RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03
16
Category : the others
先週はかなり忙しい1週間となりました。
私の仕事ももうあと数日だし、
その上職場のお引越しも重なって。
さらに今週末は大学の卒業式で、
私は出席しないけど、コサージュの手配やら指導やらで
なんだかとても忙しくて。

幼稚園の慣らし保育も一日お休み、
更にもう一日は義母に送迎をお願いしてやっとこさ
1週間を乗り越えました。

義母にお願いした日はお仕事じゃなくて、
病院と免許の更新。
当日の朝にハタと免許の更新期日があと1週間しか
ない事に気づいて慌てて更新してきました

病院は産科へ。
妊婦検診は先週だったのですが、
さらにその前の検診でやった血液検査の結果に
問題があって。

と、いうのも梅毒検査が+。
いやあ、びっくりしましたよ、ビックリ仰天!青天の霹靂。
先生いわく
「一つの検査は+で、もう一つはマイナスだから、
以前罹患して、治ったのかな、と思ったのですが
4年前の血液検査(前回の妊娠時)のときは両方マイナス
だったから・・・・
この4年間になんかあった?心当たりは?自覚症状は?」

・・・・・って聞かれても、ないない!まったくない!
心当たりは当然ないけど、(育児と仕事でそれどころじゃないかった)
自覚症状もまったくない!
そう告げると・・・・
「そうですか・・・・梅毒での擬陽性って滅多にないのですが
では方法を変えて再検査しましょう。」ということに。

さて、梅毒とはどんな病気でしょうか?
私も性感染症だ、という認識しかなかったのですが
基本的に性行為による感染で、(血液の接触などでもうつる)
今はかなり減っているのだとか。
梅毒スピロヘータはかなり古い時代からあったようで
自然治癒することはなく、10年くらいかけて
最終的には死にいたるそうです。
ただ、今の日本では抗生物質があるので
成人が死にいたることは滅多にないそうです。

その一方で、今回のように妊婦が感染している場合、
梅毒を治療しないまま、妊娠を継続すると
半数は妊娠中期、子宮内で死亡、
そのほかにも鼻が陥没したり、前歯欠損など
胎児奇形を引き起こす、ということです。
梅毒による影響は胎盤が形成される16週以降に
みられるので、16週以前に抗生物質を飲み始め
16週までに治療が終われば問題ないそうです。
梅毒治療のための抗生物質も
胎児への影響は報告されていない、安全なものだそうです
しかもこれ、あの有名なペニシリン系だとか。
有名なのに初めてお目にかかったわ、ペニシリン!

さて、このとき私は16週と1日。
自覚症状もないし、心当たりもないし、
検査のミスだとしか思えないのですが、
それは再検査の結果が出ないとどうしようもない。
そして再検査の結果が出るのは1週間後・・・・・
でも、もう胎児に影響がでる時期に来ている・・・
感染・そして梅毒の影響がでているとなると、
この病院では産めないので
こども医療センターでの出産になる、とのことでした

ま、それは先の話で、今出来る事は
薬を飲むか否か?だったのですが
私の判断は
「検査結果が出るまで抗生物質を飲む」ことにしました。
もし、本当に感染していたとなると
その一週間、無駄にするのはもったいないもの。

本当に梅毒に感染していたとすると、考えられる事は
主人がこの4年間に浮気・または風俗に行ったことがある、
ということ。
さらにそれが赤ちゃんにも重篤な影響を及ぼす、
ということで
ドクターにも看護師さんにもずいぶん心配されました。
「大丈夫?ショックよね」とか
「ご主人に話せる精神状態ですか?
検査結果が出るまで待ちますか?」とか。

でも、不思議なくらい私は全然平気でした。
80%くらいは「検査の間違い」だと思っていたし
もし主人に何かあったとしても
まあ、それはそれで今責めても仕方ないし
(もし浮気をしていてまだそれが続いていたら話は別だが
まあ、そういう感じには見えないし、そういうことが出来そうな人でもない)
子供に影響があったとしても
それはそれで受け入れる心の準備が出来ていました。

もし、この子に今回生きて会えなかったとしても、
きっとこの子は私のところにどんな形であったとしても
戻ってきてくれる、また再会できる、そう思えたし、
この子に障害があったとしても、
それは誰のせいでもなくて、この子の人生。運命。
私はそういう子の親になる運命だったんだ、
と思えたから。

授かるまでに苦しんできて、乗り越えたときに授かった命。
そのとき、心から
「ああ、この子は神様からのプレゼントだ」と思えました。
だから授かっただけで充分、
今回あえなくても、生まれてきた子がどんな子でも
私はもう授かっただけでもうなにもいらない、
そう思ってきたから、子供への影響、というのは
全然気になりませんでした。

もちろん、検査の結果がまったく気にならない、
といえばうそになるけど、
生物系の実験をしていると、
必ずヘンな数値っていうのは出てくるもんです。
その原因はさまざまだけど、そのヘンな数値の出現を
ゼロにすることは不可能に近い、かな、と。
でも実験する側としてはそのヘンな数値一つを
気にしていては全体像は見えないんですね、
全体の中でそういう数値も少数見られたけど、
大多数はこういう傾向が見られた、という考察をするわけです。

数値一つにこだわって大局を見ないのは
科学者としては失格です。
それと同じように、血液検査の結果一つを気にして
大局、つまり、今までの生活とか、主人の性格とか
自分の体の状態を見ない、ということはやっぱりおかしいと。
だから、私は自分の体と主人を信じる事にして、
あとは考えても仕方ない、
検査結果が出るまで待つ事にしました。

一応、主人にも確認してみました。
「この4年間にやましいこと、ある?」って。
事情を話すと
「ない!神に誓ってない!
だけど・・・温泉とかでうつるのかな?
そうだとすると自信がない・・・・・・・・・
自覚症状もないけど、どんな症状がでる病気なのか知らないし。」
と不安そうでした。
でも今はすごく少ないんだって、
温泉とかでうつるくらいならもっとポピュラーな
病気でしょ、と言ったら、そうだよね・・・・
といいつつ、梅毒について調べていました(笑)

やっぱり子供に重篤な影響がある、
といわれると不安になるみたい。
不安な1週間をすごしたようでした・・・

さて、今週はその結果を聞きに行ったのでした。
(前置きが長い~!)
結果は
「両方ともマイナス。」
前回は定性(白か黒か)だったのを
今回は定量(数値で判断)にしたんだとか。
「結果的に梅毒じゃなかったんだからいいじゃない。」と。

もともとあまり心配していなかったので
安堵より怒りが。
私はこのために採血して検査料も払って
薬も飲んで!!
検査料と慰謝料を請求したいくらい!

怒りをドクターにぶつけていたら
「・・・・・私は何を言えば納得してもらえるでしょう・・・?」
といわれて
「いえ、何も求めていません、
コレをここで言っても無駄なことは知っています」と言ったら
「そうですね、理解はしても感情が許さないでしょうね
申し訳ない、としか言えませんねえ」と。

滅多に謝らないドクターから申し訳ない、
といわれてはもう仕方ないか、と
笑って、次の検診の予約を入れて帰りました。

まあ、いろいろありましたが、
主人はほっとしていましたし、
「女の子がいいかな、と思っていたけど
今回のことがあって、元気に無事に生まれたら
どっちでもいいと思えるよ・・・」と笑ってました。

私も意外に主人を信じている自分を見つけて
ちょっとビックリしました。(笑)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

梅毒ねぇ・・・

名古屋からこんばんわ。サクでーす。

梅毒検査なんて恐ろしいものは、想像したくもないですわぁ…苦笑
ま、ヤマしい事なんてサラサラないですがね!ニコツ

>さく
あんた、タイトルが気になって飛んできたんでしょ~!
梅毒、そのままにしておくと死ぬんだって~!知らなかったよ~!
主人は
「こんな濡れ衣を着せられて、だったら一度くらいは浮気しておけば良かった!」と叫んでいます。(爆)
「ヤマしいこと」って人それぞれ、ですもんねえ、さくちゃん!

中学生の頃の話ですが。
社会科の授業で伝染病を勉強していた時、先生が
『隅から順に伝染病を1つずつ答えろ』
と言い出し、数えると私の順番は20番目近く。
きっと私に来る前に終わるだろうなぁとタカをくくってたら
『じゃぁ次』
と。

まさかの順番が回ってきちゃったんです。
とりあえず立って、咄嗟に出た答えが
『梅毒。』
先生も生徒もポカーンとした後、爆笑・・・。
『そうだな、確かに伝染病だ。よし、この質問は終わり。』

何故「梅毒」と言って笑われたのか、先生がニヤニヤしたのか、
後で調べて理由がやっと判明して恥ずかしかったです・・・。
なんで梅毒って言葉が出てきたんだろ?

>ヴィヴィママさん
・・・・先生もビックリですね、その答え。
それ以上続けたら
その答え以降は性病のオンパレードに
なっていたことでしょう・・・・
でも実際、どんな病気かって
詳しくは知らないままでした~
ご縁がないほうがいいです、そのエピソード以外は。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みんな絶対わたくしを疑ったでしょ?
名誉毀損で訴えてやるー(涙)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。