RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02
06
Category : Riku&Towa
土曜の朝、ふと,とわの歯をみたら
犬歯がダブルになってる!

020502.jpg

わかりますか?
細くて華奢な犬歯(乳歯)の前に
ちょこっと真っ白な犬歯(永久歯)が!
乳歯が抜けないまま、永久歯が生えてきています!

おっと、こりゃあ、マズイ!と午前中、りくととわの散歩を済ませてから
動物病院へ。

まずはとわの歯から診てもらいました。
歯をみられるのがイヤだったみたいで、
とわは「イヤイヤ~!」と抵抗し、
最後は先生のことを噛もうと
ぐわっ!と声にならない声を出していました。
りくは逃げようとしたり、ビビリションしたことはあるけど
こんな風に抵抗したことってないからビックリ!
とわって恐がりだけど気が強いのね・・・・・。虚勢張ってるっていうか。

ま、そんな抵抗も先生の歯牙にもかからず
顔をつかまれて「観念しなさいって。」と諭されていました。
で、問題の歯ですが。

先生「あ、コレ、いつから生えてきました?」
私 「気がついたのは今朝ですけど・・・・・・」
先生「(笑)もうちょっと、様子見ましょう。
   ダックスはほとんど抜けちゃうから大丈夫だと思いますよ」
私 「え、でも今までは乳歯が抜けてから生えてきたから・・・・・」
先生「少なくとも1ヶ月くらいは様子見ましょう。
   人によっては1年くらい様子見る人もいますから。」

あ・・・・・そうなんだ、じゃあそのうち抜けるといいなあ。
やっぱり先生、笑ってました。
いつもちょっとのことで動揺して来るから笑われるんだよね。

せっかくなのでとわの体重も測ってもらいました。
5ヶ月3週で3,3kg。
「順調ですね。」と言われました。
そういえば、だいぶ胴も伸びてきて
体つきもちょっとしっかりしたかな?
もうすぐ6ヶ月だもんなあ。

先生に避妊手術の時期の相談をすると、
いつでもいいですけど、どうせだったら
1ヶ月歯の様子を見て、抜けてなかったら
避妊手術と同時に抜きましょう、
どうせどちらも全身麻酔をするんだから
2回麻酔をするより、1回で済ませちゃった方がいい、ってことに。

と、いうことでとわの避妊手術は3月中旬あたりに予定。
飼い主の都合で体にメスを入れる、ということに
抵抗がないわけではないけれど、
一緒に快適に暮らしていくためにはそれを選ぶのが妥当だし、
どうせメスをいれるんだったら、
体のためにもメリットの大きい生理が来る前に手術しよう!
と言い聞かせました、自分に。

でもちょっと心が痛みます・・・・・。

そういえば、病院の先生に
「とわの避妊手術をしたいのですが」といったら
「あれ?子供取るんじゃないの??」とビックリされました。
いやいや、もういいですよ、これ以上いたら
手が回りません。
2頭で十分です。

それにとわが落ち着いて、しばらくすると
りくも老犬の域に脚を突っ込むので、
そうなるといろいろ今までと違ったお世話が出てくるかもしれないし。
それを考えると、もうこれ以上は結構です!

とわが終わったので、次はりくの番です。

りくは別に変わったことはなかったのですが、
トレーナーさんに「腰のレントゲンを念のため撮っておいたほうがいい」と言われたので。

と、いうのも、りくは腰のあたりを後ろから急に触られると
噛みつく、ということが2回ほどあり、
それをトレーナーさんに相談したんです。
そしたら2つの可能性を挙げられて。

一つは、腰にトラブルがあって、触られると
「痛いっ!」と思って噛む、ということ。
2つ目は、恐がりでビックリして噛んでしまう、ということ。

性格的にも、状況からしても2つ目の可能性が高いけれど、
犬種が犬種なだけに、
念のため、レントゲンを撮ってみたらいかがですか?
とのことでした。

事情を先生に説明すると、
りくの腰から後脚をチェックして、
「まあ、ダックスですからね・・・・・
叩けばホコリの出る体ですよ。
でも、この様子だと、レントゲンを撮って分かるくらいのトラブルはないですよ
本気ならMRIくらいかければわかりますけど。
もちろん、(骨格上)無理は出来ない体ですけど
たぶん、恐がりみたいだから、精神的なものでしょうね」とのこと。

ええ、ええ、恐がりなのは知ってますって、
私にべったりなのも。
気をひきたくて仮病までつかったくらいですから、ヤツは。

ま、でも今のところ、腰に明らかなトラブルがないことも
確認できたので、一安心して動物病院を後にしました。

でも、りくととわの性格の違いにまたまたビックリした日でした。
とわ、すごい・・・・・。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。