RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02
01
Category : Masaki&Allo
我が家にはトイレが2つあります。1階と2階にそれぞれ一つずつ。
なんとなく1階のトイレが私&まさき用、
2階のトイレが主人用、みたいな感じになっています。
ま、基本的に1階でほとんどの用事が済むのに
わざわざ2階のトイレにまで行かないだけですけど。

でも、先日、洗濯物を取り込んで
「あ、トイレに行きたい」と思って
珍しく2階のトイレに入ったんですよ。
そしてふと、左横にあるウォシュレットのリモコンを見ると・・・・

水勢が最大になっていました。
こんなに強くして、おしり、痛くないのかなあ?
ま、とりあえず、痔じゃないないことは確かみたいですが。
(疑惑があったわけじゃないけど)

そんなどうでもいいことなんですが。

えっと、そんなことはさておき。
りくととわのトレーニング経過報告。

<りく>
部屋での吠え癖(?)はだいぶ改善!
昨日なんて、我が家の駐車場に両親が車を停めて、
(我が家には寄らずに)
その後、用事が済んで車に乗って帰ったときでさえ
吠えなかったので、
ずっと自宅にいた主人もまったくそのことに気がつかなかったんですから!
車のドアを閉めたり、エンジンをかけたはず(当然!)なのに
吠えなかった、またはほとんど吠えなかったんです!
たまに「ウフッ」くらいはいいますが、
「ワンワン!」と吠えることは一日の中でほとんどなくなりました!
まだ数日なのに・・・・・・!

私たちも吠えない方が楽だけど、
りくがそれで以前よりリラックス出来ているなら
本当にうれしいことです。

ただ、なんとなく「甘えるとき」と「甘えないとき」の差が
はっきりしてきた気がします。
甘えるときは以前よりべったり甘えるので
ちょっと心配しているのですが・・・・・。

かと思うと、ひとりでぐぅぐぅ寝ていたりして。

4歳だからもっともっと時間がかかると思っていたけど
意外に早く効果が現れてうれしい誤算です。

<とわ>
トイレの成功率が急上昇!
木曜日に講習を受けてから今日まで
失敗は3回です。
1回目は子供が夜泣きしてバタバタしていたときに。
2回目は来客があってトイレに連れて行くのを忘れていました。
どちらも、トイレに誘わなかったことを反省・・・・・。
3回目は滑り止めのカーペットをトイレの前にひいておいたら
トイレに入る→しないまま出る→カーペットにする
という行動でした。
カーペットの位置をトイレから30cmほど離したら
しなくなりました。

トイレの頻度も2時間以上あくこともあり
誘っても出ないことも多いのですが
それ以外に自分でトイレに行って、ちゃんとしています。
もともと我が家に来たときはかなりしっかり
トイレができていたので・・・・・飼い主のトレーニング不足でした。

しかし、散歩中に吠えるのは相変わらずです・・・・
とくに散歩に出始めた頃が一番ひどくて。
誰に向かって吠えるわけでもないのですが・・・・
なんとかお座りをさせたりおやつを見せたりして
気をそらせるように頑張っています・・・・・

とにかく「人や犬は怖くない!」と覚えてもらうために
散歩のときに出会ったお友達に
おやつをもらうことも協力してもらっています。
もらうときは物怖じしないで食べに行くのですが
やっぱりしっぽは足の間にはいってしまっていました。
それでも挨拶はしたいみたいで
おとなしい犬には近づいてクンクン匂いを嗅いでいます。
何頭もの犬と一緒に散歩していると
多少気が大きくなって吠えずにすれ違った犬と挨拶できるので
出来るだけそういった機会を増やしてあげたいと思います。

しかし、いつもお留守番しているケージでは
とても静かにお留守番出来るし、喜んで入っていくのですが
クレートに入るのがイヤみたいです。
ちょっと時間のかかるおやつを入れておいても
しばらくすると「きゅーん」と鳴いてドアをガリガリ。
バスタオルで覆っても鳴いています。

少しの間、泣いてもそのままにしておいてください、
とのことなので慣れるまで我慢。

<りくとわ共通>
主人いわく
「ふたりとも行儀良くなったね!」
ダイニングのイスに座っているときの飛びつきが
ほとんどなくなったので
主人はこんな印象を受けたようです。

フルーツのおすそ分けをもらうときも
飛びつかないでもじもじしながらもお座りして待っています。
体のためにもうれしい改善です!


と、こんな感じです。
まだまだ時間がかかりそうなこともありますが
受ける前よりはいろいろ変化があって
やっぱり受けてみてよかったなあ、と実感。

トレーナーさんがお話してくれた内容は
しつけの本で読んだり、聞いたりしたことだったのですが、
話しを直接集中的に聞くことで
「○○させない」など表面的なこと(行動)ではなく、
それらのことの根幹にあるいくつかの共通のルールのようなものを
肌で感じ取り、理解する、ってことが大切だったのではないかと
感じています。

私が後悔しているのは、あの時間を主人にも過ごしてもらうべきでした・・・・・
やはり私が伝えられるのは表面的なことや
「そうやっちゃいけないんだって」みたいなことしか言えないので
伝え方もわるいし、
どうも伝えることが出来ないんですよね。
だから下手なりにトレーニングしてても
「なにやってんの?できてないじゃん」とか言われたり
とわの吠えるのも「なんかひどくなってない?」
なんて言われたりして、
こっちも試行錯誤しながら頑張ってやっているので
おもいっきりカチンときたりして。

それでも彼も私のやっている姿をみて同じようにしようと
頑張ってくれているんですけどね。
でもやっぱり最初の一回を一緒に受けるべきだったと
今後悔しています。

まあ、私も話を聞いて、半分くらいは理解できたと思うのですが
理解することと行動が成立することは違うので
なかなか大変です。
やっとちょっと、おやつで気をひくっていうことが
できはじめた気がします・・・・・
ホント、ちょっとずつ、ですね、飼い主も・・・・・はぁ。

とくにダックスは背が低いのでおやつを下に持って行かないと
飛びついてしまうので、大変です
この時ばかりはダックスの脚の短さを恨みました。

子供の手を引いて、
犬2頭連れて、おやつを持って
人が近づいてきた場合には少しよけた場所で
とわにおやつを見せて、吠えないように仕向ける。
子供もちょろちょろするし、
車は通るし・・・・・
ホント、疲れます・・・・・・
散歩終わるとへとへと。

でも、今が頑張りどころだ!と言い聞かせて
頑張っています。
報われる日が「早く」来るといいなあ・・・・。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

全部が全部、初めから完璧に出来るなんて絶対ムリなこと♪
ほどほどに手を抜きながら、家族の皆で協力し合うのがベストだと思うな。
次回はパパさんにも一緒に講義を受けてもらえるとイイね♪

鉄腕DASHの「バカ犬訓練」特集とか見てると、
もう本当にヤバイくらいおバカな子達が、
トレーナーさんの助言と家族の訓練によって、
みるみるお利口犬になっていくの!
それでも、1ヶ月以上はかかってるけどね。
TVで見てると成長が良くわかって「おーっ。」って思う。

りく君や、とわりん☆も、1日1日は小さな進歩かもしれない。
だけど、1週間・1ヶ月の単位で見たら、別人(別犬)のような進歩なんだと思うよ♪
頑張れ!りくママさん※ヽ(*^▽)ノ※☆※ヽ(▽^*)ノ※
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。