと楽に幸せに暮らせるはずなのに。

今までりくには私たちの対応のせいで
いっぱい辛い思いをさせてしまったなあ、と
改めて感じました。
自分たちは可愛がっていたつもりでも
彼にはストレスになったり、辛かったりしたんだ、
どうしてもっと早くこういうトレーニングを受けなかったんだろうか
と反省とりくに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今更そんなことを思っても仕方ないのですが・・・・・。

昨日、教わったこと、どこまで実践できるか、わかりません。
だいぶ長時間話し続けたので
わすれてしまったことも結構あって・・・・・。
でも出来る限りの努力をしたいと思っています

トレーニングの様子や変化など、
これから報告していきたいと思っています。

トレーニングを受けて疲れたのか、
それともトレーニングの結果で少し安心して眠れるようになったのか
二人ともぐっすり寝ていました。
012504.jpg

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

私も早速やってみました。
フセからオスワリ。
案の定できませんでした。。。。。
っていうか、ウチのワンコ、年々ワガママになっていってるんですよ。
きっと私(飼い主)が悪いんですよね。
りくママさんのブログで勉強させていただきます☆

>ヴィヴィママさん
・・・・私も考えたことなかったですよ、伏せからお座り、なんて。
でも言われてみればその通りだなあ、と。

犬が小さいときは「しつけなきゃ!」って
頑張っていたんですけどね、
基本的な動作ができるようになって
そんなに日常生活に支障がなければ
「ま、いいか」って感じになっちゃいますよね。
だから我が家にとってはいいきっかけでした、とわりん☆が。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。