RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02
23
Category : the others
翌日からは土日で、私の友達などがお見舞いに来る予定でした。
せっかく来てくれた知人や
これから出産を控えた友達に
ツライ顔は見せられません。
だって、出産するのが怖くなっちゃったら
かわいそうだもの。

やっぱり人に弱いところを見せられない私は
処方された薬を飲み続けながら来客に接しました。
この薬、とてもよく効くのですが効果は6時間。
きっかり6時間でピリピリとした痛みが戻ってきます。
それが怖くて、薬がきれないように飲み続けました。
処方された薬はあっという間に飲みきり、
「なくなっちゃいそうなのでもっと欲しい」というと
「飲み過ぎです!頑張って減らしましょうよ!」
と怒られる・・・・・
フザけんな!あんたにこの痛みが分かるのか??
と叫びたい心境でした。

帝王切開の痛み、あまり感じなかったと言う人も
いるみたいです。
私は結局手術になったことを受け入れられなくて
余計に痛みに敏感になってしまったような気がします。

本当は、来客があっても痛いから、と
ベッドに横たわっていたら良かったのかもしれませんね
その時の私にはそれが出来ませんでした。

この日、初めてあかちゃんは沐浴をしたようです。
・・・・・私は沐浴の場所まで歩けないので
ベッドで寝ていました。
初沐浴は主人が大汗をかきながらしたようです。
初めてのおふろ、あかちゃんはどんな顔だったのでしょうね?
でもその時の私は
「自分で入れたい」とも思わずに
「私は無理だから、あなたやって」って感じでした。
やはり受け入れることが出来てないのですね・・・・

来客も、主人も帰ったその夜、
院内助産師が何かあると顔を見せてくれます。
そして言うことは必ず
「はい、おっぱい見せてください」

この病院は完全母乳育児です。
院内助産師もおっぱいの状態を見てくれます。
昨日からおっぱいが張って、
パジャマまで母乳でぬらしてしまう状況だったので
義母に連絡をして、母乳パッドを買ってきてもらいました。

院内助産師さんがおっぱいをみて・・・・
「あ、白斑、できてますね・・・・・」
白斑とは乳腺の出口が詰まって、フタをしちゃっている状態。
これが続くと乳腺炎になったりするので
出来るだけ早く詰まりを取らないといけないのです。
・・・・ってその前にその白斑がすっごく痛いんです。
授乳すると「ううっ」っと顔をしかめるくらい。
マッサージをしてもらって詰まりを取ろうとするのですが
これまた痛いっ!

っていうか、出産も痛いし、術後も痛いのに
この上さらにおっぱいまで痛いの??
出産って痛いことだらけじゃん!
とぼやいた記憶があります。
結局、「明日、宮下先生(母乳外来)に診てもらいましょうね」
ということになり、白斑はそのまま・・・・・

帝王切開で、完全母児同室だった私は
もちろん体質もありますが、母乳の分泌が過剰になっていました。
まずは、体質。母もよく出たそうです。
次に帝王切開による影響。
授乳の姿勢がうまく取れないので
あかちゃんもうまく吸えていないことがありました。
さらに点滴をし続けていたので体内の水分量が
かなり多くなったうえに、
あまり動かない+食べないので尿の生産が少ない、
すると体内の水分が母乳の生産に回されるという状態です。

ガチガチのおっぱいで新生児がうまく飲めるはずもなく、
おっぱいが詰まり、白斑が出来てしまった、ということです。
でも、この白斑が出来たことが
私の人生に大きな影響をあたえました。
ま、それはずっと後のお話しです。

翌日はアロママッサージ。
帝王切開で下半身が動かせない、というと
それでは足をマッサージしましょう、と
柑橘系のアロマでマッサージしてくれました。
こんなサービスがあるなんて知らなかったので
ビックリ&スッキリでうれしかったです。

さらに宮下助産師さんがきて、おっぱいを診て
自分でマッサージする方法を教わる。

この頃には重湯からはじまった流動食も
普通の食事になり、退院まであと2日、
なんとなく先が見えて、
気分も少し落ち着いていました。
早く退院したかったなあ、この時は。

助産師さんから明日抜糸になることを伝えられ
「抜糸の状態を見て、先生からOKが出れば翌日退院できますよ」
と言われました。
抜糸って痛いの??とドキドキしながら聞くと
「そんなに痛くないですよ、安心してくださいね」
とのこと。
よかったぁ。だって出産に関わる事って
痛いことが多いんだもんっ!

抜糸はあの有名な早乙女先生。
背が高くてミニスカートに白衣です。
「彼女、抜糸が痛いか心配しているんですよ」と助産師さんが
早乙女先生に伝えるとにっこりして
「たぶん一番痛いのは、このカバーしているテープを剥がすときですよ」

実際にそれはしっかりついた絆創膏を剥がすような
皮膚が引っ張られるくらいの感じで
痛いって言うよりはくすぐったいかな?ってかんじ。
抜糸自体は全く痛みはありませんでした。
抜糸、といっても会陰切開とは違って
黒くてちょっと大きめのホチキスの芯を取るような感じ。
痛そうだけど全然痛くないんだな、不思議に。

「明日、退院したいんですけど・・・・・」と聞くと
「うん、大丈夫でしょう!」
やった!退院の日が決定した!
早くおうちに帰りたいなあ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。