RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02
23
Category : the others
**3年前のこと。5に追記を足しました。
お時間のある人は読んでください・・・・


日曜日の鍼灸講習会の続きの話です。

もともと13~15時の予定だった講習会ですが、
4時30分を過ぎても終わる気配を見せず。

本当に楽しくて、ためになる話ばかりで
しかも堅苦しくなくて、「出来ることだけしてみようよ」って
感じでした。
だから私もいつまでもいてお話しを聞いていたかったけど
主人が
「夕方は一緒に食事しよう」と言っていたので
5時前にみなさんにごめんなさい、と言って
先に退席させてもらいました。

迎えにきた主人にも「楽しかった?」と聞かれて
「うん、最高に。足浴と三陰交のお灸をしてもらったよ」というと
「妊婦じゃないのに?そういうの、好きなんだねえ・・・・」と言われました。

でも、私にとっての一番の収穫は足浴でもお灸でもなかったんです。

私が最高に楽しかったし、うれしかった理由は
鍼灸師さんに
「今度は下から(経膣で)産んでみましょう」って言ってもらえたことでした。

何で鍼灸師がそんなことをいうのか??
っていうか、なんでそんなことが?とお思いですよね。

かなり長くなりますが、私の出産の時の話をします
読みたくない人、時間のない人はスルーしてください
*読みやすいように時間を逆に設定して掲載しています

**************************************************

何回か書いたかもしれませんが、
私は3年前の出産時に緊急帝王切開となりました。

しかし、帝王切開になったのは本当に緊急、で
それまでは、妊娠する前から分娩台に登らない、
促進剤も会陰切開もしないお産を望んでいたので
妊娠判定の時からそういう病院に行っていました。

妊娠中も鉄分不足以外はほとんどトラブルがありませんでした。
この時は下から産む気満々で、まさか自分が逆子以外で
帝王切開をすることになるなんて夢にも思いませんでした。

予定日前日の夜から陣痛がはじまり、予定日当日の6時に病院へ。
胎児の心拍を測定する機械をつけると
陣痛が来るたびに胎児の心拍が70近くまで下がる、ということが
わかり、しばらく機械を付けたまま様子を見ることにしました。

しばらくすると私の担当助産師さんがきて、
「子宮口もどんどん開いているし、陣痛も強いのでよさそう
だけど、引っかかるところがあるのよね」とのこと。
それで心拍が下がるのかも、ということで
出来るだけ胎児をおしり側に向かせる姿勢で陣痛をのがし、
酸素マスクも装着。

その後、病院の医師が内診をして
「あまりに心拍が下がって、回復に時間がかかるようなら
帝王切開だけど、このままなら大丈夫」と言われました。
この時、初めて「自分が帝王切開になるかも?」
という状況に気づきました。

しかし、子宮口は開くものの、強い陣痛が来るたびに心拍が下がる・・・・・
陣痛が数分間隔の時にストレッチャーに乗せられてレントゲンを撮り、
骨盤が狭く、座骨局が出ている、と言われました。

最終的に12時前に
子宮口8cmまでいったものの、心拍が60まで落ちて回復しないので
医師の判断により
「これ以上胎児の心拍が下がるのは危険だ、もう待てない!」
と緊急帝王切開になりました。

「帝王切開になりますが、いいですね」と言われましたが
そんなこと聞かれたって私に選択権はないだろ~!と
心の中で叫びました。
だって手術をしないと産まれないのだから!

手術の誓約書を書いたり、麻酔医の準備が出来るのを待っている間の
1時間が一番つらく、長い時間でした。
胎児に負担がかからないような姿勢と呼吸を
するように言われるけれど、
陣痛も強くてとてもつらい。

産むための陣痛は耐えられても、
いきんではいけない、産んではいけないのにどんどん強くなる陣痛
に耐えるのはとてもつらい時間でした。

午後1時、ようやく手術の準備が整い、手術室に運ばれました。

私の担当助産師さんは手術直前に私に言いました。
「産む場所が変わっただけだよ、
あとは普通分娩と何も変わらないから!」
あの言葉で手術に対して前向きになれたのを覚えています。

ま、その言葉の本当の意味、
その時の私には分からなかったんですけど。

そして、帝王切開手術がはじまりました。
下半身麻酔なので、もうろうとしながらも
見ることは出来るし、何となく感覚もある。
(痛みは感じない)
手術の間、ずっと麻酔医の先生が手を握っていてくれました。

しばらくすると、泣き声が・・・・!
(実はすぐには泣かなかったらしい)
あー、産まれたんだー、と思っていると
助産師さんが「男の子だよ~」
と私の顔の傍に赤ちゃんの顔をおいてくれた
あー、この子だったんだ~
って漠然とした思いが私の中にありました。

私はそのまま縫合とレントゲン、
子供は体重・身長等を測られた後、
主人のところでカンガルーケアを受けたそうです。

術後の処置を終えた私はストレッチャーで
病室まで運ばれ、ベッドにうつされる。
すぐに子供は私の傍に添い寝をさせて授乳を始める。
幸いなことに既に母乳は分泌されていました。
まあ、私はもうろうとしていてあまりよく覚えていないのだけど。

私の出産は考えていたのとまるで違うものになっていました。

でもまだ、その時の私は帝王切開になったことも、
助産師さんに言われた言葉の意味も
全く分からず、ただただベッドに横たわるだけでした・・・・。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。