RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08
08
Category : Masaki&Allo
ご心配をおかけしました。
今回の夏風邪、やっと快方にむかいました・・・・

土曜日は一日熱が出なかったものの、
(これは金曜の鍼灸のお陰なのかも~)
日曜日は朝から38.5度を維持。
「これじゃあ明日も仕事に行けないじゃん」と困って、
月曜は母に来てもらって、仕事に行くことにしました。
もうこれ以上は休めないのだよ・・・・・

日曜日、身体は冷めてきているのに
熱を測ると38.5度。なんなんでしょ、これって。
と思っていたら、夜には37.5度に。

月曜日の朝、熱を測ると36.8度。(←高めだけど彼の平熱)
ああ、やっと熱が下がったわ~。
でももう母に来てもらうようにお願いしてあるし、
今日一日はゆっくり休ませた方がいいだろう、と思って
母に来てもらい、私は午前中だけ仕事に行きました。

私の身体も看病のストレスか(?)
かなりボロボロで、頭痛に腰痛、胃痛とものもらい。
頭痛と腰痛はいつものことなので放っておけるけど
ものもらいはひどくならないうちに眼科へ行かなくてはいけないので
仕事が終わってから眼科に行ってきました。

前回のものもらいからあまり時間がたっていない上に
同じ場所に出来てしまったので
先生も
「これは一回ちゃんと治しておかないと
一番強い菌(多分耐性菌のこと)だけが生き残って
しまうので、今回、ちゃんと治しましょう」
といい、目薬と抗生物質を処方されました。

薬局に行って、薬を出してもらうと・・・・
「このお薬は解熱鎮痛剤と併用しないでください、
もし飲むときは薬局でこの薬を出して確認してくださいね」
とのこと。
「わたし、頭痛持ちで鎮痛剤を飲むことがあるんですけど・・。」
というと、「何のお薬ですか?」と。

処方されているのはロキソニンだと言うと
「あ、ロキソニンは避けた方がいいですね・・・・」
バファリンは?と聞くと
「市販のバファリンの一部にはmgが含まれているので
2時間空けて飲んでください」とのこと。

この抗生剤を飲む3日間の間に耐えられない頭痛がでないと
いいんだけどね・・・・・

さて、ココまでで12時を回ってしまい、
急いで帰って、母とまさきをお昼に連れ出す。
まさきの様子は、というと
「走ったりすると咳が出てとまらないけど
それ以外は元気。」とのことで一安心。
ま、これなら明日は保育園にいけるかな、と。

でもねえ、どうも機嫌が悪い。
あんまりキーキー駄々をこねたりしない子なのに
次から次へ気に入らないことをあげてみたり
「ママ、これしてっ!」
「ママ、○○しちゃだめ!」と怒る。
いや、ホント、どうってことないことなのに
何もかもが気に入らないみたいで怒られる。
「パジャマ着ちゃだめっ!ぬいでっ!」とか。
なんでやねん、と心の中でつっこんでみた。

そんな調子で保育園なんて素直に行くわけもなく
火曜の朝は
限界を超えた私にどか~んと怒られて
シュンとして保育園に向かいました・・・・・・。

火曜日の夕方は小児鍼の予約を入れているので
保育園が終わってから鍼灸へ。

「どうですか~?」と聞かれて
クループ様の咳は治まったけどまだ痰のからんだ咳がでること、
発熱の経緯、推移を伝えて、
食欲がなくて、牛乳ばかり飲みたがること、
夜寝てても3回くらい起きて「牛乳~!」と牛乳を一気のみ
すること、そのせいか、お腹がゆるいことなどを伝えました。

普通、病院に行ったら
「咳が出て熱があるんです」くらいしか言わないじゃない?
でも、鍼灸の場合は
「そんなこと、関係ないんじゃないか?」と思うようなことも
全部報告するようにしています。

これは1年間の鍼灸通いでついた習慣ですが、
実は全身のその予兆とか症状ってでているんです。
咳をしているときは背中の上の方や
胸の真ん中の皮膚がざらざらしていたり、
湿疹や赤い線がでていたり。
なぜかココだけかゆがる、なんていうのも気をつけています。

その他にもただ咳がでる、っていうんじゃなくて
乾いた咳、しめった咳、痰の絡んだ咳、
どんなときに咳が出やすいか、
夜はちゃんと眠れているか、夜泣きはするか、
機嫌はいいか、食欲はあるか、
どんなものを食べたがるか、
お腹の調子はどうか・・・・・・などなど
風邪に関係なさそうな小さな変化まで伝えるようにしています。

と、いうのも、
「夏風邪だね、じゃ、お薬出しておくから」という
処方ではないから。
咳が出る場合も、肺が過敏になって出ているのか(実)、
肺の機能が落ちて出ているのか(虚)、
を判断するのに、様々な全身の症状から判断するため。
全身のバランスが崩れて病気になっているので
どこを補って、どこを抑えてあげればいいのか、
総合的に見ていくためには、
そういった些細な変化がとても大事なんだと思います。

鍼灸に行くと
「咳が出るんです」と症状を伝えると
「どんな咳?いつ出るの?夜は眠れてる?」
などなどいろんなことを聞かれるので
その度に1週間のことを思い出して、答えていたら
自然と咳をしたときに「こんな咳だったな」とか
意識するようになったし、
診療時に先生が
「あ、こんなところが赤い」とか見つけて教えてくれるので
お風呂や着替えの時にそういう変化も意識して
見るようになったので、
自然と分かるようになってきたんだよね

今回は痰の絡まった咳だったし、
牛乳をたくさん飲むし、
その割におしっこが濃くて(少なくて)
お腹がゆるい・・・・・ということから
体内の水分の排出がうまくいっていないんだ、
というところまでは予想して行ったんだけど、
さらに、先生に
「機嫌も悪いでしょ?」って聞かれて
「機嫌、悪いですね~」
と実感を込めて答えてしまいました。

「湿邪(しつじゃ)ですね」とさらりと言ってましたが
それって機嫌も悪くなるんでしょうか??
私はただ単に病気で機嫌が悪いんだとおもっていました。
確かに全身のバランスが崩れると思考にも影響がある
っていうのは以前教えてもらったんだけど・・・・・

私は肝が虚↓になりやすいので
カッとしないかわりに
後で「アレってどんな意味だったんだろう・・・・」と
うじうじ悩みやすい、らしい。
反対に肝が実↑な人はすぐカッとするらしいが。

いやいや、知れば知るほど深い世界ですね。。。。

診療を受けた後のまさきですが・・・・・
夕飯のお好み焼きをあっという間に平らげ、
おにぎりを2コ食べて、桃を食べました。
すばらしい食欲!

その後、お風呂に入る前からキーキーと怒っていましたが
お布団に入ったら
「ママ、ごめんね・・・・」と落ち着いていました。
コレも少し改善??

飲み過ぎる牛乳はお茶に変えて、
寝る前もお茶を飲んで寝ました。
昨日までは夜3回起きて「ぎゅうにゅう~!」と叫んでいたのが
昨日は1回だけ起きて「お茶ちょうだい・・・・・」と。
そのあとは起きることなくしっかり11時間寝ました。

で、今朝は今まで牛乳ばかりだったので
まともに出なかった便も出て、
ちょっと改善。

そういえば来週はお盆休みで鍼灸もお休みかあ。
お休みの間は体調くずさないといいなあ・・・・。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

まちゃくんの体調の様子、見守ってましたが無事復活の兆しで何よりです^^
そしてりくママもほーんとにお疲れ様でした!看病も結構な労力だものね。

かかりつけの病院お休みに入ると心配だよね。体調くずさないように祈ります!

>めいりん
世間はお盆休みでも
我々は違うものね~
もうちょっとでお休みだ!
お互い、がんばりましょ~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。