RSS
Admin
Archives

TOWA and More! -toi et moi-

Mダックスのりく♂&とわ♀、まさき&アロ(ゆうき)の二人の息子に翻弄される母の毎日をお伝えします。

プロフィール

millecreape

Author:millecreape
子育て嫌いの母ですが、みんなに支えられてなんとか頑張ってます。
長男りく(M.ダックス♂)と次男まさき、長女とわ(Mダックス♀),
そして2008年8月に生まれた3男アロ(ゆうき)に翻弄される生活の一部、育児の話を思うままにつづっていきたいと思います
最近は幼稚園のお弁当の写真がおおいかな?

2005年の6月から2006年3月までのブログはこちら
http://yaplog.jp/millecreape117/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07
31
Category : the others
昨日は病院で手術の説明を受けました。
第3者も同席してほしい、とのことだったので
最初は義母が同席する予定だったのですが
主人に話したら「休み取るから、俺が行くよ」とのこと。
ま、一応、リスク説明だから主人に聞いてもらっておいた方が
いいかな・・・。

手術説明は2時からだったので
主人の母に来てもらって、
私、主人、まさき、主人の母で早めのランチ。
病院近くの有名なお蕎麦屋さんで食べました。
まさきを妊娠していたときに食べに来た以来だから
4年ぶり・・・・。
おいしかったです。
病院が横浜だと食べるところもたくさんあるし、
便利は便利。
でも駐車料金が高いけどね・・・・。

手術説明にどのくらい時間がかかるか、
ということについて2つの見解があり・・・
私は1時間くらいかかるんじゃないか、
主人の母は10~15分くらいじゃないの?とのこと。

どのくらいかかるか受付で聞いてみたら
「一応検診もする、とのことですので・・・・」と。
じゃあ、そこそこ時間はかかるかもね、ということで
まさきと義母は横浜に行って、デパートで遊んでるわ、
ということに。

先生は2時ちょうどにやってきて、
「えっと・・・・今日は7月30日・・・」と同意書に説明の日付を記入。
「前回は・・・胎児仮死による緊急帝王切開ね。」

・・・・やっぱり胎児仮死だったのか・・・・
母子手帳には書いてないんだけど、
カルテにはそう書いてあるらしいんだよね。
結構危険な状態だったんだろうな・・・・。
4年後にして初めて知る事実でした。

手術の説明は
まあ、当然ながらあまり聞きたくないことばかりで。
前回帝王切開だと、その後の経膣分娩になると
100人に1人は子宮破裂になります、とか
自分の経験では2人子宮破裂になって、
子供も1年以内に死亡しました、とか。
それでも経膣分娩を望む人がいるんですけどね。
私もそれを考えたことがあるし。

今回は選択的帝王切開なので
その辺のリスクはないのですが、
手術でも出血がおおければ
子宮摘出ということがあったり、
子供の方にも手術のデメリットがあったりして、
肺がうまく開かないと、呼吸器をつけたり
他の病院に赤ちゃんだけ搬送ということもあります、
とのことでした。

まあ、聞けば聞くほどげっそりする内容なんですけど
リスク説明だから仕方ない・・・
主人は前回の緊急帝王切開のときに
一応リスク説明を受けているのですが
「ほとんど何も覚えていない・・・・・
とにかくサインした事だけ覚えてる」とのこと。

一通り説明を受けて、
事前に記入しておいた質問事項に答えてもらって
終ったのが2時50分。
雑談も含め、50分かかりました。

先生は「最後だし、検診、しておく?」
と聞いてくれたのですが
「いや、いいです、別に」といって検診も断ってきました。

そういえば、質問の中に
「帝王切開は3回まで?」と聞いたのですが
「う~ん、別に3回しか出来ないってわけじゃないんだよ
癒着がなければ何回でもできるはずなんだし。
でも、回数を重ねるごとに胎盤が傷口に近づいてくる
感じがあるんだよね・・・・
出血のリスクも高まるから、一応、3回までっていうのが
俗説っていうか、通説っていうか・・・・。
4回切る人もいるしねえ。」とのこと。

そうなんだ・・・・
いや、もう、いいんですけどね、おなか切りたくないし。

手術説明の後はなんだか緊張と不安もあって
ちょっとどんよりした気持ち・・・・。
考えてみれば、8月1日の手術なら
今日入院して、明日手術だったんだなあ・・・・。

8月4日に手術をして、経過が順調なら11日には退院だそうです。
退院したからと言って、動けるわけじゃないんですけど
まさきも離れている時間が短いほうがいいだろうし
まあ、なんとかなるでしょう・・・・。

今週末は3人で過ごす最後の週末です。
さて、どうすごしましょうか・・・・?
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

気持ちがね…

あなたの手術が迫るにつけ、
心がざわめくわ。

電話しようか…メールしようか…と思い携帯を開くんだけど、何か素敵な言葉を持ってるわけじゃなくて。
こういう時の魔法の言葉があったらいいんだけど、あいにくそれも持ち合わせなくて。

何しろ、新しい命の誕生を楽しみにしています。
術前の説明ってほんと…どんよりだよね。この春、麻酔科で私は号泣したよ。
分かるわ。

無事の誕生を心からいのります。

>ZiZi
うふふ、お気遣いありがとう。
でもね、毎日あわただしくて、
あまり思い悩む時間も暇もないわ(笑)
だから大丈夫。
私の場合は「手術をしないとそれこそ命が危ない」というのがもう、どうしようもない事実だしね。
手術が月曜、前日が日曜、ということで
本来なら前日入院のところ、
絶飲食の時間を必ず守ってください、ということで当日の朝入院の、昼手術になりました。
前日から入院していても、絶対に眠れないだろうし、時間が過ぎるのが遅く感じられるだろうから、それでよかった、と思っています。

多分、今回は大丈夫だと思うの、
命の大切さも、知っているし、
私の気持ちを大切にしてくれた人たちの気持ちも分かっているから。

生まれて落ち着いたら、連絡しますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。