RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10
15
Category : Masaki&Allo
10月15日、今日は横浜市の幼稚園の願書配布開始日です。

人気のある園では前日の夜から寝袋持参で並ばないと
願書がもらえないとか。
・・・・前日から並ぶって、未就学児の親には不可能ですよね。
父親が休みを取ったり、両親に頼むんだとか。
大変ですねえ。
でも幼稚園って小学校よりはるかにその園の教育方針とか
特色がはっきりしているので、
雰囲気に合う、合わないがありますよね。
子供に合う幼稚園ならば並ぶ価値はあるのかも。

さて、ウチが希望している幼稚園も今日から願書配布。
在園児のお母さんに
「前日から並んだりしますか?どのくらいまでに行けば
願書がもらえますか?」と聞いたら
「・・・・・都合の良いときに行けばもらえるはず」とのことでした。
ホッと一安心。

水曜日がお休みなので、水曜に行こうかな、と思ったのですが
もし願書が「もうなくなっちゃいました」なんて言われると
ショックなので、
とりあえず仕事を遅刻して、
仕事前に幼稚園に行き、願書をもらってから仕事に行くことに。

いつもは車で保育園に行くのですが、
今日は徒歩。
そしたら保育園のお母さんが
「今日は歩き??駅まで行くなら乗ってく?」と。
「え~、いいんですか~?うれしいです~!」と甘えて
駅まで送ってもらっちゃいました!ラッキー!

幼稚園に着くと・・・・・9:30.
願書配布をしているとは思えないほどの静けさ。
というのも、昨日は幼稚園の運動会で、
今日は幼稚園がお休み。

それにしても並んでる様子もないし、
ホントに願書配布してるんだろうか・・・・・?
とちょっと不安になったりしましたが、
ちゃんと建物のところに
「願書配布中」の貼り紙が。
ああ、よかった。とりあえず
「もうなくなっちゃいました」ってことはないらしい。

「おはようございます」というと玄関に机があって
幼稚園教諭が二人。
「願書配布をとりに来ました」とワケのわからない日本語を
言ってしまいました・・・・・・・。

紙に名前と住所を書いていると
同じ電車に乗っていた親子も来て願書をもらっていました。
そういえば、この人、体験保育の時もきていたな。

あっさりと願書をもらって、終了。
私はそのまま職場に向かいました。

渡された願書の中身をみてみると
募集要項
諸費用について
入園願書
が同封されていました。

願書には
「当園を知った理由」
「入園の希望理由」
「家庭の教育方針」
「集団生活において気になるところ」
「備考」
を書く欄があり。

・・・・・・教育方針かぁ・・・・・・
難しいよね。
面接までに主人と話してすりあわせをしないと。

私は基本的に両親が同じ教育方針でなくてもいい、
と思っています。
一つの事柄について、いろんな意見の人がいる、
と知ることは大切だし、
「違い」を認めていくことも大切だと思っています。
「違う」から「排除」というのは悲しいし。

違う意見を持っていても、同じ方向を見ていけたらいいな、
と思っています。
ま、その方向をすりあわせて、確認、文章化していく、
ってことですね。
こういう機会でもなければなかなかそういった話し合いも
しないので、良いきっかけかも。

まあ、願書をもらえても、
面接に受かるかどうかはわかりませんし、
受かる、受からないは別として、
それを良い機会としてうまく生かしていきたい
ものです。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。